有料予想や有料メルマガで勝てるか?

▼本日は、有料の競馬予想サイトについて、当研究所の見解を書いてみたいと思います。



▼世の中には、星の数ほどの「有料予想や有料メルマガ」が存在しています。

その中には、優良なサイトもあるし、悪徳サイトもあります。

楽しく競馬を続けていくためには、いかにして悪徳サイトを避けるか、というのがポイントになります。



▼まあ悪徳サイトは論外として、通常の有料予想や有料メルマガで、競馬に勝つ事は可能なのか?

私は今まで、かなりの数の有料予想サイトを試してきたので、本日は、私の見解を書いてみたいと思います。



▼まず、有料予想で競馬に勝てるか?

これについての答えは、「勝てる」ということになります。

ただし条件があります。

有料予想で勝つための条件↓

・買い目指示のサイトではないこと

・情報料金が月額5,000円未満であること

・過去分の予想を公開していること



はい。
とりあえずは、この辺ですね。



▼まず最初に、「買い目指示のサイトではないこと

買い目指示というのは、「馬連2-7を3,000円」などのように、具体的に買い目を指定するサイトです。

このような買い目指示のサイトは、まず勝てません。

それは何故なのか?



▼多くの競馬ファンが求めているのは、買い目指示の予想だと思います。

なぜかというと、自分で考えなくて済むから。

多くの人は、自分で努力するという手間を放棄して、言われた通りに買うだけでお金が儲かる、というのを求めているわけです。

でもこれは、絶対にやめたほうがいい。



▼私も今まで、何度も買い目指示の予想を購入しましたが、長期的に勝てた予想は1つもありませんでした。

もちろん、短期的には勝てることもあります。

競馬予想というのは、どんな劣悪なものであっても、短期的には瞬間的に利益が出るものなのです。

回収率100%以上をうたう競馬予想サイトは、ほとんどがこのような短期的な回収率をアピールしているに過ぎません。

だから、ほとんどの予想サイトは、勝てないわけ。



▼予想サイトの優劣は、「長期的な馬券収支がプラスになるかどうか?」

ただこの一点で決まります。

そして、「買い目指示の予想サイト」というのは、長期的には絶対に勝てないものなのです。



▼なぜかというと、中央競馬は、競馬ファンの投票によってオッズが上下するからです。

もし仮に、「めちゃくちゃ当たる買い目指示の予想」があったとする。

そうすると、その予想に多くの人が集まるようになります。

そして、めちゃくちゃ当たるわけですから、借金してでもその予想で馬券を購入する人も出てくるでしょう。



▼そうなると、どうなりますか?

そう。オッズが暴落するわけです。

どんなに優秀な予想であっても、そこに資金が集中的に投下されると、オッズが下がり、勝てなくなってしまうわけです。


競馬の年間収支をプラスにするサイトを公開

▼競馬ファンの最終目標である「年間プラス収支」

これを達成するためには、馬券知識を身につけるしかない。

私が、年間プラス収支を達成できたのは、

やっぱり⇒『このユニークなサイト』で学んだからです。




回収率100%以上の競馬予想サイトは勝てるか?

▼有料予想と有料メルマガについての考察を続けます。

先程は、買い目指示の予想が勝てないことについて解説しました。

続けます。



▼買い目指示の予想は、長期的には絶対に勝てない。

それは、会員数が増えれば増えるほど、オッズが下がり続けるからです。

という事は、買い目指示の予想で運営しているサイトは、ほとんど会員がいないか、いても、みんな負けているということになります。



▼なので、有料予想や有料メルマガを使う場合は、「印配信」か「データ配信」のサイトを使うことになります。

私が今まで見てきた中でも、優良サイトは、ほぼ全てが印配信かデータ配信でした。



▼ただ、印配信とデータ配信にも、デメリットがあります。

それは、「自分で努力しなければならないこと」です。



▼印配信の場合、予想印は配信されますが、実際にどの馬券を購入するかは、自分で考えて決める必要があります。

だからこそ、会員同士で買い目が重複せず、オッズが下がらないわけです。

ただその分、同じ予想サイトを使っても、会員の腕によって、回収率が違ってくるということになります。



▼多くの競馬ファンは、ここが嫌なんですね。

同じお金を払っているのに、自分だけ負けて、他の会員は勝っている。

この状況が許せない、という人は多いようです。

不公平感があるわけですね。



▼だから、そのような人は、買い目指示の予想に逃げることになる。

しかしながら、買い目指示の予想が勝てない事は、先ほども解説した通りです。

結果、高額な買い目指示のサイトでぼったくられ、大金を失って、競馬市場から撤退することになるわけです。



▼このような悲劇を避けるためには、「印配信」か「データ配信」のサイトを使って、最終的な馬券は、自分で決める必要があります。

予想サイトに完全に依存すると、間違いなく負けます。

だからそうではなく、予想サイトの情報はあくまでも材料として、料理するのは自分の腕ということにすべきなのです。

競馬で年間プラス収支を達成するために

競馬で勝ちたい人は、必ず見ておくべき。
 ↓↓
この馬券学校。