競馬予想の仕方がわからない?

▼本日は、競馬予想の仕方について、当研究所の見解を書いてみたいと思います。



▼「・・ああ。もう競馬予想がわからない・・」

誰でも、このように思ったことがあると思います。

これは、競馬初心者さんだけでなく、ある程度の経験を積んだ人でも、ぶつかる壁です。



▼スランプに陥る原因は、いくつかありますが、例えば、

自分のスタイルが決まっていない

馬券に迷う人は、このタイプが多いですね。



▼競馬というのは、自分のスタイルさえ決まっていれば、あとは長期的な回収率を高めるだけなので、迷いは少ないです。

でも、「目の前のレースに合わせて、馬券の買い方をコロコロ変える」というスタイルの人の場合、自分の軸がないので、ちょっとした連敗により自信喪失してしまい、競馬予想がわからなくなってしまうわけです。



▼逆に言えば、自分のスタイルさえ決まってしまえば、あとは迷わないはず。

あとは、長期回収率を見て、回収率が低いようであれば、スタイルを微調整していくだけです。



▼なので、競馬予想に迷ったら、まず自分のスタイルを決めてみる。

スタイルの決め方は、このような感じ↓


①自分は、本命党・中穴党・大穴党のどれか?

②馬券種はどれが得意か?

③目標の的中率と回収率はどれくらいか?



はい。
これらの要素に対して、しっかり答えを出すことができれば、馬券戦略はほとんど決まったようなものです。



▼まず、「①自分は、本命党・中穴党・大穴党のどれか?

これは、当ブログでもいつも書いていますね。

馬券を購入する前に、これを決めておくことが絶対に必要になります。



▼なぜ最初にこれを決めるかというと、ここが決まっていないと、レースが選べないからです。

多くの人は、目の前の重賞レースを無理矢理に購入している。だから勝てないんです。

そうではなく、自分が狙う配当が先にあって、その配当が出そうなレースを選ぶ。

この順番の方が、競馬で利益を出しやすくなると思います。



▼もしあなたが、本命党なら、本命サイドで決まりそうなレースを探して、そこでだけ勝負する。

面白そうな重賞レースがあっても、それが見るからに荒れそうなレースだったら、馬券購入はしない。

このような、自分の形が明確にできている人は、競馬で勝ち組になりやすい印象です。



▼悪い例としては、自分の中に狙うオッズや配当がなく、ただ目の前の重賞レースをなんとなく予想している人。

そのレースの配当がどうなるかなど考えもせず、なんとなく競馬新聞に◎がついている馬を軸に、馬券購入してしまっている人。

これでは勝てません。

競馬で勝つためには、勝つための手順というものがあるからです。


競馬の年間収支をプラスにするサイトを公開

▼競馬ファンの最終目標である「年間プラス収支」

これを達成するためには、馬券知識を身につけるしかない。

私が、年間プラス収支を達成できたのは、

やっぱり⇒『このユニークなサイト』で学んだからです。




馬券は難しい?買い方がわからない人へ

▼競馬予想の仕方がわからない人へ。記事のつづき。

先程は、「まず最初に、自分が狙う配当を決める」という事について書いてみました。

では次に、「②馬券種はどれが得意か?

これを考えてみましょう。



▼競馬予想がわからなくなってしまっている人は、馬券種も特に決めていない人が多いです。

レースによって、なんとなく馬連にしたり、三連複にしたり、お金がある時は三連単にしたり。

このような臨機応変のスタイルは、競馬上級者には有効なんですが、競馬初心者さんから競馬中級者さんがこれをやってしまうと、競馬がわからなくなってしまうことが多いです。



▼馬券種を決めるときは、まず大きく分けて、「2連系」か「3連系」のどちらが得意かを考えます。

2連系は、馬連や馬単。

3連系は、ワイド・三連複・三連単ですね。



▼2連系の場合、3着馬を考えなくて済む分、ヒモ馬の選定は楽になります。

その代わり、軸馬が連対しないと不的中になってしまうので、軸馬の精度が重要になってきます。



▼逆に3連系の場合は、3着馬を考慮しなければならないので、ヒモ馬の選定に神経を使います。

その代わり、軸馬は3着までに入ればOKなので、軸馬選びはそれほど難しくないです。



▼これらの特徴を勘案した上で、自分は2連系と3連系、どっちが得意なのか?

これを考えてみることが重要です。

馬券種には相性があるので、「馬連は得意だけど、三連複は全然当たらない」とか「馬単は好きじゃないけど、ワイドならよく当たる」など、自分の適性にあった馬券種を選んでいくことが重要です。



▼結局のところ、「競馬予想の仕方がわからない!」と迷走してしまうのは、ここまで書いてきたような「自分の軸」が決まっていないからなんですね。

冒頭でも書きましたが、競馬予想に迷ったら、まず自分の基本スタンスを確認してみること。

特に、「自分はどれくらいの配当を狙うのか?」と「どの馬券種が得意なのか?」

この部分に関しては、迷わず答えられるようにしておかないと、ちょっとした連敗で自分を見失って、また迷走することになってしまいますよ。



▼▼では次に、「③目標の的中率と回収率はどれくらいか?」について。

ここは初心者さんには少し難しいかもしれませんが、重要な項目なので、しっかりついて来てください。



▼馬券というのは、目標とする的中率と回収率によって、馬券の買い方が全く違ってきます。

例えば、「的中率50%」を求めるなら、かなりの多点買いか、断然人気の馬を購入する必要があります。

大穴狙いや万馬券狙いで、的中率50%は不可能だからです。



▼また、回収率でも同じことが言えます。

回収率130%を狙うなら、合成オッズをかなり高めに設定して、的中時の爆発力を高める必要があります。

本命サイドの馬券で、長期的な回収率を130%にするのは不可能だからです。



▼この部分の設定が甘い人が多い。

例えば、「的中率50%・回収率150%が目標だ!」とか言ってる人。

夢を見るのは勝手ですが、世の中には不可能なことがあるわけです。

これは不可能な代表例。

基本的に、的中率と回収率は相反するわけです。



▼簡単に言えば、的中率を高く設定すると、回収率は上がりにくくなる。

逆に、的中率を低く設定すると、回収率を高めることが可能になる。

この特性を利用して、自分の目標とする的中率と回収率から、自分の馬券スタイルを構築していくわけです。



▼ちなみに、私の目標設定としては、「的中率25%・回収率120%」これくらいです。

私の場合は、中穴狙いなので、これくらいの数字に収まることが多いわけです。

実際の数字としては、回収率は105~115%くらいになったりします。

目標は少し高めに設定しているわけですね。



▼私の知り合いの勝ち組馬券師さんは、「的中率15%・回収率130%」くらいで狙っている人もいます。

これは、私よりも大穴狙いに近い感じになります。

回収率130%を狙うためには、ある程度、的中率を犠牲にして、合成オッズを高める必要があるんですね。



▼また、別の知り合いは、「的中率35%・回収率110%」で狙っている人もいます。

これは本命サイドを狙うスタイルで、高い的中率が特徴になります。

的中率が高ければ、資金の回転効率も良くなるので、回収率が少し低めでも、しっかり資金が増えていくことになります。



▼このように、最初に自分が目標とする的中率と回収率を設定しておく事は、非常に重要です。

これを設定しておかないと、どれくらいの合成オッズで狙えばいいかも分からないからです。

逆に言えば、的中率と回収率の目安が決まっていれば、馬券購入の段階で迷ったりすることも少なくなるはずです。


競馬で年間プラス収支を達成するために

競馬で勝ちたい人は、必ず見ておくべき。
 ↓↓
この馬券学校。