競馬はJRAの陰謀なのか?

▼本日は、JRAの陰謀論について、当研究所の見解を書いてみたいと思います。



▼競馬ファンの間で、定期的に勃発する議論として、「JRAの陰謀説」があります。

つまり、「競馬のレースは八百長だ!」とか「JRAが特定の馬を勝たせようとしている!」「出来レースだ!」

このような論調ですね。

果たしてこれは正しいのか?



▼この結論を導くにあたって、私が思う大前提を最初に書いておきます。

前提条件
JRAは、売上を増やすことが目的の組織である

はい。
まずは、これが絶対条件になります。



▼JRAは、馬券の売り上げを増やすために、様々な工夫をしたり、広告宣伝したりするわけです。

中央競馬というのは、馬券の売り上げからJRAが控除率(テラ銭)を天引きしていくことにより、運営が成立します。

なので、JRAとしては、売り上げが増えればOK。

どの馬が勝とうが、JRAは売り上げさえ増えれば、テラ銭は確定しているのです。



▼そう考えると、「JRAが意図的に勝ち馬を操作している!」というのは、ちょっとどうなのかなと。

上述したように、JRAは売り上げさえ増えれば儲かるわけです。

どの馬が勝とうが関係ない。

とにかく全体の馬券売り上げを増やすことが、JRAの至上命題なわけです。



▼では、JRAが特定の馬に便宜を図り、その馬を勝たせる事は、馬券の売り上げにつながるのか?

これについては、基本的には「NO」だと思います。

競走馬にはそれぞれのファンがついており、特定の馬を勝たせることによって、全体の馬券売上高が増えるということはあり得ない。



▼ただ、オグリキャップやディープインパクト・キタサンブラックのように、圧倒的にカリスマ性のある馬というのも存在します。

この場合、その馬を勝たせることによって、競馬人気が盛り上がるのであれば、馬券の売り上げは増加するということになります。



▼キタサンブラックに関しては、「内枠ばかり引く」というのが話題になりました。

これがJRAの陰謀なのかどうかはわかりませんが、キタサンブラックが勝ちやすい状況を作ることによって、競馬人気を盛り上げようとした可能性はあるのかもしれません。



▼ただ、競馬というのは興行ですから、ファンが盛り上がるような方向に持っていくのは、ある意味当然なのかなと。

どんなに内枠を与えても、走るのは馬だし、他の馬が手加減するということもないです。

スターホースに有利な枠を与える、という可能性はあるにしても、勝つかどうかは、その馬の実力次第。

そういう意味では、競馬に八百長はないと言えます。


競馬の年間収支をプラスにするサイトを公開

▼競馬ファンの最終目標である「年間プラス収支」

これを達成するためには、馬券知識を身につけるしかない。

私が、年間プラス収支を達成できたのは、

やっぱり⇒『このユニークなサイト』で学んだからです。




不公平な高速馬場はヤラセなのか?

▼八百長・出来レースについての考察を続けます。

先ほどの続き。

JRAは、公正競馬の範囲内で、できるだけ馬券の売り上げが伸びる施策を行ってくる。

これも見方によっては、JRAの陰謀と捉えることもできるわけです。



▼例えば、「高速馬場

最近は、G1シーズンに、極端な高速馬場になることが多く、特殊な高速馬場によって、勝ち馬が限定されているレースが多くなっています。

高速馬場になった時点で、外枠の馬や、追い込み馬は勝ち目がなくなってしまうわけです。



▼ただ、これをJRAの陰謀としていいものか?

JRAが、G1の週に高速馬場にするのは、レコードタイムを演出して、日本の競馬レースの世界的なレーティングを上げるためと考える方が自然です。



▼JRAとしては、競馬が盛り上がって売り上げが伸びればいいわけですから、高速馬場にすることによって、特定の馬に有利な状況を生み出したところで、売り上げとは関係ないわけです。

なので、高速馬場も八百長とは違う。



▼結局のところ、「JRAの陰謀だ!」「八百長だ!」と騒いでいる人の多くは、自分が馬券を外した事の腹いせだったりします。

馬券が的中して、めちゃくちゃ儲かった人が、「八百長だ!」と怒る事は無いわけです。

馬券を外して大損した人が、ぶつけるアテのない気持ちを、「八百長だ!金返せ!」という形に変えて、怒っているわけです。



▼ここまで書いてきたとおり、JRAは売り上げさえ増えればそれで良い。

競馬人気に影響を与えるようなスーパースターホースを除き、どの馬が勝っても関係ないわけです。

したがって、JRAが勝ち馬を操作するという線は薄い。



▼競馬が八百長だと思っている人は、断然人気馬が負けたら、JRAが大儲けすると思っていたりするわけです。

これはもう、根本的に競馬のシステムを理解していない。

JRAは、断然人気の馬が勝とうが、大穴の単勝万馬券が出ようが、馬券の売り上げが上がった時点で、利益を天引きしているわけです。



▼ただ、先ほども書いたように、競馬人気を左右するようなスーパースターホースに有利な枠順を与えたり、有利な馬場を作ってくる可能性は否定できない。

でもこれは八百長とは違いますね。

お膳立て、という感じでしょうか。

もしそうだとしたら、私たちはそれを読んで馬券に繋げていけばいいだけなのです。



▼▼最近で言えば、アーモンドアイも内枠が多い馬です。

アーモンドアイは、3歳のクラシック時は、内枠が当たらなかったんですが、3冠馬になって人気になると、ジャパンカップ1番枠・天皇賞秋2番枠と、あからさまに内枠ばかり当たるようになりました。

これはどういうことなのか?



