仮柵とは?狙い目は?

▼本日は、仮柵・グリーンベルトについて、当研究所の見解を書いてみたいと思います。



▼中央競馬の芝コースには、仮柵が設置されることがあります。

仮柵とは、内側の芝を保護するための、仮設の柵ですね。

読み方は「かりさく」です。



▼中央競馬の芝のレースでは、インコースを走った方が最短距離になるため、芝の内側に馬が集まることになります。

そのため、芝コースはインコースから荒れていく。

開催が進むにつれて、内側の馬場は、どんどんボロボロになっていくわけです。



▼これを放置すると、内枠の馬には極端に不利な状況になってしまいます。

JRAは、公正競馬の確保のため、できるだけ不公平な馬場は避けたい。

そのために、仮柵を設置して、インコースを保護するわけですね。



▼そして、仮柵によって保護された部分を、また利用する時が来る。

いわゆる、「Aコース替わり」ですね。

ここまで、インコースは保護されていたので、今度はインコースだけがきれいな馬場状態になります。



▼これが、「グリーンベルト

仮柵を外すことによって、最内の数メートルだけが走りやすい状態になる。

インコースだけが、緑の芝がきれいなので、グリーンベルトと言います。



▼このグリーンベルトの部分だけ、芝が走りやすい状態なので、グリーンベルトが発生している時は、内枠の馬が圧倒的に有利になるケースがあります。

近年は、JRAの馬場造園課の技術が高まっており、極端なグリーンベルトは減少している印象ですが、それでもたまに、「内側しか伸びない芝」という状態になることがあります。



なので、グリーンベルトがある場合は、「内枠の馬」と「逃げ・先行馬」を狙っていくのが基本になります。

逃げ・先行馬は、外枠からでも先行して、インコースをキープすることができるため。

極端なグリーンベルトが発生している時は、内枠の馬と、逃げ馬・先行馬ばかりが来るケースもあります。



仮柵を外して、グリーンベルトが予想される時は、「内枠の人気馬」か「人気の逃げ馬・先行馬」を軸馬にすると、的中率と回収率を底上げすることができます。

もちろん、ヒモ馬で内枠や逃げ先行を狙ってもいいんですが、明らかに効果が実感できるのは、軸馬を決める場合ですね。

軸馬には、馬場状態がマッチした馬を選ぶことで、驚くほど的中率と回収率が上がってくるものです。



▼「Aコース戻り」の時に、自分の狙う軸馬が、外枠の差し馬だったら、そのレースは見送るか、内枠の先行馬を軸馬に切り替えることが重要です。

現代競馬は、各馬の能力差が縮まっており、馬場状態によって着順が大きく変わります。

ですので、仮柵やグリーンベルトの影響も加味しつつ、馬券を構成していくと、利益を出しやすくなります。


競馬の年間収支をプラスにするサイトを公開

▼競馬ファンの最終目標である「年間プラス収支」

これを達成するためには、馬券知識を身につけるしかない。

私が、年間プラス収支を達成できたのは、

やっぱり⇒『このユニークなサイト』で学んだからです。




仮柵やグリーンベルトの狙い方と買い方

▼コース替わりについての考察を続けます。

ここまでをまとめると、「Aコース替わりでは、芝の内側にグリーンベルトが出現することがあり、その時は、内枠の馬や逃げ馬・先行馬の天国になる

という感じになります。



▼それでは、グリーンベルトが出現しているかどうかをチェックするにはどうすればいいか?

これは私の場合はシンプルで、

「自分が勝負する前のレースを見る」

「日曜日に勝負するなら、土曜日のレースを見る」


これだけです。



▼JRAのサイトで、仮柵や芝の長さの情報が発表されていますが、それだけで馬場状態を正確に判断するのは難しいです。

一番確実なのは、実際にレースを見て、内側の馬が伸びているかどうかをチェックするのがよい。

当然ですが、芝のレースだけをチェックします。

芝のレースで勝負するのに、ダートのレースを見ても意味がないです。



自分がメインレースの第11レースで勝負するなら、第1レース~第10レースまでの芝のレースをチェックしておくこと。

これは仮柵に関係なく、重要な作業になります。

「今日の馬場は、どこが伸びるのか?」「先行馬有利か?差し馬有利か?」

このような観点で、馬券は購入せずに、ひたすらレースを見ます。

この地味な作業が、自分が購入するレースでの的中率を上げてくれるわけです。



▼あるいは、土曜日のレースを見て、日曜日のレースで勝負するというやり方もあります。

私の周りのセミプロ馬券師は、このやり方で勝っている人も多いです。

土曜日に馬場状態を判断して、日曜日は朝から勝負。

この方法だと、日曜日の第1レースから勝負していくことができるので、機会損失を最小限に抑えることができます。



▼コース替わりの時は、やっぱりしっかりとレースを見て、馬場状態を判断することが大切ですね。

グリーンベルトは、自分でレースを見ないとわからないケースが多いです。

なんとなくレースを見ているだけでも、「明らかに内側が伸びている」というのはわかるわけです。

なのでまずは、「レースを見る」ということを習慣づける事をお勧めしたいと思います。

競馬で年間プラス収支を達成するために

競馬で勝ちたい人は、必ず見ておくべき。
 ↓↓
この馬券学校。