何枠が有利?内枠有利?

▼本日は、枠順の有利不利について、当研究所の見解を書いてみたいと思います。



▼競馬では、内枠から順番に、1番枠・2番枠・3番枠・・・と、枠順が割り当てられています。

最内が1番枠で、大外枠が18番枠ですね。



▼馬券を購入する場合も、この馬番をマークシートで塗って、馬券購入することになります。

なので、枠順は競馬ファンにとっても、気になるファクターの1つでしょう。



何枠が有利なのか?
これについては、「芝なのか?ダートなのか?」「短距離か?長距離か?」によって、大きく違ってきます。

基本的な考え方としては、


・芝のレースは内枠有利になりやすい。1~8番枠が中心

・ダートのレースは外枠有利になりやすい。大外枠は要注意

・ダートのレースでは、偶数枠の回収率が高くなることが多い

・芝のレースは、1枠1番の好走確率が高い



はい。
このような感じになります。



▼まず、芝のレースについてですが、芝のレースはスピード競馬になるので、最短距離を走れる内枠の馬が強いです。

連対率で言えば、

・1番枠⇒連対率17%
・17番枠⇒連対率6%


これくらい違うわけですね。

ちなみにこれは、過去5年程度の、重賞レースのデータです。



▼芝のレースでは、外枠が不利になりやすい。

最悪なのは、上述したように、17番枠ですね。

17番枠は、奇数枠で後入れ。しかも外枠という、デッドゾーンなのです。



次に、ダートのレースですが、こちらは外枠有利になりやすいです。

ダートは砂の上を走るレースなので、内枠は砂をかぶってしまい、馬が走る気をなくしてしまいやすいです。



▼ダートレースで、好走確率が高い枠順は、4番枠と14番枠になっています。

4番枠は、偶数枠の後入れで、好位を取りやすい内目の枠。

14番枠は、偶数枠の後入れで、外枠なので出遅れても対応できる枠になります。



▼あとは、「ダートの大外枠」は、好走確率が高くなっています。

ダートの場合、包まれると砂まみれになってしまい、身動きが取れなくなる。その点、大外枠は動きやすいわけですね。

ダートの大外枠の回収率は、単勝回収率97%と非常に高い数字になっています。

これも重賞レースのデータです。



▼次に、「芝のレースの1枠1番

これは好走確率が高くなります。

スピードレースになりやすい芝重賞レースで、最短距離を走ることができる1枠1番は、やはり馬券になりやすい。

すべての枠の中でも、勝率・連対率・複勝率はトップクラスになっています。

芝の重賞レースで、1枠1番は要注意ですね。


競馬の年間収支をプラスにするサイトを公開

▼競馬ファンの最終目標である「年間プラス収支」

これを達成するためには、馬券知識を身につけるしかない。

私が、年間プラス収支を達成できたのは、

やっぱり⇒『このユニークなサイト』で学んだからです。




芝とダートで強い枠順は?

