IPATで馬券を買うと勝てる?

▼本日は、インターネット投票について、当研究所の見解を書いてみたいと思います。



▼20年くらい前は、インターネット投票や電話投票は少数派で、多くの人は、ウインズか競馬場に馬券を買いに行っていました。

でも近年は、ネットインフラの発達により、急激な勢いでインターネット投票をする人が増えています。



▼インターネット投票の最大のメリットは、わざわざ競馬場やwinsに行く必要がないことです。

また、手元に現金がなくても、口座にお金が入っていれば馬券を購入できるのもメリットですね。



▼では、このインターネット投票。馬券の勝ち負けで言うと、勝ちやすいのか?負けやすいのか?

私個人は、かつては、競馬場やwinsまで馬券を買いに行っていました。

でも、15年前くらいからは、もっぱらインターネット投票で馬券を購入しています。



▼両方を経験した私から見て、競馬場やwinsまで馬券を買いに行くのと、インターネット投票で馬券を購入するのと、どちらが勝ちやすいかというと・・・

インターネット投票の方が勝ちやすいと思う



▼ただこれは、人によるんですよね。

自制心がない人の場合、いくらでも馬券が購入できてしまうインターネット投票は、逆に、回収率を下げることになりかねません。

一方、自制心がある人の場合は、必要なレースだけ購入できるので、全体の回収率は上がりやすくなるわけです。



▼競馬場やwinsに馬券を買いに行くと、「せっかくわざわざ遠くまで行くんだから、他のレースも購入しよう」という感じになってしまうわけです。

外に買いに行くと、自分の勝負レースだけでなく、余計なレースまで購入してしまうんですね。

この余計なレースが、回収率を下げる原因になるわけです。



▼私もずっとこのパターンだったんですが、IPATで馬券購入するようになって、「勝負レースの1レースだけ購入しよう」というケースが増えました。

インターネット投票の場合、わざわざ馬券を購入しに行く必要がないので、必要なレースだけ購入して、後は見送るということが簡単にできるわけです。



▼それから、インターネット投票のメリットとして、「パソコンでデータ分析できる」というものがあります。

競馬場やwinsに行ってしまうと、パソコンがないので、データ分析できないわけです。

家で分析して、家で買い目を決めて、競馬場やwinsで馬券を購入するという形になります。

慣れればこれでもいいんですが、どうしても作業する場所が分裂してしまうので、集中力が散漫になる部分があります。



▼その点、インターネット投票なら、家のパソコンでデータ分析して、そのままパソコンで馬券を購入することができる。

この流れは無駄がなくて、非常に集中できるわけです。

馬券の買いミスもほとんどなくなるし、やはりインターネット投票には、メリットが多いと感じるわけです。


競馬の年間収支をプラスにするサイトを公開

▼競馬ファンの最終目標である「年間プラス収支」

これを達成するためには、馬券知識を身につけるしかない。

私が、年間プラス収支を達成できたのは、

やっぱり⇒『このユニークなサイト』で学んだからです。




IPATの利点と欠点

▼IPAT・APAT・即パットについての考察を続けます。

先ほどの続き。

インターネット投票のメリットは、

①余計なレースを買わなくて済む
②パソコンでデータ分析しながら馬券購入できる
③現金がなくても馬券購入できる


この3点のメリットが大きいと感じます。



▼ただ、先ほども少し書きましたが、インターネット投票のデメリットもあるわけです。

インターネット投票は、口座にお金が入っていれば、いくらでも馬券購入することができてしまう。

自分が狙っていたレースだけでなく、余計なレースまで購入してしまうケースがあるわけです。



▼一番ダメなのは、「土日は暇だから、朝の第1レースから、夕方の第12レースまで、全レースで遊ぼう!」

これは高確率で負けるパターンです。

少額のダラダラとしたギャンブルですね。

これは、典型的な負け組のパターンなわけです。



▼もちろん、すべてのレースをしっかりパソコンでデータ分析して、それぞれのレースに明確な高期待値馬がいるなら、朝から夕方まで勝負してもいい。

でも、ほとんどの人は、そんなにしっかりデータ分析していない。

ただなんとなく、ギャンブルの刺激に翻弄されているだけなんです。



▼しかも最近は、中央競馬だけでなく、海外競馬や地方競馬まで馬券購入できてしまいます。

こうなってくると、慢性的なギャンブル中毒の人は、土日だけでなく、平日まで馬券に脳を支配されてしまうわけですね。



▼私の個人的な意見としては、海外競馬や地方競馬の発売は、少し控えめにしたほうがいいような気もします。

競馬の良いところは、土日限定で、節度を持って楽しめるところだと思うんです。

パチンコだと、基本的に365日遊べてしまう。だから依存症が多いわけです。

競馬も、あまり平日まで進出してしまうと、依存症が増えてくるのではないかと心配です。



▼いずれにしても、インターネット投票は、自制心がある人にとっては非常にメリットが多く、勝ちやすい買い方だと思います。

IPAT・APAT・即パットで勝つためのコツは、「自分が自信のあるレースだけ購入すること」

これをきっちり守れれば、回収率も納得のいくものになってくると思います。



▼▼それから、IPAT投票のメリットとして、「収支の流れがわかりやすい」というものがあります。

例えば、1年の最初に、PAT口座に10万円入金しておく。

そして、1年の最後に、その10万円がいくらになったか?

これを見れば、自分の馬券収支は一目瞭然なわけです。



▼もちろん、自分の購入した馬券の記録は、excelやノートに記録しておくことが重要です。

ただ、めんどくさがってやらない人も多いと思うので、そういう人にとって、上述したようなPAT残高での、簡易的な収支を見る事は、メリットがあるものだと思います。



▼これが現金購入だと、自分が1年でいくらくらい馬券を購入しているのか、全くわからないわけです。

ほとんどの人は、自分の購入した馬券の記録をつけていないので、「有り金で勝負する」という人が多いと思います。

このスタイルだと、お金がある時は大きく賭けて、お金がないときは小さく賭ける。

結局、有り金をすべて使ってしまう形になるので、人生をトータルで考えた場合、これは大きな損失です。



▼競馬は楽しいゲームですが、自分の中でしっかりルールを決めてやらないと、人生を奪われます。

私の印象では、いつも競馬ばかりやっている人というのは、知性が衰えてくる気がする。

自分が持つ余剰資金を、全て馬券代金に使ってしまう人は、どうしても自分を磨くことができなくなってしまうわけです。



▼人生にとって、読書は非常に重要だし、家族サービスも重要です。

しかし、有り金を全て馬券に突っ込んでしまう人は、読書することもできないし、家族もおろそかにしてしまいます。

こうなってしまうと、もはやただの馬券中毒者であり、人生は転落の一途をたどります。



PAT購入の場合、現金購入よりも、このような「人生転落リスク」が小さくなるように思います。

もちろん、人による部分はありますが、有り金で勝負するよりも、「競馬資金」を明確にしておいた方が、無謀な勝負をしなくなるわけです。



▼PAT口座に入金することは、意外と面倒なものです。

なので、現金よりもPATの方が無駄遣いが減り、回収率が上がりやすくなる印象です。

このような観点から考えても、ウインズ・競馬場より、IPAT購入の方が勝ちやすいのではないかと思うわけです。

競馬で年間プラス収支を達成するために

競馬で勝ちたい人は、必ず見ておくべき。
 ↓↓
この馬券学校。