的中率と回収率を上げる方法

▼本日は、的中率と回収率の上げ方のコツについて、当研究所の見解を書いてみたいと思います。



▼自分の馬券成績を分析する際に、最も重要な指標となるのが、「的中率と回収率」です。

的中率とは、自分の馬券が的中した割合を表します。

回収率とは、自分が賭けたお金が、何%戻ってきたかを表します。




▼それぞれの算出方法は以下の通り↓


的中率= 的中レース数÷購入レース数×100

回収率= 払戻総額÷購入総額×100




▼基本的に、この的中率と回収率は、相反する関係になりやすいです。

的中率を上げに行くと、回収率が下がりやすくなるし、回収率を上げに行くと、的中率が下がりやすくなります。



▼なので、最初に自分が求める的中率と回収率のバランスを決めておくのが良いかと思います。

私の場合は、「的中率30%・回収率120%」くらいを目標にしています。

実際の数値は、年間収支で、「的中率25%・回収率115%」くらいになることが多いです。



▼では、それぞれの数値を上げる方法について考えてみましょう。

まず、「的中率を上げる方法

これについては、ポイントが2つあります↓


①買い目点数を増やす
②合成オッズを下げる


この2点ですね。



▼的中率を上げる方法は簡単です。

馬券の的中率というのは、買い目点数を増やせば増やすほど上がるし、合成オッズを下げれば下げるほど上がるわけです。

例えば、単勝馬券を18頭すべて購入すれば、的中率は100%になりますね。



▼「そんなの当たり前だろ!」と怒っちゃう人もいるんですが、まずはこれをしっかり認識しておくことが重要です。

買い目点数を増やせば、的中率なんかいくらでも上げることができる。

そう考えると、「馬券が当たらなくてショックを受ける」なんて、バカバカしいことがわかります。



▼馬券が当たらないのは、自分が勝手に当たり馬券を排除しているからなんですね。

全通り買えば、的中率は100%になる。

あとは、回収率が100%を超えるように、買い目を減らして調整していけばよい。


ここは非常に重要なポイントです。



▼多くの人は、少ない買い目点数で的中させようとしてしまう。

だから当たらないわけです。

なぜ少ない買い目点数にするかというと、資金力がないからです。

他のギャンブルでも同じですが、競馬では資金力がある人が圧倒的に有利になります。

なぜかというと、上述した通り、資金力さえあれば、的中率を自由自在にコントロールできるからです。


競馬の年間収支をプラスにするサイトを公開

▼競馬ファンの最終目標である「年間プラス収支」

これを達成するためには、馬券知識を身につけるしかない。

私が、年間プラス収支を達成できたのは、

やっぱり⇒『このユニークなサイト』で学んだからです。




競馬で的中率を上げる秘訣

▼的中率と回収率を上げるコツについての考察を続けます。

先ほどは、買い目点数を増やせば、的中率は簡単に上がる事を解説しました。

ここでは、「合成オッズを下げる」ことについて考えてみたいと思います。



▼合成オッズとは、簡単に言えば、「自分の馬券が的中した時に、お金が何倍になるか?」という目安です。

1点買いであれば、3倍とか5倍とかわかりやすいんですが、10点買いだと、的中した時に平均で何倍になるかわからないですよね?

そこで、この10点を平均化して、倍率を出したものが、合成オッズです。



▼合成オッズに関しては、別の記事で詳しく解説しているので、そちらをご参照下さい。

参考記事
 ↓
合成オッズとは?



▼的中率の話に戻りましょう。

的中率を上げる方法は2つあって、まず1つ目が、先ほど解説した「買い目点数を増やす」こと。

そしてもう一つが、「合成オッズを下げる」ことです。



▼合成オッズを下げるというのは、簡単に言えば、本命サイドを購入するということです。

大穴狙いすると、馬券はほとんど当たりませんが、本命サイドを狙えば、馬券は簡単に的中します。



▼これも当たり前なんですが、非常に重要なポイントになります。

本命サイドを購入すれば、簡単に馬券は当たるのに、なぜ多くの人の馬券は当たらないのか?

それは、高配当を狙って、本命サイドを捨てるからです。



▼「こんな固い馬券当ててもしょうがない!俺は大穴狙いで行くぜ!」

↑これをやるから、馬券が当たらなくなるわけです。

なぜ堅い馬券で勝負しないかと言うと、これも先ほどと同じ、資金力がないからなんですね。



▼手元にお金が500円しかない場合、500円を3倍に増やしても、1,500円にしかならない。

でも、500円で万馬券が当たれば、1万円になるわけです。

だから資金力がない人ほど、穴狙いに走る傾向にあるわけ。



▼資金力がある人は、1万円を3倍に増やせば、3万円になります。

合成オッズ3倍を的中させるのは、それほど難しくないので、比較的高い確率で1万円が3万円に増えることになります。

それに対して、資金力がない人は、無謀な穴狙いで500円を1万円にしようとする。

でも、穴狙いではほとんど馬券は的中しないので、高い確率で賭け金の500円を失う(失い続ける)ことになります。

このように、競馬では残酷なまでに、資金力の差が馬券収支の差になってしまうわけなんですね。

競馬で年間プラス収支を達成するために

競馬で勝ちたい人は、必ず見ておくべき。
 ↓↓
この馬券学校。