1点買いで勝つ方法

▼本日は、馬券の1点買いについて、当研究所の見解を書いてみたいと思います。



競馬における1点買いは、最も無駄の少ない買い方の1つです。

ボックス買いや流し馬券だと、どうしても無駄な馬券が紛れ込んでしまうので、回収率が下がりやすくなります。

その点で、1点買いというのは、無駄な馬券をカットして、回収率を上げるのに有効な戦略になります。



▼1点買いを考える上で、まず重要なポイントは、「馬券種

どの馬券種をチョイスするかによって、1点買いの精度が大きく違ってくる。



▼次に重要なポイントは、「狙うオッズ

本命サイドを狙うのか、大穴サイドを狙うのかによって、的中率は天と地ほど違います。



▼以上のようなことを勘案した上で、私がよくやる1点買いの買い方を記載してみます↓


・単勝1点買い。オッズ2~10倍

・複勝1点買い。オッズ2~5倍

・馬連1点買い。オッズ5~15倍

・ワイド1点買い。オッズ2~10倍

・三連複1点買い。オッズ10~20倍



はい。
私が1点買いでプラス収支にしている買い方は、このような感じです。



▼さすがに、三連単の1点買いは、ほとんどやりませんね。

三連単1点だと、的中したときの破壊力はかなりのものですが、的中率が極端に下がるので、投資効率が悪いです。

なので、1点買いで狙う場合は、上記のような馬券種を使うことが多いわけです。



▼まず、単勝1点買い

1点買いでは、これが最もオーソドックスかと。

狙うオッズゾーンは、2~10倍くらい。

人気で言えば、1~5番人気くらいを、1点で狙うイメージですね。



▼単勝馬券の場合、還元率が80%と高いので、1点買いにすると非常に回収率が上げやすいです。

この場合は、当然ですが、データ分析から単勝期待値が高い馬をあぶり出し、ピンポイントで狙います。



単勝の1点買いのメリットは、期待値が高い馬を探しやすいことですね。

単純に、単勝回収率だけを考えればいいので、データ分析する場合でも、非常にシンプルに探すことができます。



▼ちなみに私は、「単勝1倍台の断然人気の馬」の単勝は、あまり狙うことはないです。

単勝1.5倍など、極端に断然人気になっている馬の場合、仮に期待値が高い馬だったとしても、単勝ではなかなかプラス収支まで持っていくのが大変だからです。

オッズ2倍くらいあれば、プラス収支まで持って行けますが、1倍台だとなかなか厳しいですね。

この場合は、単勝馬券よりも、馬単の1着固定で1点勝負にします。

これなら、単勝で狙うよりオッズも高くなるので、プラス収支が期待できるからです。


競馬の年間収支をプラスにするサイトを公開

▼競馬ファンの最終目標である「年間プラス収支」

これを達成するためには、馬券知識を身につけるしかない。

私が、年間プラス収支を達成できたのは、

やっぱり⇒『このユニークなサイト』で学んだからです。




複勝1点買いと、三連複1点買いのコツ

▼競馬の1点買いで勝つ方法についての考察を続けます。

先ほどの続き。

ここでは、複勝1点買いについて考えてみます。



▼複勝の1点買いで狙うのは、オッズ2~5倍くらい。

私は、中穴馬を狙うことが多いですね。

これはなぜかというと、先程の単勝の時と同じなんですが、オッズ1倍台では、なかなか回収率がプラスにならないからです。



▼なので、複勝1倍台で期待値が高い馬がいるときは、複勝馬券ではなく、三連複の軸にします。

その1頭が鉄板だとすれば、あとは2頭選ぶだけなので、予想もシンプルになります。

私の三連複の1点買いは、このような狙い方をするケースが多いです。



▼三連複を1点で狙う場合は、オッズ10~20倍くらい。

これはつまり、本命サイドになります。

三連複を1点で穴狙いすると、大きく的中率が下がってしまい、資金の回転効率が非常に悪くなってしまうからです。



▼具体的なケーススタディについても考えてみます。

例えば、2019年の青葉賞。

