競馬で勝てない原因

▼本日は、馬券で負ける理由について、当研究所の見解を書いてみたいと思います。



▼「競馬で勝てない!当たらない!お金が減っていく!!」

こんな風に考えている競馬ファンは、世の中に山ほどいると思います。

競馬というゲームは、他のギャンブルと同じように、負ける人の方が遥かに多いのですから。



でもその一方で、ずっと勝っている人もいるわけです。

何年も「年間プラス収支」を続けている人もいる。

私も少額ですが、ここ何年も年間プラス収支を維持できています。



▼この差は何なのか?

競馬で勝てない人と、競馬で勝てる人。

その違いを考えてみます。



競馬で勝てない人の特徴↓

・予想材料が競馬新聞しかない

・期待値分析をするための武器がない(データ・血統・パドックなど)

・自分の馬券スタイルが決まっていない

・馬券知識を学ぶための師匠がいない

・レースを選べない(重賞レースばかり買うなど)



はい。
これらに合致する人は、なかなか競馬で勝てないと思います。



▼まず、「予想材料が競馬新聞のみ

これはかなり厳しいです。

現代競馬は、多くの人がデータを活用する時代。

この時代に、アナログの競馬新聞と赤ペンだけで勝負するのは無謀。



▼競馬で、回収率をプラスにするためには、期待値が高い馬を狙っていかなければならない。

でも、競馬新聞しか予想の材料がない人は、期待値が高い馬を探すことができないわけです。



▼競馬新聞には、「期待値が高い馬」は、載っていない。

競馬新聞から拾うことができるのは、競馬記者の印や、調教タイム、馬柱くらいです。

ここから「儲かる馬」を探すのは、かなり難しい。



▼馬券というのは、他の馬券参加者との戦いです。

なので、競馬で勝つためには「他の人があまり持っていないような自分の武器」が必要なんですね。

そこを考えると、競馬新聞というのは誰でも持っていますよね?

