競馬で必ず儲かる買い方

▼本日は、必ず儲かる買い方について、当研究所の見解を書いてみたいと思います。



▼競馬で、必ず儲かる買い方はあると思いますか?

これは、あります。

「必ず」と言うとちょっと語弊があるんですが、高確率で儲かる買い方はあるわけです。



▼では早速、私が高確率で儲かると思う買い方を挙げてみます↓


・単勝期待値が高い馬の単勝馬券

・単勝期待値が高い馬の1着固定馬券(馬単・三連単)

・複勝期待値が高い馬を軸にした三連複

・複勝期待値が高い馬同士のワイド



はい。
シンプルに儲かる買い方を挙げるとすれば、この辺になります。



▼え?よくわからない?

そうですね。あなたはもっと単純な買い方を求めているのでしょう。

例えば、「芝1200mのレースで、単勝2番人気を買い続ければ、必ず儲かる」みたいな。

でも、競馬において、そんな単純な戦略で勝ち続けることは不可能です。



▼競馬というのは、他の馬券購入者との戦いです。

そして、競馬のオッズは、競馬ファンが購入した金額によって動いていくわけです。



▼という事は、単純な戦略で勝てる方法があるとしたら、みんながその方法に群がり、あっという間にオッズが下がって、「勝てない買い方」になってしまうわけです。

わかりますか?