私はここで、複勝1点買いをしています。

厳密に言えば、他の馬券も購入していますが、1点買いは別枠で購入していました。



▼複勝を1点買ったのは、5番人気のリオンリオン。

確定オッズは、複勝270円でした。

リオンリオンは先行馬で、東京2400mで絶対有利の内枠。

期待値的には文句なしで、5番人気なら複勝でも十分勝負できると考えました。



▼ちなみにこのレース、もし三連複で勝負するとしたら、リオンリオンとランフォザローゼスの軸2頭。

どちらも絶好の内枠で、期待値が高かった。

相手ヒモ馬には、単純に2~3番人気をセットして、三連複2点買いで簡単に5490円が的中することになります。



▼ランフォザローゼスの単勝1点(オッズ330円)というのも狙い目でしたが、結果的にはハナ差の2着だったので、リオンリオンの複勝1点で良かった感じ。

この青葉賞は、レース条件とメンバーの能力バランスから、大荒れにはなりにくいレースでした。

比較的、本命サイドで決まると判断した場合、1点買いや2点買いが威力を発揮する。

逆に、荒れそうなレースというのは、多点買いで回収率が上がりやすくなるわけです。



▼▼では次に、「馬連の1点買い」について。

馬連の1点勝負の場合、狙うオッズは5~15倍あたりになります。

馬連でも、ここまで書いてきた通り、1倍台は避けた方が良いです。



▼馬券において、1倍台のオッズというのは、長期回収率が100%を超えにくいわけです。

もちろん、オッズ1.2倍でも、単発の1レース勝負ならプラスになります。

しかし、私たちは継続的に馬券を購入するわけで、1レースの回収率は問題ではありません。



▼大切なのは、長期回収率がプラスになるように馬券購入すること。

私の目標は常に、「年間プラス収支」です。

年間の馬券収支をプラスにしている競馬ファンは、ほとんどいないと思います。

これがいわゆる競馬の勝ち組、という感じになってくると思います。



▼競馬の1点買いで勝つ方法についての話に戻りましょう。

上述した通り、馬券においては、最低でもオッズ2倍は欲しいところ。

それは、長期回収率をプラスにするためには、オッズが2倍以上ないと、厳しいからです。



▼馬券の控除率は、平均で25%です。

この25%を上回る成績を上げないと、馬券収支はプラスになりません。

控除率の25%を上回るためには、オッズが歪んでいる部分を狙わなければならない。

オッズが歪んでいる部分というのは、オッズが間違っている部分ですね。



▼例えば、単勝1点勝負で、オッズ2倍の馬がいるとする。

このオッズ2倍の馬でも、期待値が高い馬と、期待値が低い馬がいるわけです。



▼例えば、このような感じになります↓


①単勝オッズ2倍で、推定勝率55%(プラスになる馬)

②単勝オッズ2倍で、推定勝率35%(マイナスになる馬)



はい。
オッズ2倍なら、プラス収支にするためには、推定勝率50%超が必要になるわけです。

なのでこの場合、①が期待値が高い馬で、②は期待値の低い馬になります。



▼これがオッズの歪みですね。

同じ2倍というオッズなのに、勝率が全然違うわけです。

このような現象は、競馬では頻繁に起こります。



▼オッズは競馬ファンが作るものであり、競馬ファンの投票は、競馬新聞によって作られます。

競馬新聞は、競馬記者さんの印によって作られています。

競馬記者さんも人間なので、確実に能力どおりの評価ができるわけでは無い。

したがって、人間が作るものである以上、そこに歪みが発生するわけですね。



▼このようなオッズの歪みを突いて利益を出すのが、競馬というゲームです。

そして、オッズの歪みは、1点勝負の時に発見しやすいわけです。

先程の単勝2倍の例でも、1点勝負だと理解しやすかったと思います。

その点でも、競馬の1点買いは、勝ち組になりやすい買い方と言えます。


競馬で年間プラス収支を達成するために

競馬で勝ちたい人は、必ず見ておくべき。
 ↓↓
この馬券学校。