馬単の買い方

▼本日は、馬単の基本について、当研究所の見解を書いてみたいと思います。



馬単とは、1着と2着を順番通りに当てる馬券です。

馬連が順不同だったのに対し、馬単は順番通りであることを求められます。



▼その分、馬単は馬連よりも配当が高くなります。

ざっくり言えば、的中率が半分になる代わりに、オッズは倍になるイメージですね。



▼なので、馬単の表裏を同時に購入すると、長期回収率は馬連とだいたい同じくらいになります。

馬単の表裏というのは、「馬単マルチ」ですね。

1着と2着が逆になっても的中する買い方になります。



▼このような馬単の表裏を購入する人は多いんですが、実はあまり意味がありません。

なぜかというと、馬単の表裏を購入するくらいなら、馬連を購入した方が、控除率の面で有利だからです。



▼馬連よりも、馬単の表裏が有利になる条件としては、たまに出る高配当を狙っていく場合になります。

つまり、人気のない馬が1着に入る形。

これを狙っていくのであれば、馬単の表裏買い(マルチ)は、優位性があると言えます。



馬単の基本的な買い方としては、

・馬単1着固定。相手5頭(1着づけ)

このような買い方がオーソドックスかと思います。



▼まず、何と言っても「単勝期待値が高い馬を1着固定

これができないと、馬単で勝つのは難しいです。

単純に「連対率が高い馬」を軸にするのであれば、馬連の方が回収率は高くなると思います。



▼単勝期待値が高い馬というのは、基本的にはデータ分析で導き出します。

無数のデータ条件がありますが、代表的なものを言えば、先行馬・前走1着馬・リーディング上位の騎手、などが挙げられます。



▼あるいは、血統がわかる人なら、そのレース条件で、単勝回収率が高い血統の馬を1着固定。

これはかなりの威力があります。

血統は非常に奥が深く、ほとんどの競馬ファンはしっかり理解していないので、優位性が高いんですね。



▼具体的に言えば、キングカメハメハ産駒は、平均的に回収率が高くなりやすいです。

重賞レースで、単勝回収率が高いのは、近年ではハービンジャー産駒・マンハッタンカフェ産駒・ロードカナロア産駒など。

これらを馬単の1着固定にすることで、全体の回収率が引き上がるケースが多いわけです。



▼相手ヒモ馬は、軸馬とのバランスを考えてセットします。

例えば、軸馬を人気馬にしたら、ヒモは少し人気薄にしてみる。

逆に、軸馬を人気薄にした場合は、ヒモは人気馬にしてみる。

このようにバランスをとることで、的中率と回収率を微調整していくのが基本になるかと思います。


競馬の年間収支をプラスにするサイトを公開

▼競馬ファンの最終目標である「年間プラス収支」

これを達成するためには、馬券知識を身につけるしかない。

私が、年間プラス収支を達成できたのは、

やっぱり⇒『このユニークなサイト』で学んだからです。




馬単2着固定を考える

▼馬単の買い方についての考察を続けます。

馬単は、基本的には1着固定ですが、2着固定(2着づけ)というやり方もあります。



▼2着固定を使う場合は、「単勝回収率が低く、複勝回収率が高い人気馬がいるレース

このようなレースでは、その人気馬が2~3着に来る確率が高くなり、1着のところにスペースができます。

この1着のポジションに、中穴馬~大穴馬をセットして、高配当を狙う戦略になります。



▼先程の種牡馬の例で言えば、「重賞レースのキングカメハメハ産駒」

これは近年のデータでは、単勝回収率76%・複勝回収率93%という感じになっています。



▼明らかに、単勝回収率が低く、複勝回収率が高くなっています。

なので、重賞レースのキングカメハメハ産駒を馬単の2着固定にセットして、1着には中穴馬~大穴馬をセットする。

このようなシンプルな戦略でも、長期的には回収率が高くなりやすいわけです。



▼ただ、単勝回収率76%だと、それほど低いとは言えない。

