万馬券を取る方法

▼本日は、万馬券の当て方について、当研究所の見解を書いてみたいと思います。



▼競馬ファンの夢「万馬券

万馬券とは、オッズが100倍以上の的中馬券です。

100円が1万円以上になるので、お金がない人には、特に人気があるゾーンになります。



▼手元に数百円しかお金がない人は、500円を3倍にしたところで、1500円にしかならないので、そんなつまらない馬券は購入せず、万馬券を狙うわけです。

このように考える人が多いので、万馬券のゾーンは、過剰人気になりやすいゾーンでもあります。



万馬券を神格化している人が多いわけですが、万馬券なんぞ、「ただオッズが100倍以上ついている馬券」なのです。

オッズ100倍以上の馬券を当てたからといって、別にすごいわけでもないし、当てる方法はいくらでもあります。

例えば、「断然の1番人気馬に死角がある時に、2~3番人気馬から三連複ながし」

このようなシンプルな馬券構成でも、簡単に万馬券は当たります。



▼万馬券を当てるのは難しいと思いますか?

万馬券を当てるのを難しくしているのは、あなた自身なんです。

それはどういうことかというと、簡潔に言えば、「買い目点数が少なすぎる

ただそれだけです。



▼これは、極端に考えてみればわかります。

例えば、「荒れそうな混戦のレースで、三連複10頭ボックス」

このような買い方を仕掛けていけば、万馬券なんてゴロゴロ当たるわけです。



▼これが万馬券を当てるための、1つの方法論になります。

ただこの場合、当てることに特化させているので、回収率は無視しています。

三連複10頭ボックスの場合、買い目点数は120点にもなるので、120倍の万馬券を的中させても、手元の資金は増えません。



▼「それじゃあ意味がない!」と思いますか?

でも、まずこの部分から理解していくと、万馬券を簡単に的中できるようになるわけです。

ここまで書いてきたように、万馬券を当てるためには、荒れそうなレースで多点買いすればよい。

ただそれだけなのです。



▼では、なぜ多くの人は、万馬券を当てることができないのか?