だから武器にならない。



▼競馬新聞が有効に作用するのは、すでに自分の武器を持っている人です。

例えば、パドックで馬の調子を判断できる人は、パドックの状態をベースにして、競馬新聞の情報を融合させ、期待値の高い馬を導き出します。

このような使い方が、理想的な競馬新聞の使い方だと思います。



▼逆に、何の武器もないのに、競馬新聞から自分が買う馬を無理矢理探し出そうとする人。

これはなかなか勝てません。

なぜなら上述した通り、競馬新聞をどんなに読み込んでも、期待値が高い馬は見えてこないからです。

競馬の年間収支をプラスにするサイトを公開

▼競馬ファンの最終目標である「年間プラス収支」

これを達成するためには、馬券知識を身につけるしかない。

私が、年間プラス収支を達成できたのは、

やっぱり⇒『このユニークなサイト』で学んだからです。




自分の馬券スタイルを決める

▼競馬で勝てない原因についての考察を続けます。

先ほどの続き。

次は「自分の馬券スタイルが決まっていない人

これも負けるタイプです。



▼馬券には、様々なアプローチ手法があります。

単勝で本命サイドを狙うとか、ワイドボックスでトリプル的中を狙うとか、三連複ながしで中穴を狙う、などなど。

このような戦略は無限に思いつくわけです。



▼で、大切なのは、自分のスタイルを決めること。

ダメなのは、レースに対して、自分の戦略がブレブレになってしまうこと。

そのレースによって、自分の戦略を変えるというのは上級者の戦略であり、最初のうちはやめた方がいいです。



▼「競馬で勝てない!」と言っている人の話を聞いていると、その多くは、重賞レースばかり購入している。

そして、そのレースによって買い方をコロコロ変えている。

このタイプは、競馬で負けやすいタイプと言えるのかもしれない。



▼そうではなく、その逆を行く。

「最初に自分のスタイルを決める」⇒「そのスタイルに合ったレースを選ぶ」

という順番ですね。

これは、勝ちやすいと思います。



▼例えば、自分が単勝の本命サイドで勝負するスタイルなら、「本命サイドの単勝回収率が高いレース」を選んで、そこでだけ勝負すればよい。

その週の重賞レースが、いかにも荒れそうなレースなら、手出し無用。見送るわけです。



▼このような自分の中の「軸」があるかどうかは、競馬で勝てるかどうかの大きなポイントになります。

先ほど少し書いたような、競馬で負けるタイプの人は、

「今週はダービーか!1番人気から買おう!」
「今週は宝塚記念か!ダービーで失敗したから、今度は大穴を狙おう!」
「今週は天皇賞か!逃げ・先行馬を狙ってみよう!」


こんな感じで、戦略がコロコロ変わってしまう人は、どうしても競馬で負けやすくなるわけです。



▼これはこれで、競馬というギャンブルを楽しむにはいいんですが、楽しむだけでは、競馬は続けられないんです。

なぜなら、お金が減るから。

どんなに競馬が楽しくても、負けてばかりだとお金が続かないので、いつか競馬を止めなければならなくなる。

それを避けるためには、ただ競馬を楽しむのではなく、「勝つための戦略」を決めて、それをしっかり守ることが重要なんですね。



▼▼なので、特に競馬初心者さんなどは、「自分のスタイル」をしっかり決める事をお勧めします。

自分のスタイルがないと、それが競馬で勝てない原因になってしまいます。

だからまずは、自分が得意な形を作る。

あるいは、自分が好きな楽しめる馬券スタイルを探すわけです。



▼自分の馬券スタイルを決める際に、注意点としては、


×断然人気馬を絡めた馬券スタイルは避ける

×大穴狙いは避ける


この2つは頭に入れておいた方が良いかと思います。



▼競馬で勝てない人の特徴として、「断然人気の馬を買う」「逆に、大穴を狙う」

この2つのパターンがあるわけです。

前者は、非常に高い的中率が魅力ですが、なかなか回収率が上がらない。

後者は、一発大儲けのギャンブル性が魅力ですが、こちらもなかなか回収率が上がらないのが欠点です。



▼競馬初心者の頃などは、ついつい断然人気の馬を軸にしたくなります。

競馬新聞に、「◎◎○◎」という感じで、印がたくさんついていると、安心して馬券購入できるわけですね。



▼でもこの安心感が罠だったりします。

あなたが安心して買えるという事は、他の競馬ファンも安心して買えるわけです。

その結果、競馬新聞に印がたくさんついている馬は、過剰人気になり、オッズがどんどん下がっていきます。



▼競馬というのは、どんなに的中率が高くても、過剰人気になってしまうと、絶対に利益は出ません。

競馬初心者さんは、ここの部分を理解していない人が多い。だから勝てない。

馬券というのは、過剰人気か?過小評価か?

これを判断するのが最重要ポイントなのです。



▼例えば、推定勝率50%で、単勝オッズが1倍台の馬。

このような馬を買い続けると、確実にマイナスになるわけです。

これは小学生の算数ですね。



▼それなのに、このような馬の単勝馬券は非常に売れます。

勝率が50%なら、オッズは2倍以上つかないと利益は出ないのに、1倍台でも単勝が飛ぶように売れてしまう。

ここが競馬の難しいところですね。



▼なぜ明らかに儲からない馬なのに、馬券が売れるのか?

それは、「推定勝率」の部分が、明確に数値化できないからです。

つまり、「高確率で勝つだろう」くらいの認識しかないわけです。多くの競馬ファンは。



▼なので、「1万円購入して、オッズ1.5倍なら、高確率で5,000円儲かる!」

と思ってしまうわけですね。

確かに、高確率で5,000円儲かるんですが、推定勝率が50%なら、同じようなレースに10レース参加すれば、利益が2万5,000円で、損失が5万円になるわけです。トータル大赤字です。

ここの部分を理解しておくことが、馬券で利益を出すためには重要なポイントになります。


競馬で年間プラス収支を達成するために

競馬で勝ちたい人は、必ず見ておくべき。
 ↓↓
この馬券学校。