競馬で勝ちたい

▼本日は、競馬で勝ちたい時の考え方について、当研究所の見解を書いてみたいと思います。



▼競馬は、馬券が当たらなくてもドキドキできて楽しいゲームです。

最初はそれだけで楽しい。

でもそのうち、「競馬で勝ちたい!」と思うようになります。



▼競馬初心者さんは、最初はスポーツ新聞か競馬新聞を購入して、自分の直感で馬券を買うと思います。

これはこれで楽しい。

ですが、このやり方ではなかなか長期的に競馬で勝つというのは難しいわけです。



▼「競馬で勝つ」というのは、長期的な収支がプラスになるということです。

私がよく言う、「年間プラス収支

これが勝ち組のひとつの条件でしょう。



▼競馬で勝ち組を目指す場合、ある程度、長期的な視野で考えていかないとうまくいきません。

例えば、「毎週少しずつでいいからプラスにしたい!」

この考え方は、失敗する確率が高くなります。



▼「毎週少しずつ勝つなら、簡単なのでは?」と思いますか?

実は、競馬で1番難しいのは、毎週コンスタントに勝つ、ということなんですよ。

それが少額でも、毎週勝つのはほとんど不可能に近いです。



▼「なんで少額なのに、難しいの?」

競馬の場合、勝つ金額はほとんど関係ないわけです。

もし、少額でも毎週確実にプラスにできるなら、賭け金を上げれば大儲けできてしまうからです。



▼でも、競馬はそんなに簡単ではない。

競馬は確率のゲームなので、そこには必ず「確率の偏り」が発生します。



▼つまり、期待値が高い馬をひたすら狙ったとしても、毎回コンスタントに回収率が100%を超えるわけではない、ということ。

回収率が500%の週もあるし、回収率が0%の週もある。

これらをすべて合算して、長期的な回収率が100%を超えれば、競馬の勝ち組なんです。



▼なので、「競馬で勝ちたい!」と思う場合、まず最初にやらなければならないことは、長期目線で考えること。

目の前のレースを当てようとしないこと。

1つのレースに入れ込むと、競馬では負け組になりやすいです。



少なくとも私の場合は、3ヶ月以上のスパンで考える。

最終目標は、上述した通り、年間プラス収支です。



▼なので、週単位の成績はほとんど無視しています。

月単位の成績もあまり気にしていません。

年間プラス収支になれば、それで勝ち組だからです。



▼年間プラス収支にできている競馬ファンは、おそらく3~5%くらいかと。

これは、毎週のように馬券を購入している人を対象にしています。

有馬記念だけ当たって年間プラスというのは、話がちょっと違うので除外しています。

競馬の年間収支をプラスにするサイトを公開

▼競馬ファンの最終目標である「年間プラス収支」

これを達成するためには、馬券知識を身につけるしかない。

私が、年間プラス収支を達成できたのは、

やっぱり⇒『このユニークなサイト』で学んだからです。




馬券種は、どれでも勝てる

▼競馬で勝ちたい時どうするか?についての考察を続けます。

先程は、長期目線の重要性について書いてみました。

ここでは、さらに具体的な考え方について述べたいと思います。



▼競馬で勝つ、というと、「どの馬券種を買えばいいの?」みたいな、具体的な買い方を考えてしまう人が多いです。

三連単なら勝てる?単勝の方が勝てる?

