競馬初心者の単勝・複勝の買い方

▼本日は、競馬初心者さんの単複馬券について、当研究所の見解を書いてみたいと思います。



単勝と複勝は、控除率が低く、競馬初心者さんでも大負けすることが少ない馬券種です。

単複は、大儲けはしにくいので、大きく儲けるためには三連単や三連複の方がいいんですが、競馬初心者さんは、いきなり儲けようとすると逆に負けるので、最初は単複で練習した方がよいでしょう。



▼まず、競馬初心者さんが、単勝・複勝を購入する場合の注意点について書いてみます↓


×大穴馬の単複は買わない
×断然人気の単複は買わない
×ローカル開催・裏開催は買わない



はい。
必要最小限ですが、まずはここが注意点です。



▼まず最初に、「×大穴馬の単複は買わない

大穴馬というのは、人気で言えば、10番人気以下くらいですね。

競馬新聞を見ても、ほとんど印がついていないような馬。

このような大穴馬は、オッズが高く、一見魅力的に見えますが、儲からないケースが多いです。



▼オッズが高いので、的中すればその瞬間は儲かるんですが、同じような買い方を続けている限り、高確率でその利益は飲まれてしまいます。

なぜそうなるのかというと、大穴サイドは控除率の面で不利であることと、過剰投票の影響によるものと思われます。



▼また、大穴馬は極端に的中率が低く、連敗しやすいです。

連敗してしまうと、資金が急激に減少し、馬券購入を続けられなくなります。



▼これが逆に、本命サイドであれば、定期的に的中するので、的中のたびに払戻金が入り、手元の資金は安定します。

この部分の仕組みが分かっていないと、大穴狙いすることで、大きく手元の資金が減少し、競馬を止めなければならない可能性が出てくるわけです。



▼では次に、「×断然人気の単複は買わない

これは先ほどと真逆ですね。

大穴馬の単複は、回収効率が悪いと書きました。

それと同じように、断然人気の単複も回収効率が悪いわけです。



▼断然人気の単複は、的中率が非常に高いです。

なので、急激な資金の減少というのはないんですが、オッズが極端に低いため、何度的中させても、なかなか資金が増えないわけです。



▼競馬初心者さんが、最初に的中の喜びを味わいたいというのであれば、断然人気の単複でもいいんですが、その段階を超えたら、断然人気の単複はやめておいた方が良いかと思います。