▼枠順は公正な抽選、と言われていますが、スターホースが極端な枠順に入るケースは、枚挙に暇がありません。

なので、ここまで書いてきたとおり、JRAは枠順に関しては、完全な抽選というわけではないのかもしれない。

馬券の売り上げが、より多くなるように、特定の馬を、特定の枠順に入れる可能性はあります。



▼だからと言って、「JRAは不正をやっている!」とか怒っても、何の意味もないわけです。

JRAが枠順を操作したなら、私たちはその枠順が意図するものを読み取って、馬券につなげていけばよい。

私たちは、馬券で利益を出すことができれば、どの馬がどの枠に入っても関係ないわけです。



▼まぁ、馬券は関係なしに、純粋なスポーツとして競馬を見ているなら、枠順の操作は憤りを感じますね。

「いったいどの馬が1番強いのか?」という観点で競馬を見ているなら、枠順の操作は本当に邪魔です。



▼しかしながら、競馬というのは、ファンが馬券を購入しないと成立しないスポーツなわけです。

野球やサッカーとは違う。

競馬というのは、馬券の売上がなければ成立しないんです。


そう考えると、興行主であるJRAが、馬券の売り上げが増えるようにルールを調整することは、理にかなっているとも言えます。



▼ちなみに、「サイン馬券」というのもありますね。

サインというのは、その時々にあったニュース等を裏読みして、馬券につなげていく予想手法です。

このサイン馬券を信じている人は、JRAが時事ネタに合わせて、レースの着順を決めていると思っています。

しかし、ここまで読んできたあなたはわかると思いますが、サイン馬券は無理があります。



▼JRAは、時事ネタに合わせて着順を調整しても、自分達には何のメリットもないからです。

ここまで何度も書いてきたように、日本中央競馬会の目的は、馬券の売り上げを増やすことです。

そう考えると、サイン馬券や裏読み馬券に合わせて、JRAが着順を調整することには、何の意味もないことが分かります。



▼▼要するに、JRAの陰謀説がいつの時代も噂になるのは、

「JRAが不当に利益を得ている!」
「競馬ファンがJRAに搾取されている!」

という考えから来ています。

競馬ファンは、自分が馬券で負けた時、「JRAが競馬ファンのお金を奪っている!」と考えてしまいがちなんですね。



▼ただ、ここまで書いてきた通り、その考え方は全然違います。

JRAは、競馬ファンのお金を奪っているどころか、むしろ常に競馬ファンのためにサービスすることを考えています。

そのほうが売り上げが増えるからね。



▼JRAが取るのは、平均控除率の25%だけです。

そして、残りの75%を、馬券を購入した競馬ファン同士で奪い合う。

これが競馬というゲームの本質です。

この本質が分かっていれば、JRAの陰謀説が、どう考えてもおかしな考え方であることがわかります。



▼では次に、「八百長レース」は、あるのか?について考えてみましょう。

ある馬が、わざと負けたり、騎手がゴール前で追うのをやめたりすることがあります。

これはなぜか?



▼これはおそらく、「勝ってしまうと困る事情がある」

オーソドックスな考え方としては、

「勝ってしまうとクラスが上がり、相手が強くなり、お金が稼げなくなるので、今のクラスのままで、2~5着くらいを繰り返して、賞金を稼ごう」

というものがあります。

競馬の場合、勝ってしまうとクラスが上がって相手が強くなってしまうので、「わざと勝たせない」という作戦を取る可能性はあります。



▼いわゆる、「ヤラズ」ですね。

これはよくある現象になります。

善戦マンと呼ばれる馬は、真剣に走っても勝ち切れないタイプもいますが、陣営がわざと勝たせていないケースもあるわけです。



▼ただ、これを八百長と言うかどうかは微妙ですね。

戦略的に2~5着を狙うのは、競馬においては作戦の1つだからです。

例えば、明らかに力の劣る馬に騎乗した時、あえて勝ちに行かず、「着拾いの競馬」をすることがありますね。

これは八百長かと言われると、戦略のような気もします。



▼それから、「あえて人気馬を負けさせる八百長レース」

これは非常に判断が難しいです。

例えば、関係者が密かに、「その人気馬を外した馬券を購入していた」として、人気馬を負けさせることで、自分たちが馬券で利益を得ようとする。

このようなことが、全くないとは言い切れない。

ただこれに関しては、非常にレアケースだし、それを証明することもできないので、仮説の域を出ませんね。


競馬で年間プラス収支を達成するために

競馬で勝ちたい人は、必ず見ておくべきサイトを紹介。
年間プラス収支の私が、ずっと利用している競馬情報でもあります。
 ↓↓
この馬券学校。

その他、無料で使える競馬情報ランキングは、こちらにまとめました。
 ↓
無料だけど役立つ競馬サイトランキング