強い馬の特徴

▼本日は、強い馬の傾向・走る馬の見分け方について、当研究所の見解を書いてみたいと思います。



▼競馬では、強い馬から弱い馬まで、いろいろなサラブレッドがいますが、強くなる馬には共通の条件があるものです。

強い馬の特徴を、私の感覚で列挙してみます↓


・馬格がある(馬体重が重い)

・着差をつけて勝っている

・上がり3ハロンが速い

・先行力がある

・デビュー戦で圧勝している

・外国人騎手に依頼している

・展開が向かなくても勝つ

・常に断然人気になる



はい。
あくまでも私のフィーリングですが、このような条件にマッチする馬は、強い馬になるケースが多い印象です。



▼まず、「馬格がある馬

これは盲点になりやすい部分ですが、意外と重要です。

競馬は、全馬が一緒に走る競争なので、お互いに体がぶつかり合うこともよくあります。

そのような激しいレースになったときに、体が小さい馬、馬格がない馬というのは、非常に不利なわけです。



▼このことは、データ分析して、回収率を出してみても分かります。

例えば、過去3年のG1レース。

出走馬の馬体重をチェックしてみると、


・459キロ以下⇒ 単勝回収率27%・複勝回収率58%

・540キロ以上⇒ 単勝回収率77%・複勝回収率90%



このような感じで、明らかに差があるわけです。



▼競馬の場合、ボクシングや柔道のように、体重別の対決ではありません。

体が大きい馬も、体が小さい馬も、みんな一緒に走るわけです。

という事は、基本的には体が大きい方が絶対に有利なんですね。



▼小回りコースなどでは、体が小さい馬の機動性が武器になることもありますが、基本的には、体が小さい馬は不利に働くことが多いわけです。

つまり、馬格というのは、その馬の将来性をある程度決めてしまうとも言える。



▼ディープインパクト・ステイゴールド・ドリームジャーニーなど、体が小さくても活躍した馬はいますが、それはあくまでも例外。

基本的には、強くなる馬というのは、500キロ前後の馬体重があるものです。


競馬の年間収支をプラスにするサイトを公開

▼競馬ファンの最終目標である「年間プラス収支」

これを達成するためには、馬券知識を身につけるしかない。

私が、年間プラス収支を達成できたのは、

やっぱり⇒『このユニークなサイト』で学んだからです。




将来性がある馬の見極め方

▼強い馬の特徴についての考察を続けます。

次に注目したいのは、「着差をつけて勝っている馬

競走馬というのは、勝つことによってランクアップしていきます。

新馬⇒500万⇒1000万⇒1600万⇒オープン

という感じですね。

今は呼び名が変わり、「1勝クラス⇒2勝クラス⇒3勝クラス⇒オープン」

ですね。



▼そして、この時の「勝ち上がり方」が、そのまま馬のポテンシャルを測定するのに、役立つ部分だったりするわけです。

競走馬は勝てば良いので、ギリギリで勝ってもいいし、圧勝してもいい。

どちらも同じ勝ち上がりですが、将来性は違ってくるわけです。



▼当たり前ですが、圧勝している馬というのは、他の馬とはポテンシャルが違うケースが多い。

潜在能力が高いから、着差をつけて勝つことができるわけですね。

だから、ぶっちぎりで勝つ馬というのは、やはり強い馬であるケースが多いわけです。



▼具体的に言えば、タイム差で「0.2秒差以上」をつけて勝つ馬は、能力が高いケースが多いですね。

これは、芝とダートで微妙に違ってきます。

芝レースの場合は、上述の通り0.2秒差以上。

ダートレースの場合は、0.3秒差以上くらいかな。



▼その馬の、過去のレースをチェックしてみて、圧勝が多い馬というのは、強い馬の条件を満たしている。

なので、そのような馬を覚えておいて、人気落ちの時に狙っていくと、回収率が上がりやすくなるわけです。