などですね。



でも私に言わせれば、馬券種というのは何でもいいわけです。

勝てる人は、どの馬券種を選んでも大体勝てる。

勝ちやすい馬券種というのはありますが、基本的にはどれを選んでも変わらないです。



▼複勝馬券だけはちょっと勝ちにくいので、これは除外した方がいいかもしれません。

複勝馬券は、的中率は最大ですが、オッズが低すぎてオッズに歪みが出にくいので、なかなかプラス収支まで持っていきにくい馬券種です。



▼馬券種で勝ちやすいのは、三連複かワイドかな。個人的な見解ですが。

三連単は、腕がある人にとっては強力な武器ですが、競馬初心者さんが手を出すと大きく負けるので要注意です。



▼結局のところ、大切なのは馬券種ではないんですね。

大切なのは、期待値が高い馬を探し出す武器を持つこと。

期待値が高い馬を見つけることさえできれば、あとはどんな馬券種で購入しても利益は出るわけです。



▼期待値が高い馬というのは、いわゆる過小評価されている馬。

能力の割に、あまり馬券が売れていない馬ですね。

このような馬は、狙い続けることで利益が出ます。



▼期待値判断の手法としては、単勝回収率や複勝回収率があります。

単勝回収率が高いと推定される馬については、単勝や馬単や三連単などの、単系馬券が有効になる。

逆に、複勝回収率が高いと想定される馬については、ワイド・三連複・馬連が有効になります。



▼期待値が高い馬を見つける方法は、いろいろな手法があります。

私がよく言う、「データ・血統・パドック」が、その代表かと思います。



▼競馬で勝っている人というのは、何かしら自分の武器を持っている。

競馬で勝てない人というのは、競馬新聞だけで馬券を購入している。

なので、自分に武器があれば、馬券種というのは後からどうにでもなるわけですね。



▼▼ここまでを簡単にまとめると、競馬で勝ちたい時のポイントは↓

①期待値が高い馬を探す
②レースを選ぶ


まずはこの2つが最重要ポイントになります。



▼「競馬で勝ちたい!でも勝てない!」という人の多くは、この2つのポイントを押さえていないわけです。

例えば、競馬で勝ちたい人がやってしまいがちなミスは↓


×細かい馬券の買い方にばかり目が行ってしまう人

×重賞レースばかり買う人

×どんなレースも、同じように馬券購入してしまう人


はい。
このようなタイプの人は、なかなか競馬で勝てません。



▼まず、「細かい馬券の買い方にばかり目が行ってしまう人

これは例えば、「馬連5点流しなら勝てる!?」とか「三連複軸1頭。相手5頭ながしなら勝てる!?」というように、具体的な馬券の買い方を気にするタイプです。

確かに、これは非常にわかりやすい。

具体的な馬券の買い方を決めてしまえば、考える必要がないからです。



▼このような、馬券の買い方を固定する戦略は、必ずしも間違いでは無い。

勝つこともできる

ただし、条件があります。



▼馬券戦略を固定して勝つためには、「レースを選ぶ必要がある」わけです。

例えば、馬連5点流しで勝負するなら、馬連5点流しがぴったりとマッチするレースを選ばなければならない。

1番人気から、2~6番人気に流すのであれば、まず1番人気の期待値が高いレースを選ぶことが必要不可欠になります。



▼次に、連対候補馬が、6番人気までに絞り込めるレースを選ぶことになります。

つまり、馬連5点流しで勝負するためには、レース選びの段階で、いくつかのハードルを越えなければならないということになります。



▼「1番人気の期待値が高く、かつ、相手ヒモ馬が6番人気までに絞り込めるレース」

このようなレースを、1日36レースある中から探すわけです。

もし、条件に合致するレースがないなら、その日は見送り。

馬券購入せずに、次の競馬開催日を待ちます。



▼ほとんどの競馬ファンは、このような作業ができていません。だから負ける。

多くの人は、「今週の重賞レースは何かな~」という感じで、最初からレース選びを放棄しているわけです。

与えられた重賞レースでだけ、勝負しようとしてしまっている。

そこには戦略も戦術もありません。



▼逆に言えば、ここの部分を改善するだけで、あなたは負け組から勝ち組に、移動することができるわけです。

レース選びと、期待値が高い馬選び。

この2つをしっかりと意識して、自分のルールに合致したレースだけ購入する。

これを繰り返していけば、競馬で年間プラス収支にすることも可能になってくるわけです。


競馬で年間プラス収支を達成するために

競馬で勝ちたい人は、必ず見ておくべき。
 ↓↓
この馬券学校。