新潟競馬場の直線1000mの買い方

▼本日は、千直について、当研究所の見解を書いてみたいと思います。



▼中央競馬で、最も個性的なレースのひとつが、新潟競馬場の直線1000m、いわゆる「千直」です。

千直はカーブがなく、直線だけの1000mのレースです。

このレース以外は、すべてコーナーがあるため、千直では特殊なデータ傾向が出現しています。



▼まず、千直で最も有名なデータは、「外枠有利」ですね。

通常、競馬場は、インコースから馬場が悪くなっていくのですが、コーナーがあるコースだと、それでもインコースが有利なので、あまり差が出ません。

それに対して、千直はコーナーがないので、外枠の距離ロスがない。

結果として、馬場が綺麗な外枠が、圧倒的に好走確率が高くなっています。



▼例えばこんなデータ↓(2010~2019年。新潟1000mデータ)

1番枠⇒勝率2%
18番枠⇒勝率11%


はい。
こんなに違うんですね。

千直では、1番枠に入った時点で、ほとんど勝つ見込みがなくなってしまいます。



▼では次に、このようなデータ↓

18番枠⇒回収率115%
大外枠⇒回収率116%


はい。
勝率だけでなく、回収率を見ても、明らかに外枠は、回収率が高くなっています。



▼千直での枠順だけを眺めていると、外枠になればなるほど好走確率が高くなることがわかります。

例えば、内枠から順番に勝率を並べてみると、このような感じ↓


2.4%
3.6%
5.2%
3.2%
5.6%
6.0%
2.4%
7.6%
6.4%
7.7%
5.3%
5.8%
9.1%
5.7%
9.4%
9.5%
8.3%
10.8%


(※上から1番枠~18番枠)


はい。
一番上が1番枠で、一番下が18番枠になります。

ところどころ誤差はありますが、基本的には外枠に行けば行くほど、勝率が高くなっているのがわかります。



▼では次に、単勝回収率も順番に並べてみましょう↓


27(%)
48
54
31
193
103
13
69
60
72
40
64
71
118
131
70
51
115


(※上から1番枠~18番枠)


はい。
これも、部分的には誤差がありますが、基本的には外枠になればなるほど、回収率が高くなっています。

1~4番枠の回収率はひどいものですね。

千直では、1~4番枠は積極的には狙いたくないところです。



▼千直における外枠有利の傾向は、どのデータを見ても明らかになっています。

例えば、「連対率」「複勝率」などを見ても、外枠になればなるほど高くなっていくわけです。



▼このような傾向を勘案すると、千直では、まず外枠の馬を中心に馬券構成を考える。

これだけで、回収率が上がりやすくなるわけです。

千直のポイントは、まず「外枠

これは覚えておいてください。


競馬の年間収支をプラスにするサイトを公開

▼競馬ファンの最終目標である「年間プラス収支」

これを達成するためには、馬券知識を身につけるしかない。

私が、年間プラス収支を達成できたのは、

やっぱり⇒『このユニークなサイト』で学んだからです。




新潟1000mで儲かる騎手は?

▼新潟直線1000mの買い方についての考察を続けます。

先ほどの続き。

先ほどは、千直の外枠が有利であることについて書いてみました。

ここでは、また別の角度からデータ分析してみましょう。



▼例えば、「千直が得意な騎手

千直は特殊なコースなので、騎手によって、得手不得手があります。

千直が得意な騎手は、下記のような感じです↓(勝利数順)


西田雄一郎
村田一誠
田中勝春
津村明秀
石橋脩
丸田恭介
内田博幸



はい。

「千直の西田雄一郎」は有名ですね。

西田雄一郎騎手は、村田一誠騎手と並んで、千直の最多勝騎手になっています。(2010~2019年)

