三連単で勝つ方法

▼本日は、三連単の必勝法について、当研究所の見解を書いてみたいと思います。



▼以前の記事では、三連単の基本的な買い方について解説しました。

参考記事
 ↓
三連単の買い方

ここでは、その応用版として、三連単の勝ち方について考えてみます。



▼三連単で勝つためのポイントとしては、


・単勝期待値が高い馬を1着固定

・単勝期待値が低く、複勝期待値が高い馬を2~3着固定



この2つが基本戦略になるかと思います。

私の個人的な三連単の収支を見ても、上記の買い方で、年間プラス収支になっています。



▼まず、三連単の最大の武器は「1着固定

1着固定で考えると、馬単でもいいんですが、三連単は3着馬まで指定できるので、より回収率を高めやすい。



▼1着に固定する馬は、単勝回収率が高いであろう馬です。

単勝で購入してもプラスになるような馬を、三連単の1着固定にすると、単勝よりさらに回収率が上がりやすくなります。

ヒモ馬を絞り込めることが条件ですが、上手い人にとっては、単勝馬券より三連単の方が利益を出しやすい。



▼三連単というのは、単勝馬券から、無駄な部分を削ぎ落とした馬券、というイメージかな。

単勝は、馬単や三連単の総流しという意味合いになるからです。



したがって、三連単で勝つためには、いかにして期待値が低い部分をカットして行くかがポイントになります。

例えば、複勝期待値が低い馬を、三連単のヒモから削除していく。

これだけでも、単勝馬券を購入するより、明らかに回収率が高くなります。



▼三連単で勝つ方法をシンプルに書けば、

・1着には、単勝回収率が高い馬を固定

・2~3着には、複勝回収率が高いヒモ馬を選ぶ


これだけ徹底できれば、プラス回収になる確率は高くなると思います。



▼単勝回収率が高い馬というのは、当ブログの別の記事でも色々と書いていますが、例えば、「逃げ馬・先行馬」とか「上がりが速い馬」とか「前走を人気で負けた馬」などですね。

