競馬初心者が万馬券を当てる方法

▼本日は、競馬初心者さんの万馬券の狙い方について、当研究所の見解を書いてみたいと思います。



▼「万馬券」という響き。

競馬初心者さんには、夢のような響きだったりします。

まあ、競馬に慣れてくれば、万馬券なんて「オッズ100倍以上」というだけの馬券なんですが。



▼慣れれば簡単に穫れる万馬券ですが、初心者さんのうちは、どうやったら万馬券が獲れるかわからないと思います。

そこで本日は、競馬初心者さんでも万馬券が獲れる方法を考察してみます。


①まず荒れるレースを選ぶ(多頭数・ハンデ戦・短距離戦・裏開催など)

②オッズ100~200倍に絞る(オッズフィルター)

③軸は2~4番人気あたり。相手は8~13番人気あたりを選ぶ



はい。
この3つの条件を徹底するだけでも、万馬券が引っかかるのは時間の問題だと思われます。



▼まず、1番重要な条件として、「荒れるレースを選ぶ

中央競馬には様々なレース条件があり、そのレース条件によって、「発生しやすい配当」というものがあるわけです。

結果を見なくても、このレースは堅いなとか、このレースは荒れるな、というのがわかるわけです。



▼もちろん百発百中ではありませんが、おおよその傾向は、レース条件を見れば大体わかる。

そして万馬券を取るために、最も重要なレース条件として、「多頭数」があります。



▼多頭数というのは、見たまま、レースの頭数が多いということです。

中央競馬では、5~18頭まで、いろいろな頭数のレースが存在しています。

少ないときは5頭立てくらい。多いときは18頭フルゲートになります。



▼で、この頭数は、決着傾向に大きな影響を与える。

簡単に言えば、頭数が少なければ配当は低いわけ。

なので、競馬初心者さんが万馬券を獲りたいなら、頭数が少ないレースを選んではダメということです。



▼私が推奨するのは、頭数15頭以上のレース。

14頭以下だと、万馬券の出現確率が下がる印象です。特に、馬連は。



▼例えば、「頭数15頭以上で、ハンデ戦の短距離戦」

このようなレース条件だと、荒れる確率が高くなります。

万馬券を取るためには、レースそのものが荒れなければならない。

堅く収まりそうなレースを選んでいては、いつまでたっても万馬券を取る事はできません。

競馬の年間収支をプラスにするサイトを公開

▼競馬ファンの最終目標である「年間プラス収支」

これを達成するためには、馬券知識を身につけるしかない。

私が、年間プラス収支を達成できたのは、

やっぱり⇒『このユニークなサイト』で学んだからです。




具体的な万馬券の当て方

▼競馬初心者さんが万馬券を当てる方法についての考察を続けます。

先ほども書いた通り、万馬券を取るためには、とにかくレース選びが重要になる。

特に、出走頭数は多ければ多いほど良いです。



ただ注意点として、出走頭数が多くなると、平均配当も高くなると同時に、私たちの馬券の的中率は下がるという点が挙げられます。

当たり前ですが、出走頭数が増えると、総買い目点数も増えていくので、単純的中率が下がるわけです。



▼万馬券を取りに行く場合、ある程度の的中率の低さは覚悟しなければならない。

万馬券というのは、弱い馬が上位に来ることで発生します。

弱い馬が強い馬に勝つという事は、レアケースなわけです。

レアケースという事は、出現確率が低い。

つまり、的中率が低くなるわけです。



万馬券を取る場合で難しいのは、この的中率の低さに耐えるという点です。精神的な部分ね。

万馬券狙いはなかなか的中しないので、途中でモチベーションがなくなってしまい、やめてしまうんですね。

途中で止めてしまえば、どんなに良い戦略で戦っていても、そこで万馬券は取れなくなります。



万馬券狙いは、一発で高配当を狙う戦略ですから、的中率の低さは覚悟しなければならない。

