長距離戦の買い方

▼本日は、長距離戦の攻略法について、当研究所の見解を書いてみたいと思います。



▼競馬では、様々な距離のレースが行われています。

最も短い距離は、新潟の1000m。
最も長い距離は、中山の3600m。

競馬の予想は、まず距離から考えていくことが重要です。

なぜなら、距離によって狙うべきポイントが違ってくるからです。



▼短距離戦と長距離戦では、予想のポイントが全然違ってくるわけです。

短い距離も長い距離も、いつも同じように予想している人は、なかなか回収率が上がらない印象です。



▼本日のテーマは、「長距離戦」

まず、この格言『長距離戦は騎手で買え』

ということで、まずは長距離戦で回収率が高い騎手のデータを見てみましょう。

集計期間は、過去5年。
距離は2200m~3600m
競馬場は、中央4場です


・武豊騎手⇒平均単勝回収率102%

・石橋脩騎手⇒平均単勝回収率123%

・藤岡佑介騎手⇒平均単勝回収率112%

・松若騎手⇒平均単勝回収率119%



はい。
上記条件における、平均単勝回収率が優秀な騎手は、こんな感じ。



▼平場のデータも混在しているので、過剰人気になりやすいトップジョッキーは、なかなか回収率が上がらない傾向にあります。

その中で、武豊騎手の回収率は素晴らしいですね。

当たりの柔らかい武豊騎手の騎乗は、長距離戦でこそ、威力を発揮するのかもしれません。



▼ちなみに、トップジョッキーの長距離戦の回収率も見ておきましょう↓


・ルメール騎手⇒平均単勝回収率85%

・Mデムーロ騎手⇒平均単勝回収率77%

・戸崎騎手⇒平均単勝回収率82%

・川田騎手⇒平均単勝回収率85%

・福永騎手⇒平均単勝回収率79%



はい。
トップジョッキーの長距離戦の回収率はこんな感じ。

悪くはないが、特に高いというわけでもない。

先ほども書きましたが、トップジョッキーの場合、平場のレースでは過剰人気になりやすいので、なかなか回収率が上がらない部分がありますね。

この中で言えば、ルメール騎手と川田騎手は、長距離で信頼できる部類に入ると思います。

特に、ルメール騎手は、複勝回収率が91%と優秀なので、「長距離戦で、ルメール騎手を軸にした三連複」などは効果的だと思います。



▼ちなみに、勝率・連対率・複勝率を見ても、ルメール騎手がトップ。

長距離戦では、まずルメール騎手を中心に予想を構成すると、的中率と回収率が上がりやすくなります。

その上で、先ほど紹介したような、長距離で回収率が高い騎手を絡めていくと、さらに利益を出しやすくなると思いますね。


競馬の年間収支をプラスにするサイトを公開

▼競馬ファンの最終目標である「年間プラス収支」

これを達成するためには、馬券知識を身につけるしかない。

私が、年間プラス収支を達成できたのは、

やっぱり⇒『このユニークなサイト』で学んだからです。




長距離戦で儲かるデータ

▼長距離レースの狙い方についての考察を続けます。

先ほどの続き。

先ほどは「騎手」からのアプローチでしたが、ここでは「年齢(馬齢)」のデータを見てみたいと思います。



▼データ条件は、先ほどと同じ。

長距離戦で、最も信頼できる年齢は↓


・4歳馬⇒平均単勝回収率83%

・3歳馬⇒平均単勝回収率82%



はい。
回収率では、トップが4歳馬。次が3歳馬です。



▼通常は、3歳馬が回収率トップになりやすいんですが、長距離戦では、レース経験のある4歳馬が回収率トップになっています。

では次に、連対率のデータを見てみます↓


・4歳馬⇒連対率23%

・5歳馬⇒連対率17%

・3歳馬⇒連対率16%



はい。
連対率で見ると、5歳馬が2位に浮上しました。

やはり長距離戦では、若いパワーより、経験がものを言う部分があります。



▼ちなみに、3~5歳馬より上の年齢になると、極端に連対率が低くなります↓


6歳馬⇒連対率9%

7歳馬⇒連対率7%

8歳馬⇒連対率6%



はい。
先程の若い馬と比べると、半分以下の連対率になっています。



▼これは長距離戦に限ったことではないんですが、競馬の場合、6歳から急に連対率や回収率が下降する傾向にあります。

つまり競馬では、若い馬の方が儲かるということになる。

長距離戦では、比較的、歳をとった馬でも活躍する傾向にありますが、それでもやはり若い馬の方が、回収率は高くなりやすいですね。

参考記事
 ↓
競馬は何歳馬が強い?