競馬で儲けるには、誰でもできる単純な買い方では、ダメということです。



▼シンプルな買い方でも勝てますが、それは他の競馬ファンが気づいていない買い方でなければならない。

例えば、先ほど私が列挙した中の「単勝期待値が高い馬の単勝馬券」

これはシンプルな戦略ですが、多くの競馬ファンは気づいていない部分になります。



▼要するに、「どの馬の単勝期待値が高いか、多くの競馬ファンは知らない」

だからこそ、そこに優位性が生まれるわけです。

簡単に言えば、データ分析して、単勝期待値が高い馬を探し、その馬の単勝を購入する。

これだけで、必ず儲かるわけです。

まぁ未来のことはわからないので、必ずというか、高確率で儲かるわけです。



▼この部分をめんどくさがって、「もっと単純で誰でもできる買い方で儲けたい!」と思うのは自由です。

でも、それをやってしまうと、あなたの大切なお金が失われてしまう。



▼その他の単純な戦略としては、「開幕週で、逃げ馬の単勝をひたすら購入する」というものもあります。

でもこれも勝てません。

なぜなら、みんなやるから。

みんなが同じ買い方をするので、開幕週の逃げ馬は過剰人気になってしまい、回収率が上がらないわけです。



▼なのでこの場合は、開幕週で逃げ馬を狙うのではなく、「先行馬か差し馬で、前に行きそうな馬」を狙うのが正解になります。

逃げ馬が過剰人気になっているので、それ以外の馬の期待値が急上昇するからです。

この考え方が身につけば、「必ず儲かる」という状態に近い状態を作り出すことが可能です。


競馬の年間収支をプラスにするサイトを公開

▼競馬ファンの最終目標である「年間プラス収支」

これを達成するためには、馬券知識を身につけるしかない。

私が、年間プラス収支を達成できたのは、

やっぱり⇒『このユニークなサイト』で学んだからです。




馬券で勝てる具体的な方法

▼馬券で絶対勝てる方法についての考察を続けます。

先ほどの続き。

競馬では、誰でも思いつくような単純な戦略では儲からない。

おそらく、この記事を読んでいるあなたは、単純な買い方を求めていることでしょう。

それは例えば、

「断然の1番人気馬から、5~9番人気へ馬連5点ながし」とか「ハンデ戦で3~6番人気かつ、ハンデ53キロの単勝」とかですね。

このような単純な戦略は、迷わずに購入できるので、多くの競馬ファンが求めるところではあります。



▼しかしながら、先ほども書いたとおり、競馬では単純な戦略で儲けることはできません。

競馬で儲けるための大前提↓

他の競馬ファンが知らないロジックで馬券購入する

これが絶対に必要なわけです。



▼なので、断然人気馬からの流し馬券とか、ハンデ戦で軽量馬の単勝とか、そういう誰でも知っているようなロジックでは勝てないわけです。

なぜなら、競馬のオッズは、競馬ファンが作るからです。



競馬で儲かる仕組みを簡単に説明すると、

馬の能力とオッズが釣り合っていない

この時に、馬券では利益と損失が出ます。

簡単に説明すれば↓

①強い馬なのに、あまり馬券が売れていない

②弱い馬なのに、たくさん馬券が売れている


この場合、①の馬を狙い続ければ儲かるし、②の馬を狙い続ければどんどんお金が減るわけです。



▼ここの部分の見極めができれば、「競馬で必ず儲かる買い方」に近づいていく。

つまり、①の買い方をし続ければ、競馬で必ず儲かるわけです。

これは、私が先ほど書いたように、「単勝期待値が高い馬の単勝」も同じ意味になります。



▼単勝期待値が高いという事は、馬の能力とオッズが釣り合っていないことを意味します。

推定勝率50%の馬が、単勝オッズ2.1倍以上なら、必ず儲かるわけです。長期的にはね。

逆に、推定勝率50%の馬が、単勝オッズ1.9倍以下なら、必ず損をするわけです。長期的には。

なので、その馬の推定勝率を見極めることができれば、あとはオッズを見るだけで、必ず儲かる馬券が見えてくるわけです。



▼▼ほとんどの競馬ファンは、このような作業を省略してしまいます。

オッズと能力を比較してから、馬券購入する」⇒重要

重要なのに、みんな面倒くさがって、この作業をしないわけです。だから負ける。



▼競馬には控除率というものが存在しています。

控除率というのは、日本中央競馬会(JRA)の取り分。寺銭ですね。

控除率は平均で25%になります。



▼なので私達が馬券で利益を出すためには、この25%を上回るような期待値の馬券を購入する必要があるわけです。

何も考えずに馬券購入していると、ほぼ確実に回収率は75%以下になります。

では、どのようにしてこの25%を埋めていくのか?



▼それこそが、先ほど私が書いたような、「オッズと能力が釣り合っていない馬」を狙うことになるわけです。

そして、オッズと能力の乖離は、穴サイドになればなるほど、大きくなっていきます。



▼極端な話、どんなに期待値分析をしても、単勝1倍台の馬では、長期的に利益を出すのは難しいです。

「この馬の単勝オッズは1.5倍だけど、過小評価されている。実質は1.3倍が妥当だ」

と、判断したとする。

これは期待値が高い馬と言えます。

しかしこの場合では、利益を出すのは非常に難しいわけです。



▼なぜかというと、オッズ幅が小さすぎるからです。

1.5倍と1.3倍は、大差ない。

本命サイドのオッズでは、きっちり期待値分析をしても、あまり期待値の上昇幅がないわけです。



▼なので、単勝1.5倍に、単勝1.3倍の能力価値があったとしても、0.2ポイントでは、控除率の25%を超えることができないわけです。

控除率を越えることができなければ、あなたの馬券収支は、確実にマイナスになります。



▼この部分をクリアするためには、「狙うオッズを高めにシフトする」という作業が必要になります。

例えば、

「この馬の単勝オッズは15倍だけど、過小評価されている。実質は10倍が妥当だ」

この場合は、5ポイントの上昇幅があります。

先ほどは0.2ポイントしかありませんでしたね。

これが穴狙いのメリットです。



▼穴狙いすれば、期待値の変動幅が大きくなるわけです。

単勝オッズ10倍の能力の馬を、単勝オッズ15倍で購入できるなら、それはお買い得ということになる。

これが、「期待値の高い馬」です。

このような馬をデータ分析で探し、ひたすら狙っていく。

この作業を繰り返すことによって、「競馬で必ず儲かる買い方」に近づいていくわけですね。

競馬で年間プラス収支を達成するために

競馬で勝ちたい人は、必ず見ておくべき。
 ↓↓
この馬券学校。