なぜなら、回収率が上がらないから。

断然人気馬からの馬券は、常に過剰人気になりやすく、期待値的に「美味しくない」

馬券で利益を出したければ、断然人気の馬券は、避けた方が無難です。


競馬の年間収支をプラスにするサイトを公開

▼競馬ファンの最終目標である「年間プラス収支」

これを達成するためには、馬券知識を身につけるしかない。

私が、年間プラス収支を達成できたのは、

やっぱり⇒『このユニークなサイト』で学んだからです。




断然人気馬の単勝・複勝馬券で儲かる買い方

▼競馬初心者さんの単複馬券の買い方についての考察を続けます。

先程の続き。

断然人気の単複は避けた方が無難。

ただ、断然人気馬でも、利益を出せるケースもあります。



▼それは、「レースを選ぶこと」です。

常に断然人気馬の馬券を購入している状態だと、推定回収率は75%くらいに収束すると思われます。

しかし、ここにレース選びというエッセンスを入れると、回収率100%を超えることも可能になるわけです。



▼どのようにレースを選ぶかというと、「断然人気馬が強いレース条件でだけ購入する」ということです。

このように聞くと当たり前に聞こえますが、これが出来ている人は非常に少ない。



▼例えば、「断然人気馬が、先行馬の時だけ購入する」というやり方。

競馬には脚質があり、逃げ馬・先行馬・差し馬・追い込み馬と、4種類に大別されます。

この中で、断然人気になっても安定して好成績を残せるのは、先行馬。

なので、すべての断然人気馬を購入するより、先行馬に絞り込んだ方が、明らかに回収率は上がるわけです。



▼あるいは、「断然人気馬が、リーディング上位の騎手の時だけ購入する」というやり方もあります。

リーディング上位というのは、勝ち星が多い騎手です。

現代競馬は、騎手とエージェントのつながりが強固であり、リーディング上位の騎手が人気馬に乗っていると、信頼度が高まります。



▼逆に、リーディング下位の騎手が人気馬に乗っているときは、信頼度が下がるケースが多い。

なので、断然人気馬の単複で勝負するなら、リーディング上位の騎手で勝負したほうが、回収率は上がりやすくなります。



▼このような、「先行馬」「リーディング上位」という条件は、断然人気馬だけでなく、通常の人気馬でも有効です。

というか、1番人気馬を購入するなら、断然の1番人気馬より、混戦の1番人気馬を狙った方が、利益は出しやすくなります。

例えば、「単勝1倍台」と「単勝3倍台」では、後者の方が利益を出しやすくなるわけです。



▼これは、倍率が高い方が、オッズの歪みが出やすいからですね。

競馬には、単複でも20%の控除率があり、その控除率を超えないと利益は出ません。

なので、オッズ倍率が高い方が、オッズの歪みを突いて、利益を出しやすくなるということになります。



▼▼この考え方を広げていくと、1番人気にこだわる必要はないと言うことになります。

オッズ幅が広いほど、馬券で利益を出しやすくなる。

という事は、1番人気よりも3番人気。3番人気よりも5番人気の方が回収率を上げやすいということになるわけです。



▼この考え方を応用して、「単勝馬券の中穴狙い」をしてみるのも面白いです。

これは私がよくやる戦略ですが、混戦レースで中穴の単勝を2~4点買い。

単勝馬券は控除率が低く、多点買いしても回収率を高く維持しやすいです。

しかも、中穴の単勝なら、オッズ幅も広いので、利益を出しやすくなります。



▼単勝馬券の中穴狙いのメリットは、レース選びを厳密にやらなくても良いと言う点にあります。

上述したような、本命サイドの単勝狙いの場合、レース選びをしっかりやらないとプラス回収にならないわけです。

これは、先ほども書いたように、本命サイドの単勝はオッズ幅が狭いからです。



▼それに対して、中穴の単勝はオッズ幅が広いので、ある程度、手数を多めにして購入しても、利益を出すことが可能です。

具体的に言うと、本命サイドの単勝は、10レースの中から1レースを選ぶようなイメージ。

それに対して、中穴の単勝は、10レースの中から5レースを選ぶくらいのイメージになります。



▼参戦レース数が増やせるというのは、意外とメリットが多いです。

馬券で利益を出すためには、手元の資金をいかに回転させるかが勝負になります。

いくら回収率が高くても、勝負レースがあまりにも少ない場合、なかなか手元の資金が回転せず、利益が増えていかないということになります。



▼その点で、参加できる勝負レースが多い戦略なら、常に手元の資金が回転するので、手持ち資金が増殖しやすいわけです。

そう考えると、競馬初心者さんが単複を購入する場合でも、本命サイドだけにこだわらず、中穴まで視野を広げていくと勝ちやすくなります。



▼競馬初心者さんの場合、馬券戦略を1つに固定したがる傾向にあります。

でも、馬券戦略はできるだけ幅広く持っていた方が、勝ちやすいわけです。

単勝・複勝で勝負する場合でも、本命サイドを睨みつつ、中穴サイドも狙っていく。

武器が2つあると、武器が1つの時よりも戦略の幅が広がります。

このようにして、武器を3つ、5つと増やしていく。

そうすると、どんどん戦略の幅が広がって、回収率も上がりやすくなっていくというわけです。

競馬で年間プラス収支を達成するために

競馬で勝ちたい人は、必ず見ておくべき。
 ↓↓
この馬券学校。