▼では次に、「長距離戦で有利な枠順」について。

芝の長距離戦では、内枠になればなるほど、連対率が高くなる傾向にあります。

なので、長距離戦では、まず内枠の馬を中心に馬券を考える。

これだけでも、長期回収率はかなり上がると思います。



▼それからもう一つ。

長距離戦では、「大外枠」が激走することが多いです。

先程の内枠有利と矛盾する部分ですが、これも長距離戦に限らず、競馬では大外枠が意外と好走しやすい。

長距離戦においても、外枠の平均連対率は10%前後ですが、大外枠になると、連対率は16%を超えます。



▼長距離戦で、最も回収率が高い枠順は、やはり1番枠ですね。

平均単勝回収率は98%もあります。

長距離戦の場合、外枠だと距離ロスが大きくなるので、やはり最内枠は有利ということになりますね。



▼▼では次に、「長距離の重賞レース」について考えてみたいと思います。

ここでは、芝の2200m以上の重賞レースをデータ分析してみます(2010~2019年)


長距離重賞レース

1番人気⇒単勝回収率82%・複勝回収率94%
2番人気⇒単勝回収率68%・複勝回収率75%
3番人気⇒単勝回収率100%・複勝回収率92%
11~15番人気⇒単勝回収率106%・複勝回収率48%



はい。
2200m以上の長距離重賞レースでは、1~3番人気の信頼度が高くなっています。

2番人気が低い回収率ですが、1~3番人気を平均すると、単勝回収率83%・複勝回収率87%と優秀な回収率になっています。



▼このことから、長距離の重賞レースでは、人気馬の信頼度が増すという感じになります。

長距離重賞レースは、ごまかしがきかないので、強い馬が結果を残しやすい傾向にありますね。



▼それから面白いデータとして、11~15番人気の単勝回収率が高いというものがあります。

いわゆる大穴馬ですね。

長距離重賞レースは、強い馬が、強い競馬を見せるのと同時に、大穴馬が激走しやすいレースとも言えます。

長距離レースの場合、「展開のアヤ」が生じやすく、どさくさに紛れて、弱い馬が勝ってしまったりするわけですね。



▼ただ、このような大穴馬は、単勝回収率は高いんですが、複勝回収率は48%しかありません。

なので、あまり気にしなくても良いかと思いますが、馬単の1着固定などで狙っていくと、忘れた頃に大穴の万馬券が引っかかったりします。



▼さて、ここまでは長距離重賞レースでの「本命サイド」と「大穴サイド」を見てみました。

では次に、「中穴サイド」も見てみましょう。

長距離重賞レースでの、4~10番人気の中穴馬の回収率は↓


単勝回収率68%・複勝回収率73%

という感じになります。

回収率としては、低めですね。



▼長距離戦では、先程のデータを見たとおり、本命サイドの回収率が高くなっています。

本命サイドの回収率が高いということは、その分、中穴サイドの回収率が低くなるわけです。

競馬の回収率は、シーソーのようにこっちが上がれば、あっちが下がる、というものです。

なので、長距離重賞レースでは、「1着に1~3番人気」「2~3着に中穴馬」という感じの馬券構成にすると、うまく行きやすいわけです。

ちなみに、大穴馬の激走が多いのも長距離レースの特徴ですが、大穴に関しては、無理に狙わなくても良いかと思います。

大穴馬は出現率が低いので、大穴は無視しても、プラス収支まで持っていけるからです。

競馬で年間プラス収支を達成するために

競馬で勝ちたい人は、必ず見ておくべき。
 ↓↓
この馬券学校。