これは、「大儲けしようとして、買い目点数を減らすから当たらない」のです。

先程は、三連複10頭ボックスの120点で万馬券を狙う方法を解説しましたが、多くの人は、もっと買い目点数を絞り込みます。

なぜなら、その方が一攫千金を狙えるから。



▼500円で万馬券を取れば、500円が1万円になり、利益は9500円です。

最初の資金が20倍になっています。

これが一攫千金の罠。

このような高回収率を求めるから、どんどん馬券が当たらなくなるわけです。

ごくたまに的中したとしても、二匹目のドジョウを狙う限り、的中した万馬券のお金は、いつの間にか消え去ってしまいます。


競馬の年間収支をプラスにするサイトを公開

▼競馬ファンの最終目標である「年間プラス収支」

これを達成するためには、馬券知識を身につけるしかない。

私が、年間プラス収支を達成できたのは、

やっぱり⇒『このユニークなサイト』で学んだからです。




コンスタントに万馬券が取れる買い方

▼万馬券の買い方についての考察を続けます。

先ほどの続き。

コンスタントに万馬券を当てるためには、「レース回収率」を適切にしなければならない。



▼先ほども書いた通り、レース回収率が20倍になるような、一発大逆転馬券では、ほとんど馬券は当たらず、どんどんお金が減ってしまいます。

なので、コンスタントに万馬券を的中させるためには、もっと合成オッズを下げなければならないわけです。



つまり、500円で1万円を狙うのではなく、3000円で1万円を狙う。

これだと、合成オッズは約20倍から、3~4倍に下がることになります。

合成オッズが下がれば、的中率は上がり、資金の減少幅も少なくなる。

つまり、大負けしにくくなるわけです。



▼このように書くと、「それじゃあつまらない!もっと一攫千金を狙わないと博打の意味がない!」と言う人もいます。

確かにそれもギャンブルの魅力なんですが、上述したような合成オッズ20倍の戦略では、あまりにも連敗期間が長くなってしまうんですね。

合成オッズ20倍だからと言って、20レースに1回当たる訳では無い。

確率というのは、常に誤差が出るので、合成オッズ20倍なら、100連敗くらいは当たり前なわけです。



▼100連敗は、キツイ。

500円馬券で万馬券を狙ったとしても、100連敗すれば、5万円も失うわけです。

1レースに500円しか賭けられない資金力の人が、5万円も失えば、競馬へのモチベーションは簡単に消えてしまうでしょう。



▼これが一攫千金の罠。

競馬では、一攫千金を狙うと連敗し、結果として、大金を失う傾向にあります。

もちろん、早い段階で的中することもあるんですが、それはたまたまの幸運。

同じ戦略で万馬券を狙い続ける限り、いつか必ず長い連敗に襲われます。

そして、上述したように、大きなお金を失ってしまうわけです。



▼私が当ブログで、ほとんど大穴狙いや特大の万馬券狙いを推奨しないのは、このような理由によります。

万馬券を狙うのは別に悪くない。

ただ、少ない資金で一攫千金を狙うのがよくないわけです。



▼▼では次に、実際に私が万馬券を当てたレースでの買い方を見てみましょう。

まず私が、G1で簡単に万馬券を取れたレースは、「2019年の有馬記念」です。



▼このレースは、アーモンドアイが断然人気。単勝1.5倍の支持を集めました。

しかしながら、熱発の影響や、初めての中山コース、初めての2500mなど、不安要素はたくさんあったわけです。



▼このようなレースでは、先ほど私が言ったように、「断然の1番人気馬に死角がある」わけです。

なのでここは、特に何も考えることもなく、「2番人気馬か3番人気馬からの流し」で、万馬券を狙えるわけです。



▼私の馬券構成は、三連複で、

軸 リスグラシュー(2番人気)
ヒモ 3.4.5.6.9.11番人気


このような15点買いでした。

このほかにも購入していますが、万馬券が引っかかったのは三連複なので、三連複で解説します。



▼まず、軸馬は、リスグラシューかサートゥルナーリア。

実績から考えると、リスグラシューが妥当。

ここが引退レースということで、仕上がり状態も絶好だったので、軸はリスグラシューにしました。で、これが1着。

ただ、結果的には、サートゥルナーリアが2着だったので、どちらが軸でも三連複の万馬券が的中していたことになります。



▼三連複15点で、107倍ですから、回収率は上々の結果でした。

1~3着馬は、2.3.4番人気馬で、非常に簡単な馬券。

なぜこれが万馬券になったのか?



それは、「多くの人が、アーモンドアイは鉄板だと思って、三連複を購入したから」です。

競馬は、競馬ファンがオッズを作ります。

なので、多くの人がアーモンドアイの馬券を購入すれば、アーモンドアイ以外の馬券は、配当が跳ね上がるわけです。



▼その結果、2019年の有馬記念は、2.3.4番人気という簡単な決着でありながら、三連複は万馬券になってしまったわけですね。

万馬券を取る方法としては、このような方法が最も簡単だと思います。

つまり、「断然の1番人気馬に死角があるレース」を探すわけですね。



▼多くの競馬ファンは、断然の1番人気馬から馬券を購入してしまう。

だから、的中しても配当が全然つかないし、断然の1番人気馬だからといって、的中率がめちゃくちゃ上がるわけでもないんです。

これが「馬券期待値」という考え方で、多くの競馬ファンの「逆の道」を行くことが、万馬券への道になります。

「アーモンドアイから薄目に流す」より「アーモンドアイを切る」方が、簡単に万馬券が獲れるわけです。

競馬で年間プラス収支を達成するために

競馬で勝ちたい人は、必ず見ておくべき。
 ↓↓
この馬券学校。