単勝回収率も優秀で、112%とプラス回収です。



千直の勝率が最も高い騎手は、田中勝春騎手と内田博幸騎手で、勝率13%になっています。

勝率が高い騎手は、軸馬に向いていますね。

勝率の高さで言うと、

村田一誠
田中勝春
石橋脩
内田博幸
Mデムーロ


この辺になります。

Mデムーロ騎手だけ、トップジョッキーが入っていますが、ここは意外と狙い目になっています。

Mデムーロ騎手は、千直の勝率50%、単勝回収率162%・複勝回収率127%と、素晴らしい成績なんですね。

千直にMデムーロ騎手が出てきたら、積極的に狙いたいところです。



▼千直は、西田雄一郎騎手が有名ですが、「実質回収率」で考えると、優秀なのは↓

村田一誠
田中勝春
津村明秀
石橋脩
Mデムーロ


はい。
彼らは、しっかりと人気馬を勝たせるし、千直で信頼できる騎手と言えます。



▼西田雄一郎騎手も悪くはないんですが、彼の場合は、人気馬を勝たせるというよりは、人気薄で突っ込んでくる傾向です。

なので、穴党の人は、千直で西田雄一郎騎手を狙っていくと、穴馬券が取りやすくなると思います。



▼あとは、「千直の藤田菜七子騎手」というのも有名ですね。

彼女の場合は、まだ騎乗数が少ないのですが、単勝回収率155%と優秀な成績です。

ただ、彼女の場合も、「人気薄で勝って、人気馬で負ける」という傾向なので、軸馬として信頼するというよりは、ヒモに入れて穴を狙う感じが良いかと思います。



▼▼では次に、新潟千直(直千)の、枠順別の連対率と複勝率を見てみましょう。

まず、連対率のデータです↓


5.6%
6.7%
9.4%
7.1%
9.7%
9.0%
7.5%
15.3%
10.5%
14.0%
15.3%
13.2%
16.9%
14.8%
18.8%
15.9%
15.5%
21.1%


(※上から1番枠~18番枠)


はい。
先程は勝率を見てみましたが、今回は連対率です。

連対率を見ても、外枠になればなるほど、数字が上がっていくのがわかります。



▼連対率は、馬連流しで、特に重要な指標になります。

競馬は基本的に、1枠1番が有利なんですが、新潟の直線1000mは、1枠1番が圧倒的に不利になっています。

何も考えずに1枠1番の馬を軸にするのと、意識的に外枠の馬を狙っていくのとでは、的中率と回収率に大きな差が生じます。



▼では次に、複勝率(3着内率)のデータです↓


10.9%
12.4%
13.5%
10.4%
12.7%
14.6%
12.4%
20.5%
16.9%
20.0%
20.2%
21.3%
24.1%
23.8%
23.8%
27.4%
26.4%
26.3%


(※上から1番枠~18番枠)


はい。
当然ですが、新潟千直は、複勝率でも明らかに外枠が優位になっています。



▼複勝率は、3着内率なので、三連複や三連単などの三連系馬券で狙う場合に、重要な指標になります。

私は三連複がメインの馬券種なので、複勝率の数字はしっかり見るようにしています。

三連複で狙う場合も、意識的に外枠の馬を軸馬にするようにしていくと、長期的な的中率と回収率が上がりやすくなります。



▼では次に、複勝回収率のデータを見てみましょう↓


49(%)
55
53
39
72
54
61
96
69
54
80
78
104
104
96
86
87
73


(※上から1番枠~18番枠)


はい。
若干の誤差はありますが、ほぼ外枠有利の並びになっています。



▼ここで注目なのは、大外枠の複勝回収率が73%しかない部分です。

新潟千直では、大外枠が明らかに有利なのに、なぜ複勝回収率が低いのか?



▼ここが競馬の面白いところで、

新潟千直の大外枠は、絶対的に有利だが、過剰人気になるので複勝回収率は低めになっている

ということになります。



▼要するに、新潟千直の大外枠が有利なのは、多くの競馬ファンが知っているので、みんなが馬券を購入するため、オッズが下がってしまい、回収率も下がってしまっているわけですね。

なので、2010~2019年のデータ範囲においては、あえて大外枠ではなく、13~17番枠の馬を狙っていくと、回収率が上がりやすくなります。

少しだけ狙うポイントをずらすことが、過剰人気を避けるために重要な部分になりますね。


競馬で年間プラス収支を達成するために

競馬で勝ちたい人は、必ず見ておくべき。
 ↓↓
この馬券学校。