何歳馬が儲かる?

▼本日は、競馬の馬齢について、当研究所の見解を書いてみたいと思います。



▼競馬の競走馬には、それぞれ年齢があります。

デビューするときは2歳。そこからは、引退するまで年齢が加算されていきます。



▼基本的に、2歳馬は2歳馬同士で走る。3歳馬は3歳馬同士で走ることになります。

ただ、クラス編成で、3歳馬は夏ごろから4歳以上の古馬と一緒に走り始めます。



▼ここから、3歳馬を交えた、各年齢ごとの対決になるわけです。

では、何歳馬が強いのか?



▼まずは具体的なデータを見てみましょう。

2015年からの5年間。芝の重賞レースのデータです↓

※2歳限定戦・3歳限定戦は除く


・3歳馬⇒単勝回収率118%
・4歳馬⇒単勝回収率64%
・5歳馬⇒単勝回収率74%
・6歳馬⇒単勝回収率51%
・7歳以上⇒単勝回収率46%



はい。
このようになります。



▼まず突出しているのが、3歳馬の単勝回収率118%という数字ですね。

3歳馬は、勝率でもトップになっています。

芝の重賞レースで、単勝を狙う場合などは、3歳馬を狙っていくと、回収率が上げやすくなります。



▼ここで、連対率のデータも見てみましょう↓


・3歳馬⇒連対率18%
・4歳馬⇒連対率21%
・5歳馬⇒連対率16%
・6歳馬⇒連対率10%
・7歳以上⇒単勝回収率6%



はい。
連対率で見ると、4歳馬がトップになっています。



▼勝率を見ても連対率を見ても、4歳馬はトップクラスなのに、なぜか回収率はそれほど高くない。

この原因は、「競馬記者も、競馬ファンも、4歳馬が競馬の中心であることをわかっているので、過剰人気になりやすい」

ここに原因があると思われます。



▼ここでもう一つデータを見てみます↓


・3歳馬⇒平均人気6.6番人気
・4歳馬⇒平均人気5.9番人気



はい。
これを見てもわかる通り、4歳馬の方が人気になる回数が多いわけです。



▼なので、4歳馬は人気になるからこそ、勝率と連対率が高いと言える。

でもその割には、回収率が低い。

これは過剰人気になっているということです。



▼なので、馬齢から利益を出すための馬券構成を考えるとしたら、

儲かるのは3歳馬

というのを頭に入れておくと良いかと思います。



▼ただ、過去5年程度の重賞レースでのデータなので、もしかするとこの先、傾向が変わる可能性はありますが、それほど大きくは変わらないのではないか、と思うわけです。

3歳馬が混ざっている芝の重賞レースでは、3歳馬の単勝や1着固定を多用していくと、回収率が上げやすい印象です。


競馬の年間収支をプラスにするサイトを公開

▼競馬ファンの最終目標である「年間プラス収支」

これを達成するためには、馬券知識を身につけるしかない。

私が、年間プラス収支を達成できたのは、

やっぱり⇒『このユニークなサイト』で学んだからです。




結局、何歳馬が強いの?

