競馬の期待値とは?

▼本日は、馬券期待値について、当研究所の見解を書いてみたいと思います。



▼パチンコに「期待値」があるのは、多くの人がご存知かと思います。

パチンコの台には、それぞれの設定ごとの期待値があり、勝てる台と勝てない台があるわけです。



▼それと同じように、実は競馬にも期待値が存在しています。

競馬は、お馬さんが走るゲームなので、期待値を数値化できないと思っている人が多いです。

でも、競馬もパチンコと同じように、期待値分析が可能です。

つまり、儲かる馬と、儲からない馬がいる。



▼馬券における期待値というのは、主にデータ分析から導き出すことになります。

有料のパソコンソフトを使って、過去の無数のレースを分析する。

その中から、「期待値がプラスになる馬」と「期待値がマイナスになる馬」を分類していくわけです。



▼期待値というのは、言い換えれば、「回収理論値

100円の馬券を購入した時に、いくら戻ってくるか?

これを分析するのが、競馬における期待値分析となります。



▼競馬で勝つためには、この期待値を考えることが重要になります。

簡単に言えば、「100円の馬券を購入して、101円以上になる時だけ勝負」

これを徹底できれば、長期的には利益が積み上がっていくわけです。



▼これはあくまでも、長期的な話になります。

パチンコと同じですが、試行回数を何度も繰り返す中で、確率は収束していきます。

なので、「目の前のレースを購入して、今すぐ確実にプラスにする」という手法はありません。

そんなことができたら、みんな簡単に大金持ちになってしまいます。



▼「期待値が1を超える馬券」とは、言い換えれば、儲かる馬券。

「回収率が100%を超える馬券」とも言える。

もっと厳密に言うと、「同じ条件で馬券購入し続けた時に、おそらく長期的には、回収率が100%を超えるであろう馬券

というニュアンスになります。



▼パソコンソフトでデータ分析すれば、このような、長期回収率が100%を超える条件の馬というのを発見する事ができます。

ただそれは、あくまでも過去の結果にすぎない。

それが未来においても、回収率100%を超えるのか?

ここがデータ分析する人の、腕の見せ所になります。



同じ競馬分析ソフトを使っても、勝てる人と勝てない人がいる。

それは、「期待値が高い馬」を探す技術の違いです。

例えば、「過去の10レースを分析して、回収率150%だ!この条件で狙おう!」

これはダメ。

過去の10レースでは、試行回数が少なすぎて、データとしての有効性はほぼゼロです。

狙うオッズにもよりますが、最低でも300レースくらいは分析しないと、期待値は見えてこないわけです。


競馬の年間収支をプラスにするサイトを公開

▼競馬ファンの最終目標である「年間プラス収支」

これを達成するためには、馬券知識を身につけるしかない。

私が、年間プラス収支を達成できたのは、

やっぱり⇒『このユニークなサイト』で学んだからです。




期待値とオッズの歪みの関係

▼競馬の期待値についての考察を続けます。

先程の続き。

ここまでをまとめると、「競馬にもパチンコと同じように期待値がある。期待値が高い馬券だけを購入すれば、長期的には利益が出る

ということになります。



▼では、期待値が高い馬券というのは、なぜ発生するのか?

