短距離戦の買い方

▼本日は、短距離戦の狙い目について、当研究所の見解を書いてみたいと思います。



▼競馬のレースには、様々な距離が用意されています。

短い距離では1000m、長い距離では3600mまでのレースがある。

これらを、大きく3つに分類すると、「短距離戦」「中距離戦」「長距離戦」という風に分けることができます。



▼以前には、長距離戦について考察してみました。

参考記事
 ↓
長距離戦の買い方

本日は、「短距離戦」について考えてみます。



▼短距離戦の定義を、どこまでに設定するかが微妙なラインですが、

「1200m~1600m」

までを、今回は短距離戦と定義したいと思います。

1000mも短距離戦ですが、新潟競馬場の直線1000mは、ちょっと特殊なコース形態なので、別枠で解説しています。

参考記事
 ↓
新潟競馬場の直線1000mの買い方



▼ではまず、「芝1200m」について考察してみましょう。

芝1200mの基本データは、下記の通りになります↓
(中央場所。特別戦。2010~2019年)


・1番人気⇒単勝回収率80%・複勝回収率83%

・単勝オッズ1.4倍以下⇒単勝回収率110%・複勝回収率108%

・1~3番人気⇒単勝回収率75%・複勝回収率76%

・8~11番人気⇒単勝回収率104%・複勝回収率86%



はい。
芝1200mの1番人気の成績は、まぁ平均的ですね。

ただし、単勝オッズ1.4倍以下の1番人気になると、勝率82%・連対率100%・複勝率100%と驚異的な数字になっています。

芝1200mでは、強い馬が能力を発揮しやすく、断然人気の馬は、好走確率が非常に高くなっています。



▼これだけ極端な好成績になってくると、芝1200mで断然人気馬を切るのはなかなか難しくなります。

芝1200mでは、断然人気は切らず、軸馬として活用するか、そのレースは見送りにするのが良いかと思います。



▼それから、芝1200mでの特徴的な傾向として、8~11番人気の大穴馬の期待値が高いという点が挙げられます。

通常、競馬では、大穴馬の期待値は低くなりやすいものですが、芝1200mでは、単勝回収率が104%とかなり高い数字になっています。



▼このことから、芝1200mでは、11番人気くらいまでは、馬券対象馬として警戒しておいた方が良いということになります。

私も、通常では、10番人気以下は軽視することが多いんですが、芝1200mなどの短距離戦では、11番人気くらいまでを馬券対象として予想しています。

芝1200mでは、わずかなミスが命取りになると同時に、噛み合えば人気薄でも激走できるので、念のため警戒しておくのが良いでしょう。


競馬の年間収支をプラスにするサイトを公開

▼競馬ファンの最終目標である「年間プラス収支」

これを達成するためには、馬券知識を身につけるしかない。

私が、年間プラス収支を達成できたのは、

やっぱり⇒『このユニークなサイト』で学んだからです。




▼短距離戦で回収率が高いデータ条件と傾向

▼短距離戦の馬券の狙い方についての考察を続けます。

先ほどは、芝1200mについて書いてみました。

ここでは、「芝1400m」を考察してみましょう。



▼芝1400mの基本データは、下記の通りになります↓
(中央場所。特別戦。2010~2019年)