▼何歳馬が強いか?についての考察を続けます。

ここでは、複勝回収率について考えてみます。

まずは具体的なデータ↓


・3歳馬⇒複勝回収率83%
・4歳馬⇒複勝回収率75%
・5歳馬⇒複勝回収率81%
・6歳馬⇒複勝回収率81%
・7歳以上⇒複勝回収率56%



はい。
複勝回収率で見てみると、3歳から6歳までは、ほとんど差がないことが分かります。



▼これはどういうことかというと、「5歳と6歳は、勝ち切れないけど、2~3着には来る」ということになります。

競走馬の場合、歳をとるほど勝ち切れない傾向になっていきます。

競走馬でも、年齢が若いほうが瞬発力があり、勝ち切る力があるんですね。



▼なので、5歳・6歳になると、若い頃よりも2~3着が多くなり、単勝回収率が下がる。

でも、2~3着は多いので、複勝回収率はキープできているわけです。



▼そう考えると、三連単で言えば、

・1着欄⇒3歳馬
・2~3着欄⇒3.5.6歳馬


このような馬券構成が、最も回収率を高めるのには有効であると言えます。



▼ここでも問題になるのが、4歳馬。

複勝回収率75%は、5.6歳馬よりも下です。

やはり4歳馬は、能力以上に馬券が売れてしまっている印象です。



▼ここでもう一つデータを見てみましょう↓


・3歳馬⇒複勝率26%
・4歳馬⇒複勝率30%
・5歳馬⇒複勝率24%
・6歳馬⇒複勝率16%
・7歳以上⇒複勝率10%



はい。
見ての通り、3着内に来る確率が最も高いのは、4歳馬ということになります。



▼ここが非常に厄介な部分で、「4歳馬は、好走確率は最も高いが、回収率はそれほど高くない」わけです。

馬券を的中させたいなら、4歳馬を中心に馬券構成した方が良い。

でも、回収率を上げて利益を出したいなら、4歳馬中心ではちょっと厳しい、ということになります。



▼いずれにしても、ここまで見てきたデータでは、「7歳以上」は、好走確率も回収率も、全て低くなっています。

やはり競走馬のピークは、4歳頃であり、6歳くらいから能力落ちすることが多い印象ですね。

7歳以上になってしまうと、ピークを過ぎていることが多いので、回収率がかなり低くなってしまいます。

馬券で利益を出す事だけを考えるなら、高齢馬はあまり積極的には狙いたくない所です。



▼▼ここまで見てきたとおり、競馬は何歳馬が強いか?の問いへの答えは、

若い馬の方が強い

ということになります。

確か、クリストフ・スミヨン騎手あたりもインタビューで、「騎乗馬は、出来るだけ若い馬を選ぶようにしている」とコメントしていたように思います。

それはつまり、若い馬の方が、勝つチャンスが大きくなることを示しているのかもしれません。



▼ただ、厳密に言えば、「一番強い年齢は、4歳馬」ということになります。

強い順に並べると、

4歳馬
3歳馬
5歳馬
6歳馬
7歳以上


という感じになります。



▼単勝回収率では、3歳馬がトップ。

単勝回収率に関しては、若ければ若いほど儲けやすい、と言えます。

7歳以上馬は、利益を出すのが非常に難しくなっています。

単勝回収率45%・複勝回収率58%という数字なので、あまり手を出さない方が無難です。



▼では、7歳以上馬は、人気になっても儲からないのか?

人気別のデータを見てみましょう。


【7歳以上馬】
1~2番人気⇒単勝回収率36%・複勝回収率76%
1~3番人気⇒単勝回収率43%・複勝回収率74%
1~5番人気⇒単勝回収率59%・複勝回収率74%



はい。
このように、7歳以上馬は、たとえ人気になっていても、勝ち切れないことがわかります。

通常、1~2番人気のデータを取ると、単勝回収率は70~80%になるわけですが、7歳以上になると、単勝回収率が30%台しかありません。

これでは、単勝馬券はもちろん、三連単や馬単の1着固定でも利益を出すのは困難であると言えます。



▼ちなみに、7歳以上馬で利益を出しやすいポイントも探してみましょう。

例えばこのようなゾーン↓


【7歳以上馬】

5~8番人気⇒単勝回収率73%・複勝回収率99%


はい。
いわゆる、中穴ゾーンです。

勝ち切れないのは相変わらずですが、複勝回収率が99%もあるのは素晴らしい。

これだけの回収率があれば、三連複やワイドのヒモとして活用することで、簡単に利益を出すことができます。



▼したがって、7歳以上を重賞レースで狙う場合は、単勝ではなく、「中穴の複勝」が良いということになります。

あるいは、上述したように、三連複やワイドですね。

複勝回収率の高さを最大限に生かすことによって、7歳以上馬でも回収率を高めることが可能になるわけです。



▼馬の強さで言えば、4歳馬や3歳馬が強いです。

ただ、馬券で利益を出すためには、単純に強い馬を狙っても意味がない。

常に過小評価されている馬を探し、そこを狙い撃ちすることで、プラス回収にすることができるわけですね。


競馬で年間プラス収支を達成するために

競馬で勝ちたい人は、必ず見ておくべき。
 ↓↓
この馬券学校。