もうちょっと、はっきりとした傾向を持つ種牡馬を考えてみると、

「重賞レースのダイワメジャー産駒」単勝回収率49%・複勝回収率88%

「重賞レースのアドマイヤムーン産駒」単勝回収率45%・複勝回収率84%


この辺は、完全に単勝回収率が低くなっているので、馬単の2着固定が効果的に作用しやすい種牡馬かと思います。



▼このような「馬単の2着に人気馬をセットする」という手法は、別のケースでも使えます。

例えば、「断然人気の馬がいるレース

単勝1倍台などの断然人気の馬がいるレースでは、馬単でも、その馬の1着固定馬券が飛ぶように売れます。

いわゆる、過剰人気ですね。



▼こうなってしまうと、どんなにその馬が強くても、断然人気馬の馬単1着固定では、利益を出すのは難しくなります。

そこで、あえてその断然人気馬を2着固定にしてみる。

多くの競馬ファンが1着固定で購入するなら、2着固定の方に、期待値的な妙味が生まれるわけです。



▼断然人気の馬が、いつも勝つ訳では無い。

もちろん勝率は高いですが、2着に負けることも多々あります。

断然人気の馬が2着に負けた時の馬単は高配当になるので、なかなか狙い目だったりするわけですね。



▼▼では具体的に、私が馬単で馬券を的中させた時のレースを見てみましょう。

まず、2019年のレパードステークス。
ここは、1番人気のデルマルーヴルが、やや過剰人気気味でした。

全体的に、メンバーの能力比較が難しいレースでもあり、こういう場合は、少額で大穴を狙っていくのが有効になる。



▼そこで、「馬単、1番人気の2着固定作戦」で行くことにしました。

1番人気のデルマルーヴルが2着に負けてくれればラッキーということで。

1着欄には、大穴馬をセットして、大きめの配当を狙うことにしました。



▼大穴馬は、あまり真剣に考えても的中精度が上がるわけではないので、単純に10~12番人気の3頭。

ダメ元の戦略なので、3点買いはちょうどいい買い目点数になります。



▼最終的な買い目は、「1番人気の2着固定。1着には10~12番人気。馬単3点買い」です。

いつも綺麗に決まる訳では無いですが、ここはたまたま上手くいきました。

馬単13530円。万馬券を3点で的中。

すごそうに見えますが、私が構成した馬券は、上述の通りシンプルなものでした。



▼ついでに言うと、ここで1着だった10番人気の田辺裕信騎手(ハヤヤッコ)

田辺騎手は、重賞レースで大穴馬に騎乗すると、非常に勝負強いです。

そういう点でも、ここは馬単1着欄には、大穴が適していると考えたわけです。



このような「馬単で1番人気を2着固定」という戦略は、定期的に万馬券が的中します。

もう一つ、たまたま当たったレースが、2019年のスプリングステークス。
ここは、1番人気のファンタジストが初めての1800メートル。

ただ、タイプ的に短距離馬の雰囲気があり、勝ち切れない可能性がありました。



▼そこで、また馬単の2着固定作戦です。

まず、1番人気のファンタジストを馬単の2着固定にセット。

後は、1着の欄に、先ほどと同じように、10~12番人気馬をセットしました。



▼購入した馬券は馬単だけではないんですが、私はレースを見て、1番人気が勝ち切れないと判断したら、このような馬単2着固定を使うことが多いです。

結果は、1番人気のファンタジストが勝ち切れず2着。

1着には10番人気のエメラルファイトが入って、馬単は23610円の高配当になりました。



▼このレースでは、他にも三連複で馬券購入しており、そちらは外しています。

ただ、3点買いで2万馬券をゲットしているので、収支はプラスになりました。

このように、馬単の2着固定は、少ない点数で大きな配当を取ることができるので、遊び馬券としてもオススメできる買い方になります。


競馬で年間プラス収支を達成するために

競馬で勝ちたい人は、必ず見ておくべき。
 ↓↓
この馬券学校。