・1番人気⇒単勝回収率67%・複勝回収率78%

・単勝オッズ1.4倍以下⇒単勝回収率112%・複勝回収率110%

・1~3番人気⇒単勝回収率79%・複勝回収率80%

・2~3番人気⇒単勝回収率85%・複勝回収率81%

・8~11番人気⇒単勝回収率85%・複勝回収率81%



はい。
芝1400mでは、1番人気が勝ち切れない傾向にあります。

1番人気の単勝回収率67%は、かなり低い数字ですね。

その代わり、2~3番人気の単勝回収率は85%と、こちらが高くなっています。

このことから、芝1400mでは、1番人気よりも、2~3番人気を軸馬とした馬券構成の方が、回収率を上げやすくなる印象です。



▼次に、8~11番人気の回収率ですが、芝1200m程ではないにせよ、芝1400mでも、人気薄の大穴馬の期待値が高めになっています。

通常では、8~11番人気の単勝回収率は50%前後になることが多いんですが、芝1400mでは、単勝回収率85%とかなり高い数字になっています。

芝1200mと同じように、芝1400mでは、11番人気くらいまでを馬券対象馬として競馬予想していくと、利益を出しやすくなる印象です。



▼では次に、「脚質」についてのデータを見てみましょう↓


芝1200m
逃げ⇒単勝回収率210%
先行⇒単勝回収率113%

芝1400m
逃げ⇒単勝回収率240%
先行⇒単勝回収率85%

芝1600m
逃げ⇒単勝回収率239%
先行⇒単勝回収率87%



はい。
短距離戦に限らずですが、逃げた馬の単勝回収率は、驚異的な数字になっています。

特に短い距離の場合は、先手を取って逃げると、そのまま逃げ切ってしまうケースが多いです。

短距離戦の逃げ馬は、人気がない場合でも警戒しておくことが重要です。



▼▼では次に、「ダートの短距離戦」についてのデータを見てみましょう。

ダート1200mの基本データは、下記の通りになります↓
(中央場所。特別戦。2010~2019年)


・1番人気⇒単勝回収率81%・複勝回収率83%

・3番人気⇒単勝回収率97%・複勝回収率90%

・単勝オッズ1倍台⇒単勝回収率81%・複勝回収率86%

・単勝オッズ2倍台⇒単勝回収率94%・複勝回収率81%

・単勝オッズ3倍台⇒単勝回収率75%・複勝回収率84%

・1~3番人気⇒単勝回収率81%・複勝回収率82%

・10~13番人気⇒単勝回収率117%・複勝回収率87%



はい。
同じ1200mでも、芝とダートでは少し傾向が変わります。



▼まず、 1番人気の成績は、芝もダートも変わらないですね。

ただ、芝のレースでは、単勝1.4倍以下の断然人気馬は、回収率が高かったのに対し、ダートではそれほどでもありません。

ダートでの断然人気馬は、それほど鉄板という訳では無い印象です。



▼それに対して、単勝オッズ2倍台の1番人気馬は、比較的期待値が高くなっています。

単勝回収率94%もあれば、馬単や三連単の1着固定で、簡単に利益を出すことができます。

ダートでは、単勝1倍台の馬より、単勝2倍台の馬の方が狙い目です。



▼ちなみに、単勝3倍台になると、単勝回収率は75%まで下がってしまいます。

なので、ダート1200mで1番人気を狙うのであれば、単勝3倍台は避けた方が無難ですね。



▼次に、「3番人気」の回収率を見てみます。

3番人気は、単勝回収率97%・複勝回収率90%と、なぜか非常に好成績になっています。

ダートでは、「単勝2倍台の1番人気」か「3番人気」が、軸馬として有効であることがデータからわかります。



▼その分、2番人気の回収率が低くなっています。

2番人気は、単勝回収率65%・複勝回収率72%なので、これを軸馬にしてしまうと、ほぼ負けることになります。



▼では次に、ダート1200mでの大穴データを見てみましょう。

「10~13番人気」の単勝回収率は、117%と素晴らしい数字になっています。

上述した通り、通常は大穴馬というのは回収率が低くなりやすいです。

しかし、ダート1200mにおいては、大穴馬の激走が多いということになります。



▼ダートの短距離戦の場合、芝の短距離戦よりもさらに、わずかなミスが命取りになります。

その隙をついて、大穴馬が激走することが多い。

なので、ダート1200mで勝負するときは、13番人気くらいまでの激走を頭に入れておいた方が良いですね。


競馬で年間プラス収支を達成するために

競馬で勝ちたい人は、必ず見ておくべき。
 ↓↓
この馬券学校。