これは簡単で、「競馬ファンは、すべての馬の能力を正確に把握しているわけではないから」です。



▼中央競馬のオッズは、競馬ファンが購入した馬券の金額によって上下します。

多くの競馬ファンが購入した馬は、オッズが下がり、人気になります。

逆に、競馬ファンからあまり支持されなかった馬は、オッズが上がり、人気薄となる。



▼多くの場合、オッズは馬の能力を指し示しています。

オッズは、すべての競馬ファンの知識が総動員されたものなので、それなりに精度は高いわけです。



▼1番人気の馬は、長期的には1番強い。

シンガリ人気の馬は、長期的には1番弱い。

まずはここが前提になります。



▼長期的・平均的には、オッズは能力を指し示しているんですが、必ずそれが正しい訳では無い。

短期的には、オッズが間違っていることもあるわけです。

これが、「オッズの歪み」ですね。



▼例えば、「3番人気だけど、実は1番強い馬」

このような馬が、頻繁に登場します。

この場合、能力は1番なのに、オッズは3番人気。

ということは、過小評価されている馬であり、このようなタイプの馬の単勝を買い続ければ、長期的には、回収率がプラスになるわけです。

つまりこの馬は、期待値が高い馬と言える。



▼オッズと実力のミスマッチ。

つまり、オッズが歪んでいる。

このようなオッズの歪みは、プラス方向にも、マイナス方向にも発生します。



▼先ほどは、「強いのに、人気がない馬(馬券的妙味がある馬)」の例を出しました。

これは逆バージョンもあるわけです。

つまり、「弱いのに、人気になっている馬」ですね。



▼これはいわゆる、過剰人気という状態。

主にマスコミが過剰に持ち上げることで、能力以上に馬券が売れてしまっている状態です。

このようなタイプの馬を買い続けると、馬券収支は確実にマイナスになります。

これが、期待値の低い馬券の代表例ですね。

「馬券的妙味がない馬」と言えます。



▼▼馬券で利益を出すためには、過剰人気の馬を軽視し、過小評価の馬を軸馬にする。

これができれば、簡単に馬券で儲けることができるわけです。

でも、簡単そうに見えて、実は難しい。

それはなぜか?



▼まず、過剰人気の馬を軽視するということは、みんなが注目して熱狂している馬の評価を下げるということです。

みんなが注目している馬を、自分だけは軽視する。

慣れれば簡単なんですが、最初はかなり難しいですね。

心理的な問題です。



▼逆に、過小評価の馬を軸にする場合。

これは、あまり他の競馬ファンが注目していない馬を、自分だけがピックアップして狙うということになります。

これも心理的に難しい。

なぜなら人間というのは、人と同じが好きなんです。

人がやっていると、自分もやりたくなる。

行列ができているラーメン屋さんに、自分も並びたくなる。



しかし、競馬で勝つためには、人とは逆の道を行かなければならない。

断然人気の馬がいたら、「これは過剰人気なんじゃないか?」と、常に疑う。

あまり人気のない馬がいたら、「これは過小評価なんじゃないか?」と、逆に注目してみる。

このような、人とは逆の目線が、競馬で勝つためには必要不可欠なのです。



▼長く競馬をやっていると、「この馬は断然人気だけど、なんだか怪しいなぁ」と感じる事はありませんか?

でも、そのような馬に競馬新聞で「◎◎◎◎」という感じで印が付いていると、ついつい軸馬にしてしまいませんか?