あまり当たらないけど、当たれば一気に回収できる。

それが万馬券狙いです。



▼具体的な買い方の話に戻りましょう。

荒れるレースを選んだら、次は「軸馬」を選びます。

これは私の感覚で言えば、2~4番人気を選ぶと、万馬券が引っかかりやすい印象です。



▼1番人気馬は、そのレースで最も強い馬ですが、過剰人気になりやすく、なかなか配当が乗ってこないことが多いです。

本日のテーマは、馬券を当てることではなく、万馬券を当てることです。

なので、過剰人気になりやすい1番人気より、2~4番人気を軸馬にした方が、万馬券が引っかかる確率が高くなります。



▼相手は、8~13番人気くらいから選んでいくと、配当が乗りやすくなります。

軸馬を2~4番人気にして、相手を5~8番人気くらいにしてしまうと、なかなか万馬券まで届きません。

三連複なら万馬券まで届きやすくなりますが、馬連だと厳しいですね。



▼ちなみに、「三連単」を選択すれば、本命サイドでも簡単に万馬券がゲットできます。

でも、これは本命サイドの馬券なので、過剰人気になりやすく、あまりお勧めできません。

好みの問題ですが、三連単の本命サイドで万馬券を狙うより、三連複の中穴狙いで万馬券を狙う方が、回収率は上がりやすくなる印象です。



▼▼具体的な買い方を考えてみましょう。例えば、

「三連複。3番人気軸。相手4.5.6.9.10番人気」

はい。これで10点買いになります。

これくらいのオッズバランスにすると、的中したときに万馬券になる確率が高くなります。



▼ただこの場合、1~2番人気を外しているので、平均的中率は低くなってしまいます。

上記の買い方の場合、推定的中率は10~20%くらいですね。

100レース購入すると、80~90レースは外れるということです。



▼この的中率を見て、どう感じますか?

「そんなに当たらないんじゃ、全然おもしろくない!」と思いますか?

その場合は、万馬券狙いがあなたの性格と合っていない可能性があるので、万馬券にこだわらない方が、良い結果が出るかもしれません。



▼あるいは、回収率を下げてもいいのであれば、もっと多点買いして的中率を上げ、万馬券の的中回数を増やすという方法もあります。

例えば、「三連複。2番人気軸。相手1.3.4.5.6.9.10番人気」

このような買い方。これで21点買いです。

この場合、入り方によっては万馬券まで届きませんが、的中率は上がります。

また、ヒモ馬の数を増やしているので、万馬券の的中回数も増えることになります。



▼この買い方のデメリットは、回収率が先ほどよりも下がりやすくなることです。

買い目点数を増やした分、合成オッズが下がるので、どうしても回収率が下がりやすくなってしまうんですね。

なのでこの買い方は、回収率重視ではなく、万馬券の本数にこだわる人向けの買い方になります。



▼ちなみに、馬連で万馬券を狙うと、三連複よりもかなりハードルが上がります。

馬連の万馬券は、出現率が低く、なかなか的中させることができません。

馬連に限らず、「簡単な馬券種」になればなるほど、万馬券は当てることが難しくなるわけです。



▼例えば、ワイド万馬券とか、単勝万馬券は、一生の中でも、なかなか的中させる事が出来ない馬券になります。

これは単純に、ワイドや単勝は平均配当が低く、万馬券の出現頻度が低いからです。

出現率が低い馬券を狙っても、当然、的中率は下がってしまうわけですね。



▼なので、万馬券を取りたければ、三連複が取りやすいと思うわけです。

三連単はもっと取りやすいですが、買い目点数が多くなりやすく、初心者向きではありません。

ですから、万馬券の出現頻度だけを考えるのであれば、三連複で狙うのがベターだと思います。


競馬で年間プラス収支を達成するために

競馬で勝ちたい人は、必ず見ておくべき。
 ↓↓
この馬券学校。