競馬の基本は、レース選びですが、このような「ポテンシャルの高い馬を覚えておく」ことでも、回収率を上げることが可能です。



尚、ぶっちぎりで勝ってきた馬を買えば、儲かるというわけではないです。

ここが競馬の難しい部分ですが、着差をつけて勝った馬は、確かに潜在能力が高い。強い馬です。

しかし、圧勝した馬を買えば、馬券で利益が出ると言うわけではないんですよ。



▼なぜかというと、圧勝してきた馬は、競馬新聞でも目立つので、競馬ファンが馬券を購入しやすいからです。

つまり、着差をつけて勝った馬というのは、過剰人気になりやすいわけです。

馬券で利益を出すためには、過剰人気になっている馬を「避ける」必要がある。

そして逆に、過小評価されている馬を狙うことで、馬券は利益が出るわけです。



▼そう考えると、前走で圧勝した馬。

このようなタイプは、むしろ儲からない馬になってしまうケースもあるわけです。

競馬は、前走成績だけが予想ファクターではないので、一概に言う事は出来ないんですが、とにかく前走で圧勝した馬は過剰人気になりやすく、あまり儲からないケースがあるということを覚えておいてください。

ただ上述した通り、圧勝した馬というのはポテンシャルが高いので、それを覚えておいて、人気が落ちたときに狙うというのは非常に有効になります。



▼では次に、「上がり3ハロンが速い馬

競馬では、最後の600mを、上がり3ハロンと言います。

1ハロンが200mなので、3ハロンで600mですね。



▼この最後の600mの走破時計が速い馬は、決め手がある、末脚が鋭い、ということになります。

競馬では、「切れる脚」を持つ馬は勝ちやすく、強い馬の条件の1つになります。



▼逆に、「ジリ脚」と呼ばれる、切れない馬もいる。

このようなタイプは、善戦マンとして人気になることもありますが、なかなか勝ちきれず、回収率を上げにくいタイプでもあります。



▼上がり3ハロンは、「32秒台」ならかなり速いと言えますが、馬場状態やコースによっても違ってくるので、単純に上がり3ハロンのタイムだけ見ても使えないケースが多いです。

例えば、新潟競馬場などでは、どの馬も速いタイムが出てしまうので、あまりアテにならないわけです。



▼なので、上がり3ハロンをチェックする場合は、あくまでもそのレースに出走した他の馬との比較をする必要があります。

全馬が速い上がりを計測しているレースの場合は、あまり価値がない。

逆に、その馬だけが突出した上がりを記録した場合は、非常に価値が高く、次のレースでも狙っていくことができるわけです。



▼上がり3ハロンは、レースの最後の600mのタイムなので、道中で後方に待機していた馬は、上がり3ハロンが速くなりやすいです。

極端な話、道中で最後方にいれば、上がり3ハロンが最速になりやすいわけですね。



▼なので、上がりのタイムを見るときは、単純に上がり3ハロンのタイムだけを見るのではなく、「道中の位置取り」と併せてチェックしていくことが重要です。

そのような観点で考えると、最も強い馬というのは、「逃げて上がり最速」という馬ですね。

道中で先頭を走り、最後の600メートルでも最速のタイムで走る馬は、ほぼ100%勝つからです。

これは極端な例ですが、これが上がり3ハロンを活用する1つのポイントになります。



▼つまり、ある程度先行しながら、なおかつ上がりが最速。

このようなタイプの馬が、最も強い馬の条件を満たしていると言えます。

道中で後方から進めば、最後の上りタイムが速くなるのは当然。

しかし道中である程度、前目につけて、それでも上がり3ハロンが速い馬というのは、能力が抜けている可能性があるわけです。

このようなタイプの馬も、見つけたらチェックしておいて、人気落ちの時に狙っていくと、利益を出しやすくなります。

競馬で年間プラス収支を達成するために

競馬で勝ちたい人は、必ず見ておくべき。
 ↓↓
この馬券学校。