外国人騎手は儲かるか?

▼本日は、外国人ジョッキーについて、当研究所の見解を書いてみたいと思います。



▼一昔前は、外国人騎手というのは、やや珍しい存在でした。

しかし、この国際化の時代、競馬においても、外国人騎手がどんどん流入してきています。



▼その象徴的な出来事として、「中央競馬に外国人騎手が誕生」というニュースがありました。

2015年から、Mデムーロ騎手と、ルメール騎手が中央競馬の騎手になったわけです。

これは今までの閉鎖的な競馬村の状況を考えると、革命的な出来事だったと思います。



▼しかも、2017年には、ついに外国人騎手のルメールが、リーディングジョッキーに輝くことになる。

20年前の、武豊時代から考えると、衝撃的な変化だと思います。



▼短期免許で来日する外国人騎手も多くなり、今や競馬予想に外国人騎手は欠かせないものとなりました。

では、外国人騎手は儲かるのか?稼げるのか?

本日は、そのあたりを分析してみましょう。



▼ではまず、実際の外国人騎手のデータについて見てみます。

過去10年の重賞レースのデータです(2010~2019年)

Mデムーロ騎手⇒77勝。単勝回収率138%・複勝回収率92%

ルメール騎手⇒73勝。単勝回収率117%・複勝回収率96%

ムーア騎手⇒14勝。単勝回収率121%・複勝回収率87%

Cデムーロ騎手⇒11勝。単勝回収率94%・複勝回収率76%

ウィリアムズ騎手⇒7勝。単勝回収率50%・複勝回収率86%

レーン騎手⇒6勝。単勝回収率340%・複勝回収率110%

ビュイック騎手⇒5勝。単勝回収率156%・複勝回収率141%

シュタルケ騎手⇒4勝。単勝回収率104%・複勝回収率75%

モレイラ騎手⇒4勝。単勝回収率54%・複勝回収率74%

スミヨン騎手⇒4勝。単勝回収率115%・複勝回収率105%



はい。
過去10年間で、重賞レースの勝ち星が多い外国人騎手は、上記の通りです。



▼もはや一目瞭然ですね。

これだけの好成績を見せつけられると、現代競馬は、外国人騎手を抜きにしては、競馬予想ができないことがわかります。



▼モレイラ騎手は、まだ単勝回収率が54%ですが、随所にスーパープレーを見せており、これから回収率を上げてくるものと思います。

レーン騎手などは、2019年のたった2か月程度で、重賞レース6勝ですからね。

単勝回収率340%は、もう開いた口が塞がりません。

2か月間、重賞レースでレーン騎手の単勝を買い続けるだけで、賭け金は3倍以上になったわけです。


競馬の年間収支をプラスにするサイトを公開

▼競馬ファンの最終目標である「年間プラス収支」

これを達成するためには、馬券知識を身につけるしかない。

私が、年間プラス収支を達成できたのは、

やっぱり⇒『このユニークなサイト』で学んだからです。




外国人騎手で稼ぐポイント

▼外国人騎手の回収率データについての考察を続けます。

先ほどの続き。

外国人騎手の回収率がいかにすごいかは、日本人騎手の回収率と比較してみると分かりやすいと思います。


武豊騎手⇒73勝。単勝回収率73%・複勝回収率75%

福永祐一騎手⇒66勝。単勝回収率64%・複勝回収率91%

岩田康誠騎手⇒64勝。単勝回収率68%・複勝回収率89%

川田将雅騎手⇒64勝。単勝回収率68%・複勝回収率72%

横山典弘騎手⇒53勝。単勝回収率72%・複勝回収率73%



はい。
日本人騎手で重賞レースを勝っている数のランキングは、過去10年では、上記の5人が上位になります。



▼勝ち星は、Mデムーロとルメールがツートップ。

上記の日本人騎手は、その下の3位から7位になります。



▼勝利数的にはそれほど大きな違いはありませんが、回収率を見ると明らかに低いのが分かります。

低いと言うか、これが普通なんですけどね。

これは、Mデムーロやルメールなどの外国人騎手の勝率が20%程度であるのに対し、日本人騎手の勝率はその半分くらいしかないからですね。



▼勝率が低いという事は、必然的に連対率や複勝率も低くなるので、重賞レースで軸馬に迷ったら、日本人騎手より外国人騎手を軸にした方が、回収率は上がりやすくなります。

つまり、外国人騎手の方が儲かるということになるわけです。



▼ただ、Mデムーロ騎手に関しては、中央競馬の騎手になる前の、2015年までの成績が非常に素晴らしかったんですが、2018年からは、ピークの頃の騎乗ができなくなってきている印象もあります。

2019年は、夏までの成績を見ても、単勝回収率26%・複勝回収率38%と大スランプになっており、今後も積極的に狙っていくかどうかは、少し様子見な部分がありますね。



▼それに対して、ルメール騎手は非常に安定しています。

波がなく、重賞レースでは安定的に単勝回収率が100%を超える年が多い。

直近の2019年も、単勝回収率は100%を超えているので、重賞レースで馬券を購入する場合は、まずルメール騎手を中心に馬券構成を考えると、的中率と回収率が安定すると思います。

ただ、ルメール騎手の場合は、ダートはそれほど上手くないので、芝の重賞レースで狙っていくようにすると、さらに利益を出しやすくなると思います。

競馬で年間プラス収支を達成するために

競馬で勝ちたい人は、必ず見ておくべき。
 ↓↓
この馬券学校。