競馬予想のポイントとコツ

▼本日は、競馬予想のポイントについて、当研究所の見解を書いてみたいと思います。



▼馬券の買い方には、いくつかのポイントがあります。

自由に買えるのが馬券の楽しさではありますが、ポイントを外すと勝てなくなるので、基本は押さえておいた方が良いかと思います。



▼まず、私が思う競馬予想のポイントとしては、


・当てに行かない

・的中したときに、賭け金が3~5倍以上に増えるように、オッズを見て買う

・人気馬と人気薄を組み合わせた馬券を狙う

・大穴を狙いすぎない



はい。
この辺は、競馬予想をする上において、基本的な項目になってくると思います。私の考えですが。



▼まず最初に、「当てに行かない

馬券は的中しないと面白くないので、ついつい的中率を重視して、当てに行ってしまいます。

しかしながら、馬券というのは的中を求めれば求めるほど、利益が出にくくなるゲームだったりします。



▼的中率というのは、私の感覚では、15~30%くらいあれば十分かと。

ただ、これくらいの的中率だと、体感的にはかなり外しまくっている感覚になります。

でも、それで問題ない。

大切なのは、的中率ではなく、回収率です。



▼初心者さんほど、馬券を当てたいあまり、本命サイドの馬券で当てに行ってしまう。

しかし、これをやってしまうと、合成オッズが下がり、的中したときに思ったような利益が出なくなります。

最悪、的中してもマイナスという、「トリガミ」という状態に陥ります。



▼トリガミが絶対に悪いわけではないんですが、あまり頻繁に「当たってもマイナス」という事が続くようであれば、根本的な馬券の買い方が間違っている可能性が高いです。

このスタートラインを間違ってしまうと、そのあとで予想をどんなに頑張っても、利益は出なくなります。



▼ここで、次のポイント「的中したときに、賭け金が3~5倍に増えるようにオッズを見て買う」

これが関係してくるわけです。

トリガミが頻発する場合は、的中したときに賭け金がほとんど増えない状態だと思います。

このような購入方法だと、控除率の25%を超えるのが難しくなり、馬券収支はマイナスになるわけです。



▼なので、競馬予想のポイントとして、

馬券は、当てに行かず、的中したときにしっかり利益が出るように、オッズを見て買う

これが基本になってくると思うわけですね。

競馬の年間収支をプラスにするサイトを公開

▼競馬ファンの最終目標である「年間プラス収支」

これを達成するためには、馬券知識を身につけるしかない。

私が、年間プラス収支を達成できたのは、

やっぱり⇒『このユニークなサイト』で学んだからです。




的中率と回収率の矛盾

▼競馬予想のポイントとコツについての考察を続けます。

「的中したときに、賭け金が3~5倍になるように」

先ほどは、この部分について考えてみました。

もう少し続けます。



▼的中したときに、しっかり利益を出すためには、「本命サイドの馬券を減らす」という作業が必要になります。

穴サイドの馬券をいくら減らしても、なかなか回収率は上がってこないからです。



▼本命サイドの馬券を減らすと、大きく的中率が下がってしまうので、これは怖いことです。

でも、そこを乗り越えて、「あえて当てに行かない」という感覚を身につけることで、回収率が上がり、馬券で利益が出やすくなるわけです。



▼例えば、「馬連1番人気から、2~9番人気まで、8点買い」をしていたとする。

この買い方の場合、「1番人気から、2~3番人気への馬券」が、本命サイドになります。

なので、この2点をカットする。

こうすることで、一気に合成オッズが上がり、利益を出しやすくなります。



▼もちろん、1番人気から、2~3番人気への馬券は、的中率が非常に高いわけですから、馬券は当たらなくなります。

ここで矛盾が発生するわけです。

勝つために、馬券が当たらなくなるようにする

ややこしいですね。



▼競馬というのは、平均25%の控除率があります。

最初から25%をJRAにとられているわけですから、この25%をカバーするような馬券を購入しなければ、いつまでたっても馬券で負け続けることになります。



▼そして、この25%の控除率を上回るために重要なのが、「本命サイドを買いすぎないこと」だと思うわけです。

本命サイドでも利益を出すことはできるんですが、レースを極限まで絞りこまないと無理なんです。

本命サイドの場合、平均配当が低いので、勝負レースを増やしてしまうと、回収率が100%を割り込んでしまいます。



▼このレースの絞り込みは、特に競馬初心者さんには難しいと思います。

なので、それよりは「本命サイドをカットする」方が簡単かと。

本命サイドの馬券を捨てることで、回収率を引き上げるわけです。



▼「馬券を当てたい!」という気持ちと、「利益を出したい!」という気持ち。

これは両方あると思います。

でも意外と両立できないのが馬券の難しい所であり、面白いところでもある。

私達の最大目標は、馬券で利益を出す事なので、そちらにフォーカスしていくのが良いかと思うわけです。



▼▼そのように考えていくと、競馬予想のポイントは限られてくることがわかります。

大雑把に言えば、


「厳密にレースを選んで、本命馬券で勝負する」

「本命サイドを無視して、中穴馬券で勝負する」

「あえて大穴馬券で勝負する」



まずはこの3つのうち、どこで勝負するかを決めることが重要です。



▼まず最初の、「厳密にレースを選んで、本命馬券で勝負する

これはもしかしたら、一番難しいかもしれない。

本命サイドで利益を出すためには、買い目がどうこうよりも、どのレースで勝負するか?が最大のポイントになるからです。



▼結局のところ、本命サイドで利益を出すためには、本命サイドで決まりやすいレースを選ばなければならない。

本命馬券というのは、平均配当が低いので、厳密にレースを選んでいかないと、まず利益を出すことはできません。



▼ここでやってしまいがちな失敗としては、「レースを選ばずに、馬ばかり選んでしまう」というものがあります。

例えば、すべての重賞レースで、本命サイドを狙っている人。

これは、ほぼ確実に負けるコースです。

なぜかというと、レースを選んでいないからです。



▼重賞レースというのは、JRAが意図的にレースにバリエーションを持たせている。

多種多様なレース条件の重賞レースを用意することで、競馬ファンが楽しめるようにしているわけです。



▼なので、重賞レースには、「本命サイドで決まりやすいレース」もあれば、「荒れやすいレース」もあるわけです。

それなのに、すべての重賞レースで本命サイドを狙っていくなら、それはあまりにも効率が悪い買い方をしていることになります。



▼だって、荒れやすいレースで本命サイドを狙っているんですよ?これは非効率的です。

だから、すべての重賞レースで本命サイドを狙う人は、馬券で利益を出すのが難しくなってしまうわけです。

どんなに頑張って競馬新聞とにらめっこしても、これは無理なんですね。スタートで間違っているから。



▼中央競馬には、1日最大で36レースもある。

この36レースの中で、「本命サイドの期待値が高いレース」を選んで、そこでだけ本命買いすればいい。

これができる人だけが、本命サイドの馬券で利益を出すことができるわけです。



▼この考え方は、基本的には穴狙いでも同じなんですが、穴狙いの場合は、ボラティリティが高いので、そこまで厳密にレースを選ばなくても利益を出すことができます。

なので、特に初心者さんは、本命サイドを狙うよりも、中穴を狙う方が儲かりやすいと言えるわけです。

競馬で年間プラス収支を達成するために

競馬で勝ちたい人は、必ず見ておくべき。
 ↓↓
この馬券学校。