▼どの枠が儲かるか?についての考察を続けます。

先ほどの続き。

ダートのレースでは、偶数枠が有利になりやすい。

これは、偶数枠は後入れで、出遅れのリスクが下がることが原因だと思われます。



それに対して、芝のレースでは、偶数枠も奇数枠も、ほとんど差がありません。

若干だけ、偶数枠の方が好走確率が高くなっていますが、ダートほど大きな差は無いわけです。



▼芝のレースでは、先入れで出遅れたとしても、後方から差す競馬ができる。

ダートだと、出遅れて後方からの競馬になってしまうと、その時点で終了ということも多々あります。



▼ダートの場合、下が砂なので、スピードに乗りにくい。

そのため、なかなか後方から差し切るのは難しいわけです。

だからダートのレースでは、スタートが非常に重要になる。

そう考えると、ダートではやはり、後入れの偶数枠が有利になるわけです。



▼具体的なレースについても見てみましょう。

「第8回JBCレディスクラシック」は、JRAでの開催で、京都コースで行われました。

ここでの枠順に注目すると、


1着アンジュデジール(16番枠)6番人気
2着ラビットラン(4番枠)1番人気
3着ファッショニスタ(15番枠)5番人気



はい。
ちなみにこのレースは、私が三連複70倍を簡単に当てたレースです。



▼まず勝ったのは、ダート重賞で有利と書いてきた、大外枠のアンジュデジール。

6番人気とちょうどいい中穴だったので、ヒモの1番手でした。



▼2着が、これもダート重賞で期待値の高い4番枠、ラビットラン。

ここは、2番人気のクイーンマンボと軸を迷うレースでしたが、クイーンマンボはダートでは鬼門の3番枠。

枠順から考えると、ラビットランの軸も迷わず決まるところでした。



▼3着は、外枠15番枠のファッショニスタ。

ダートで有利な外枠。5番人気とちょうどいい中穴。

これもヒモに迷わず入れても良いタイプでした。



▼これだけ綺麗に条件が揃って、三連複が7060円もつくのは、非常においしい配当と言える。

ダート重賞レースでは、このように枠順で簡単に取れるレースがたくさんあります。

ダートの基本的な考え方としては、「偶数枠有利」「大外枠有利」「内の奇数枠は不利」

これを頭に入れておけば、ダート重賞で好配当を簡単に当てることができると思います。



▼▼同じような考え方ができるレースとして、2018年のフェブラリーステークス。
結果と枠順を見てみましょう。


1着ノンコノユメ(12番枠)4番人気
2着ゴールドドリーム(14番枠)1番人気
3着インカンテーション(6番枠)6番人気



はい。
このレースは、偶数枠のワン・ツー・スリーでした。

軸馬は、外目の偶数枠ということで、迷わずゴールドドリーム。

ここから、中穴の偶数枠に流すだけで、簡単に三連複6540円が的中できるレースでした。



▼ちなみにこのレース、4着は、大外枠のサンライズノヴァ(16番枠)でした。これもデータ通りですね。

このように、ダートのレースでは、有利な枠順を頭に入れておくだけで、簡単に馬券を的中できるケースがあります。

毎回このように綺麗に決まる訳では無いですが、なんとなく馬券購入するよりは、はるかに精度は高くなると思います。



▼では次に、芝のレースも見てみましょう。

芝のレースでは代表的な、「1枠1番」について。

例えば、 2019年のデイリー杯2歳ステークス


1着レッドベルジュール(1番枠)3番人気
2着ウイングレイテスト(10番枠)7番人気
3着ペールエール(3番枠)1番人気



はい。
ここは、軸馬を迷うレースでしたが、京都競馬場の芝重賞では圧倒的なパフォーマンスを誇る、1枠1番のレッドベルジュールが武豊騎手に乗り替わりだったので、絶好の狙い目でした。



▼私の場合、基本的に芝のレースでは、中穴を狙うので、ヒモも中穴をセット。

これだけで、三連複9560円は、かなり美味しいレースでした。

このレースは、1番人気のペールエールが軸でも的中でしたが、馬単や三連単の1着固定を狙うのであれば、1着が必要なので、1枠1番狙いが有効になるわけです。



▼では次のレース。

2019年の札幌記念です。


1着ブラストワンピース(1番枠)3番人気
2着サングレーザー(10番枠)4番人気
3着フィエールマン(9番枠)1番人気



はい。
ここも、1枠1番のブラストワンピースを軸にする事で、簡単に馬券が当たるレースでした。



▼ヒモも人気馬が入ってしまったので、配当は低かったわけですが、三連単なら万馬券なので、難易度の低さを考えると、美味しい馬券と言えます。

ここで重要なのは、目先の配当ではなく、「芝の重賞レースで、1枠1番は儲かる」というデータを確認することですね。

重賞レースの場合、ハイレベルなレースになることがほとんどなので、最短距離を走れる1枠1番は、馬券的においしい枠順と言えます。


競馬で年間プラス収支を達成するために

競馬で勝ちたい人は、必ず見ておくべき。
 ↓↓
この馬券学校。