これらをさらにデータ分析で細かく指定していきます。



▼あるいは、パドックを見ることができる人なら、パドックから単勝期待値が高い馬を探し出すことが可能です。

もしくは、調教タイム血統なども、単勝期待値が高い馬を探すための材料になります。



▼これらを全て極める必要は全くなく、どれか1つで十分です。

要は、「単勝オッズよりも、好走確率が高い馬」を探せばよい。

そしてその馬を、三連単の1着づけにする。

三連単で勝つ方法としては、まずこれが基本中の基本になります。


競馬の年間収支をプラスにするサイトを公開

▼競馬ファンの最終目標である「年間プラス収支」

これを達成するためには、馬券知識を身につけるしかない。

私が、年間プラス収支を達成できたのは、

やっぱり⇒『このユニークなサイト』で学んだからです。




上がり3ハロンから、三連単の軸馬を選ぶ方法

▼三連単で勝つ方法についての考察を続けます。

単勝期待値が高い馬についての話の続き。



▼先ほども少し書きましたが、「上がり3ハロンが速い馬

これも、単勝期待値が高くなりやすい。

すなわち、三連単の1着固定にできる馬、ということになります。



▼差し馬の場合、速い脚がないと、なかなか勝ち切れないものです。

なので差し馬では、上がり3ハロンの速さは必須。

差し馬で、上がりが遅い馬だと、複勝回収率は高くなる可能性がありますが、単勝回収率はなかなか高くならない。



▼なので、上がりが遅い差し馬は、三連単の1着固定ではなく、三連単の2~3着に入れる相手ヒモ馬、という役割にした方が、長期回収率が高くなりやすいです。

つまり、勝ち切れない馬を、三連単のヒモにする。



▼逆に、上がり3ハロンが速い差し馬。

決め手がある馬ですね。

このようなタイプは、展開さえハマれば勝ち切れる。

なので、三連単の1着固定に向いているわけです。



▼あるいは、上がり3ハロンが遅い馬でも、三連単の1着づけに向いているタイプがいます。

それは、逃げ馬・先行馬です。

逃げ馬や先行馬は、前半で脚を使うので、必然的に上がり3ハロンのタイムは遅くなります。

しかしながら、このような先行馬は、単勝回収率が高くなりやすい。

競馬では前に行く馬が圧倒的に有利なので、先行馬は単勝期待値が高まりやすいんですね。



以上のようなことを勘案すると、脚質から三連単の軸馬を探す場合は、「先行馬」か「決め手のある差し馬」を1着固定にするということになります。

これは競馬の基本中の基本ですが、うっかり忘れる要素でもあるので、頭に入れておくと良いかと思います。



▼三連単の1着欄に入れる馬は、理想を言えば、「先行できて、上がりも速い馬」です。

アーモンドアイのようなタイプ。

あまり数は多くないんですが、このようなタイプの馬をメモしておき、出てきたら三連単の1着固定。

これだけのシンプルな戦略でも、プラス回収まで持っていくことが可能です。



▼ただこの場合、 1着固定の馬だけを見ているので、ヒモ馬の精度が下がりがちなのがデメリット。

三連単の場合、軸馬だけでなく、相手ヒモ馬の精度にもこだわると、かなり利益を出しやすくなります。

その点では、1着固定だけに目を向けるのではなく、レース全体を見てから、三連単で参戦するかを判断するのが理想ではありますね。



▼▼では次に、さらに具体的に、三連単で勝つ方法を考えてみましょう。

ここまでは、単勝期待値の高い馬を三連単の1着固定にする事で、回収率を引き上げる戦略について書いてきました。

ここでは次のステップとして、何番人気の馬を活用していくかについて考えてみたいと思います。



▼まず、三連単の馬券構成を考える上で、最も重要なポイントは、「1着固定の馬は、何番人気の馬にするべきか?」という点です。

三連単は、全ての馬券種の中で、最も自由度が高く、それゆえに迷ってしまう部分が多いです。

三連単で最も重要なのは、1着固定の部分なので、ここを間違えると回収率も上がらなくなってしまうわけです。



▼三連単の1着固定は、私の場合は、1~3番人気から選ぶことが多いです。

なぜかというと、ただでさえ三連単の的中率は低いのに、軸馬を人気薄にしてしまうと、さらに大きく的中率が下がってしまうからです。



▼例えば、1番人気馬の勝率は、約30%あります。

そのため、三連単の1着固定に、1番人気馬をセットすれば、最大的中率は30%近くになるわけです。



▼それに対して、7番人気馬の勝率は、5%程度しかありません。

したがって、三連単の1着固定に、7番人気馬をセットすれば、最大的中率は5%くらいにしかならないわけです。



▼これは、あくまでも最大的中率の話です。

実際には、三連単で総流しを仕掛けるケースは少ないので、相手ヒモ馬を絞り込むことになります。

そう考えると、7番人気軸の三連単は、的中率が1%くらいになってしまうことも考えられるわけです。



▼的中率が1%という事は、100レース購入しても、99レースは外れるということになります。

ここまで的中率が低いと、ほとんどの人は途中で心が折れます。

また、たとえ長期回収率がプラスになったとしても、1%の的中率では、毎月の馬券収支はほとんど赤字が続くことになります。

毎月毎月、ずっとマイナスが続く状況で、楽しく競馬ができるとは思えません。



▼このような点を勘案して、私が三連単の1着固定を仕掛けるときは、軸はほとんどが1~3番人気になっているわけです。

もちろん、先程から書いている通り、「人気馬の中で、単勝期待値が高いと思われる馬」を発見した時だけ、馬券購入することになります。

単勝期待値が高い人気馬がいないレースは、すべて見送り。

これくらいの自制心がないと、リスクが高い三連単で、長期的に利益を出す事は難しいと思われます。


競馬で年間プラス収支を達成するために

競馬で勝ちたい人は、必ず見ておくべき。
 ↓↓
この馬券学校。