馬券は何点買うか?

▼本日は、馬券は何点買うのが良いかについて、当研究所の見解を書いてみたいと思います。



馬券は、多点買いが基本です。

1点勝負することもありますが、ほとんどの人は多点買いしていると思います。



▼その理由の1つとして、売られている馬券が、より難しい方向にシフトしているというものがあります。

要するに、三連単や三連複が出てきたから、多点買いせざるを得ないわけですね。

三連単を1点勝負しても、ほとんど当たらないからです。



馬券の場合、買い目点数を減らせば良いというものではなく、最適な的中率にしないと、効率よく利益を積み重ねることができません。

的中率が低すぎるということは、連敗期間がものすごく長くなるということであり、連敗期間が長いと資金が大きく目減りしてしまいます。



▼なので、「的中率を最適に保つために、多点買いする」というイメージですね。

馬券では、買い目点数を増やせば増やすほど、的中率が上がっていくからです。



▼しかしながら、買い目点数を増やせば良いというものでもない。

買い目点数を増やしすぎると、的中率は上がりますが、今度は回収率が下がってしまうからです。



▼合成オッズという概念がありますが、最適な買い目点数にしないと、合成オッズが下がって、回収率も下がるわけです。

競馬で勝つために重要なのは、この的中率と回収率のバランス。

どちらに偏っても、利益を出しにくくなります。



▼競馬で負ける人の特徴として、この偏りがあるわけです。

つまり、買い目点数が多すぎるとか、買い目点数が少なすぎる人が多いわけ。

極端なんですね。



▼資金力がなく、一攫千金を求めている人は、買い目点数が少なすぎる傾向にある。

逆に、とにかく馬券を当てたい人は、買い目点数が多すぎる傾向にある。

これはどちらもダメです。



▼では、馬券は何点買うのが良いのか?

これは馬券種によって大きく違ってくるんですが、私がよくやる買い方の買い目点数は、こんな感じ↓


・単勝なら、1~2点買い

・複勝なら、1点買い

・馬連なら、5点買い

・ワイドなら、1~6点買い

・馬単なら、7点買い

・三連複なら、15点買い

・三連単なら、42点買い



はい。
これはあくまでも私の馬券構成ですが、これくらいの買い目点数になることが多いです。



▼難しい馬券ほど、買い目点数が増えているのが分かると思います。

難しい馬券、すなわち総買い目点数が多い馬券種では、購入する買い目点数を増やすことによって、合成オッズのバランスをとるわけですね。


競馬の年間収支をプラスにするサイトを公開

▼競馬ファンの最終目標である「年間プラス収支」

これを達成するためには、馬券知識を身につけるしかない。

私が、年間プラス収支を達成できたのは、

やっぱり⇒『このユニークなサイト』で学んだからです。




狙うオッズによっても、最適な買い目点数が変わる

▼馬券は何点買うのが良いか?についての考察を続けます。

先ほどは、馬券種ごとの買い目点数について考察しました。

ここでは、狙う人気ゾーンについても考えてみたいと思います。



同じ馬券種であっても、狙うオッズゾーンによって、買い目点数は大きく違ってきます。

例えば、三連複では15点買いくらいにすることが多い私ですが、本命サイドを狙う場合と、大穴サイドを狙う場合では、買い目点数は全く違います。



▼簡単に言えば、本命サイドになればなるほど、買い目点数を減らさなければならない。

本命サイドというのは、オッズの絶対値が小さいので、あまり多点買いすると合成オッズが下がってしまい、回収できなくなるからです。



▼普段からよく馬券を購入する人なら、このことは感覚的になんとなくわかると思います。

本命サイドの馬券を狙う時は、出来るだけ買い目点数を絞ることが多いですよね?

そうしないと、的中したときに、回収率が低くなってしまうから。



▼逆に、大穴サイドを狙う時は、手広く狙うことが多いハズ。

これは、大穴サイドならオッズの数値が大きくなるので、多点買いしても回収できるからです。



▼例えば、

A.10倍
B.12倍
C.14倍

↑このような三連複3点買いをするのと、


D.100倍
E.120倍
F.140倍

↑このような三連複3点買いをするのとでは、全く意味が違いますよね。

同じ馬券種で、同じ3点買いなのに、狙うオッズゾーンによって、その意味は全然違ってくるわけです。



上記の例の場合、D~Fの三連複は、もっともっと買い目点数を増やしてもいいわけです。

万馬券狙いになるので、3点買いではなく、30点くらいは購入しても良い。

むしろそうしないと、的中率のバランスが取れないので、全く当たらない馬券を購入することになってしまいます。



▼このように考えていくと、馬券は何点買うのが良いかがわかってくると思います。

最も買い目点数を増やすことができるのは、「三連単の大穴狙い」ということになります。



▼逆に、最も買い目件数を減らさなければならないのは、「複勝馬券の本命サイド狙い」ですね。

この場合は、1点勝負が基本になります。

というか、複勝馬券の本命サイド狙いでは、2点以上購入するとトリガミになるので、必ず1点買いになるわけです。



▼▼したがって、「馬券は何点買うのが良いのか?」を考える場合は、「馬券種」と「狙う人気」から判断することになるわけです。

この部分をめんどくさがって、「常に馬連5点で勝負だ!」というタイプが非常に多い。

でも、ここまで書いてきた通り、最適な買い目点数というのは、馬券種と人気に左右されるので、無理やり固定してしまうと、的中率も回収率もバラバラになってしまうわけです。



▼なので、馬券を何点買うか?よりも先に、決めなければならないことがあります。

①どの馬券種で勝負するか?
②どのくらいの人気ゾーンを狙うか?
③どのレースを選ぶか?


この3つですね。



▼多くの人は、順番が逆になってしまっている。

どういうことかというと、まず先にレースがあって、そこに無理矢理、買い方を当てはめていく人が多いわけです。

例えば、「明日は日本ダービーだ!うーん。1番人気が強いから、1番人気から馬連5点流しにしよう!」

このようなアプローチ手法ですね。

多くの人は、このような競馬予想をしますが、これだと負ける確率が高くなります。



▼なぜかというと、順番が逆だからです。

先にレースがあって、そのレースに合った戦略を探すというスタンスは、上級者向けなんですね。

中央競馬のレースは、それぞれ多種多様なレース条件があり、そこに臨機応変に馬券戦略を合わせていくというのは、非常に難しいわけです。



▼しかし、多くの人はこれをやってしまう。

なぜやってしまうかというと、「その週で、一番大きなレースを購入したいから」です。

つまり多くの人は、その週の重賞レースを中心に馬券購入するからです。



▼だから、まず最初に「その週の重賞レース」があって、そこからどうやって馬券購入するかを考えてしまっている。

このような逆の順番にするから、馬券が当たらなくなるし、馬券を何点買えばいいかどうかもわからなくなるわけです。



▼競馬で勝つためには、重賞レースだけにこだわらない方が良い。

中央競馬には、1日24~36レースもあるわけです。

ここから、自分が勝てそうなレースを選べば良い。



▼なので順番としては、先ほども書いた通り、まず馬券種を決める。

私の場合は、三連複が多いです。

三連複で行くと決めたなら、次は本命サイド・中穴・大穴のどこを狙うかを決める。

私の場合は、中穴が多いです。

だから私は、三連複で15点買いくらいの購入になるわけですね。


競馬で年間プラス収支を達成するために

競馬で勝ちたい人は、必ず見ておくべき。
 ↓↓
この馬券学校。