競馬は勝てるのか?

▼本日は、競馬は勝てるか?について、当研究所の見解を書いてみたいと思います。



▼「競馬は所詮、全員負けるギャンブルだ!胴元のJRAしか儲からないんだ!

このような声を、もう数え切れないほど聞いてきました。

このような発言をする人は、その全てが、馬券の負け組の人々です。



▼競馬の負け組は、勝ち組を見たことがないので、競馬をやる人はみんな負けていると思っています。

しかしながら、競馬では毎年コンスタントにプラス収支を計上している人たちが、確実に存在しています。



▼勝ち組の比率は、私の感覚では、大体3~5%くらいでしょうか。

競馬をやる人は、そのほとんどが適当なギャンブルとして遊んでいるので、ほとんどの人は負け組になります。

競馬で負け組が多いのは、ほとんどの人が真剣に馬券と向き合っていないからです。



▼では、競馬というゲームは勝てるのか?

この答えについては、先ほども少し書きましたが、「競馬は勝てるゲームである」と言えます。

ただしこれには、いくつかの条件があります。



▼まず、最も重要なポイントとして、「長期目線で考える」というものがあります。

競馬には勝ち組が存在していますが、すべてのレースを当てているわけではない。

競馬に勝ち組がいると聞くと、「狙ったレースをズバリ的中させることができる人々」というイメージを持つかもしれませんが、これは全然違います。



▼競馬の勝ち組でも、平均的中率は、おそらく20~30%くらいだと思われます。

私自身も、年間プラス収支が続いていますが、的中率は25%前後です。

4レース購入したら、3回くらいは外すわけです。



▼なぜ、勝ち組なのに、的中率が低いのか?

これは、競馬においては、的中率を上げれば上げるほど、回収率が上がりにくくなるからです。

結局、競馬で勝ち組になるためには、回収率を100%以上にしなければならない。

そのためには、的中率を犠牲にする必要があるわけです。



▼例えば、「的中率70%!回収率500%!」みたいな悪徳サイトの宣伝がありますが、これは、長期的にはあり得ない数字になります。

なので、このような宣伝をしているサイトは、悪徳サイトであると言えます。

ただ、数レース単位などの短期決戦においては、「的中率70%!回収率500%!」もあり得るわけですが、長期的にはどんどん下がっていきます。



▼競馬で勝つためには、まず「目標とする的中率と回収率」を設定するのが良いです。

私の場合は、「的中率30%・回収率120%」これくらいを目標にしています。

これ以上の数字を出すのは、かなり厳しいと思われます。

上述したように、短期的には可能ですが、年間単位で見ると、これ以上の成績を出すのはちょっと無理かなという感じです。


競馬の年間収支をプラスにするサイトを公開

▼競馬ファンの最終目標である「年間プラス収支」

これを達成するためには、馬券知識を身につけるしかない。

私が、年間プラス収支を達成できたのは、

やっぱり⇒『このユニークなサイト』で学んだからです。




競馬歴が長いと勝てるのか?

▼馬券で勝てる人の傾向についての考察を続けます。

では次に、「競馬は、どれくらいの期間で勝てるようになるのか?」について。

これはまさに、人それぞれになります。

勝てる人は、競馬を始めたその年から、いきなりプラス収支になる人もいます。



▼一方で、競馬歴50年になっても、一度も年間プラス収支を経験したことがない人もたくさんいます。

この違いは何なのか?

それは、「正しい馬券知識を身につけているか否か」です。



▼当ブログでは過去にも書いていますが、競馬で勝つためには、競馬の知識は必要ない。

競馬の知識は必要ないけれども、ギャンブルの知識は必須なんです。

なので、パチプロなど、別のギャンブルで勝っていた人というのは、ギャンブルの基礎知識が身に付いているので、競馬でも勝ちやすいと言えます。



▼従って、競馬で勝てるようになるまでの期間は、ギャンブルの基礎知識を身につけるまでの期間と言えます。

ギャンブルの基礎知識の勉強は、要点を絞って勉強すれば、それほど難しくはありません。

数ヶ月くらいの時間があれば、十分、身につけることができます。



▼なので、競馬で勝てるようになるまでの時間は、最短で3か月くらいでしょうか。あくまで最短ですが。

その一方で、ギャンブルの知識を勉強せず、ただなんとなく競馬というギャンブルを楽しんでいるだけでは、何十年競馬を続けても、勝ち組にはなれないと思います。



▼私の周りを見ると、真剣に勉強している人は平均すると、3年くらいで年間プラス収支に届いている印象です。

競馬の技術というのは、自転車などと同じで、一度身に付ければ一生忘れる事はありません。

なので、一回でも年間プラス収支を経験すれば、あとは競馬で大きく負けるというケースは少ないと思われます。



▼いつも書いていますが、結局のところ、競馬で勝つという事は、期待値が高い馬券を購入するということです。

そのために合成オッズを調整したり、回収率の高い軸馬を探したりするわけです。

まずは基本に忠実に、自分の馬券戦略を構築していくことが、勝ち組への第一歩になります。

競馬で年間プラス収支を達成するために

競馬で勝ちたい人は、必ず見ておくべき。
 ↓↓
この馬券学校。