休み明けの狙い方

▼本日は、休養明けの馬の買い方について、当研究所の見解を書いてみたいと思います。



▼競走馬は、常に走り続けているわけではなく、疲労が溜まると放牧に出され、疲れを抜きます。

そして、放牧から戻ってきたばかりの馬を、「休み明け」と言います。



▼休み明けの馬は、基本的には不利と考えられます。

人間と同じで、馬も長い間休むと、体が休息モードになってしまい、全力で走ることができないからです。



▼ただ、この傾向は、近年になってかなり変わってきました。

一昔前は、休み明けというだけで切ることができたりしたわけですが、最近は、使われている馬よりも、休み明けの馬の方がよく走ったりします。



▼これは、調教技術の発達や、牧場でのトレーニング設備の充実が、一因となっています。

外厩と呼ばれるノーザンファームの設備は、もはやトレーニングセンターを越えるほどの影響力を持ちます。



▼さて、それでは、休み明けの馬はどのように扱えばいいのか?

具体的なデータを見てみましょう

(重賞レース。2015~2019年)

はい。
まずは、このような基礎データになります。



▼このデータを見たところ、レース間隔25週までは、間隔が開けば開くほど、連対率が高くなっているのがわかります。

このことから、近年の競馬(重賞)は、レース間隔半年までなら、あまり気にしなくてもよいということになります。



▼ただ、レース間隔が半年以上になると、連対率が急に下がります。

調教技術が発達したとは言え、さすがに半年以上も間隔が開いてしまうと、馬がレース感覚を取り戻せないケースが多いようです。



▼近年の競馬は、特に重賞レースになると、超ハイレベルな争いが繰り広げられています。

それは、「走破時計」を見ても明らかです。

高速馬場の影響により、レコードタイムが連発し、馬には負担がかかるレースが続いています。

その結果、あまりレース間隔を短くしてしまうと、疲労が抜けず、逆にポテンシャルを発揮できなくなるわけです。



▼したがって現代競馬では、適度にレース間隔を開けて、ゆったりとしたローテーションで参戦していく馬が、活躍する傾向にあります。

これはクラシックロードでも同じで、「皐月賞直行」とか「秋華賞直行」といったローテーションは、今では当たり前になりました。



▼なので、現代競馬では、休み明けはそれほど気にしなくても良いかと思います。

重賞レースで最も連対率が高いのは、「レース間隔10~25週」です。

なので、重賞レースで軸馬を決める場合は、レース間隔が2か月から6か月くらいの馬を選んでいくと、的中率が上がりやすくなるわけです。


競馬の年間収支をプラスにするサイトを公開

▼競馬ファンの最終目標である「年間プラス収支」

これを達成するためには、馬券知識を身につけるしかない。

私が、年間プラス収支を達成できたのは、

やっぱり⇒『このユニークなサイト』で学んだからです。




休み明けの回収率・データ傾向

▼休み明けの買い方についての考察を続けます。

ここまでをまとめると、「現代競馬では、休み明けは不利ではない。レース間隔6か月までなら、普通に狙っていける」という感じになります。



▼では次に、回収率について考えてみましょう。

先程のデータを分析してみると、どのレース間隔データを見ても、単勝回収率は同じくらいになっているのが分かります。



▼連対率は、レース間隔が空いた方が高くなるんですが、回収率はどこを取っても同じくらいになる。

これは、重賞レースの場合、実績のある有力馬が、休み明けで出てくるケースが多いからです。

つまり、重賞レースでは、休み明けの馬の方が強い馬が多く、人気になるわけです。

人気になれば、必然的に連対率も高くなります。



▼単勝回収率という観点から考えると、レース間隔だけでは、儲かる馬を探すのは難しいです。

先程のデータからもわかるように、どのレース間隔を見ても、単勝回収率は同じくらいだからです。



▼ですので、ここからさらに深堀りしてデータ分析してみます。

例えば、「レース間隔5~9週」で見てみましょう。


・2番人気⇒単勝回収率90%
・3番人気⇒単勝回収率117%



はい。
ここは狙い目になります。

レース間隔5~9週という、適度なローテーションで2~3番人気なら、単勝回収率は90%以上。

なので、重賞レースで2~3番人気馬が、レース間隔5~9週なら、軸馬として狙って行けることになります。



▼私の感覚では、レース間隔5~9週は、ベストに近いローテーションと感じます。

調教技術が発達したとは言え、3か月以上も間隔が開いてしまうと、どうしても馬の気合いのノリが悪くなるからです。



▼なので、「1番人気を倒せるとしたら、レース間隔5~9週の2~3番人気」というルールは、意外と使える印象。

特に、1番人気が断然人気の場合、2~3番人気からの馬券の期待値が上がるので、回収率が高めやすいんですね。



▼レース間隔5~9週は、2~3番人気に限らず、全体的に単勝回収率が高くなりやすいです。

例えば、「レース間隔5~9週で、5~8番人気」の場合、単勝回収率85%と、ヒモ馬として狙うことで、回収率が高めやすい数字になっています。

競馬で年間プラス収支を達成するために

競馬で勝ちたい人は、必ず見ておくべき。
 ↓↓
この馬券学校。