結果を見ると、案の定、その断然人気馬は負けてしまうわけです。



▼この場合、最初にあなたが感じた疑問。

「この馬は、なんとなく怪しい」という感覚が正解だったわけです。

競馬を長く見れば見るほど、このような判断が正確にできるようになっていきます。

特に、データ分析ソフトを日ごろから使っている人は、期待値判断が正確にできる。



▼結局のところ、断然人気馬というのは、競馬新聞を始めとしたマスコミが作り上げるものです。

競馬新聞に◎が並んでいれば、その馬は断然人気になってしまう。

しかし、競馬新聞の記者さんも、常に自信があって◎をつけている訳では無い。



▼「自信がない◎」がより集まって、断然人気馬を作り上げてしまうケースも多々あるわけです。

このような断然人気馬は、オッズの割に、好走確率が低くなります。

その結果、このタイプは単勝回収率も複勝回収率も低くなるわけですね。

競馬で勝ちたければ、過剰人気の馬を軸馬にしてはならないということです。



▼▼ところで、世間一般では、「期待値」というと、「期待する気持ち」というような使い方をするケースが多いです。

競馬でも、「この馬に対する期待値は高いですね」という使い方をされることがあります。

ただこの使い方は、厳密に言うと間違いです。



▼期待値というのは、期待する気持ちではなく、「ある試行を行ったとき、その結果として得られる数値の平均値のこと」です。

先ほどから解説している通り、競馬における期待値とは、回収期待値という意味です。

期待する、という意味ではなく、いくら回収できるかの指標という意味ですね。



▼ここの言葉の意味を間違って覚えてしまうと、馬券の勝ち組から遠ざかります。

単純に、期待できるという意味で使ってしまうと、馬券で利益を出す仕組みも理解できないからです。



なぜ馬券で利益が出るかというと、「オッズに間違いがあるから」です。

もしオッズがすべての馬の能力を正確に指し示していたとしたら、馬券で利益を出すことはできません。

なぜなら、馬券には平均25%の控除率があるからです。

この控除率を超えて利益を出すためには、「オッズが間違っている部分」をピンポイントで狙っていく必要があるわけです。



▼なので、「期待値が高い馬券」というのは、好走が期待できる馬券ではなく、オッズがポジティブに間違っている馬券、というニュアンスになります。

期待値が高い馬券は、的中率が高い馬券ではなく、回収率が高い馬券になります。

かなり微妙なニュアンスですが、ここをしっかり理解しておかないと、馬券の勝ち組にはなれません。



▼例えば、

「単勝2倍、想定勝率33%」
「単勝2倍、想定勝率55%」

このような2パターンの馬がいたとします。

この場合、前者は期待値が低い馬であり、後者は期待値が高い馬ということになります。



▼ここで難しいのは、想定勝率をどのように判断するかです。

単勝オッズは誰でも見ることができるので問題ないと思いますが、想定勝率をどうやって導き出すか。

これは先程も少し書きましたが、データ分析から導き出すことになります。



▼「過去の膨大なレースをデータ分析し、期待値が高い条件を抽出する」ということですね。

これは馬券で勝っている人の多くがやっていることです。

馬券で利益を出すためには、的中率はひとまず置いておいて、回収率が高い条件を探さなければならない。

回収率が高いという事は、期待値が高いということであり、やはり期待値を制するものが馬券利益を制するということになるわけです。



▼▼では次に、具体的なケーススタディを見てみましょう。


大阪杯2022年

1着 ポタジェ(8番人気)
2着 レイパパレ(3番人気)
3着 アリーヴォ(7番人気)

ワイド1990円・3160円



はい。
このレースは、1番人気のエフフォーリアと、2番人気のジャックドールの対決に注目が集まりましたが、冷静に期待値を考えてみると、その2頭はあまり美味しくない馬だったことがわかります。



▼まず、1番人気のエフフォーリア。

前年の年度代表馬であり、現役最強馬。

ハナ差で負けたダービー以外はすべて勝っており、死角はないように見える。

ただ、単勝オッズは1.5倍。これは見るからに売れすぎ。

エフフォーリアが勝ってきたレースは、ほとんどが中山競馬場と東京競馬場のレースであり、今回は初めての阪神競馬場。

初めての関西遠征というのは、意外と馬に負担がかかるもの。

当ブログではいつも書いていますが、人気馬というのは、不確定要素が少なければ少ないほど信頼できることになります。

逆に、不確定要素が多い人気馬というのは、何が起こるか分からないので、期待値が下がるわけです。



▼逆に、人気薄を狙うなら、不確定要素が多い人気薄を狙った方が、競馬での期待値は高くなりやすいです。

人気薄というのは、能力が劣る馬なので、不確実な要素がないと、通用しないからですね。



▼そう考えると、2022年の大阪杯において、単勝1.5倍のエフフォーリアは、不確定要素が多かった。

初めての関西輸送。いまだかつてないほど、調教の動きが悪い。

このような状況下で、単勝1.5倍は売れすぎだなと、冷静に判断できるかどうかがポイントになります。



▼それから、2番人気のジャックドール。

「サイレンススズカの再来」などとマスコミにもてはやされ、2強対決と煽られる。

しかしながら、実績を冷静に見てみると、金鯱賞でローカル重賞を1つ勝っただけの馬。

格的には、今回のメンバーでは上位とは言えない。

しかもマークされるとモロい逃げ馬。斤量も1キロ増量。

従って、ジャックドールも期待値的にはあまり高くないと言えます。



▼1~2番人気の期待値が低くなると、3番人気以下の期待値が上がりやすくなります。

3番人気のレイパパレは、前走の金鯱賞では、ジャックドールに完敗したものの、斤量が2キロ重かった上に、逃げ馬には楽なペースだった。

今回は、2キロのアドバンテージが生まれる。

1~2番人気と比べると、3番人気のレイパパレの期待値が高いと判断できるわけです。



▼馬券構成は、1~2番人気が過剰人気とは言え、強い馬なので、「3番人気のレイパパレからのワイド」とします。

馬券の構成は下記の通りです↓


ワイド流し


3番人気レイパパレ

相手ヒモ馬
4~9番人気(6点買い)


という感じですね。

1~2番人気をヒモに入れると、的中率は上がりますが、合成オッズが下がってしまい、回収率が下がるので切ります。



▼結果は、過剰人気と見た1~2番人気が飛び、ワイドダブル的中。

6点買いで、1990円+3160円=5150円ゲットとなり、レース回収率は858%の完勝となりました。

このレースのポイントは、2強対決のムードに流されず、1~2番人気の期待値が低いことを判断できたかどうかですね。

そこだけ冷静に見ることができれば、ワイドだけでなく、三連複や三連単の大穴馬券を的中することもできたレースだったと言えます。


競馬で年間プラス収支を達成するために

競馬で勝ちたい人は、必ず見ておくべきサイトを紹介。
年間プラス収支の私が、ずっと利用している競馬情報でもあります。
 ↓↓
この馬券学校。

その他、無料で使える競馬情報ランキングは、こちらにまとめました。
 ↓
無料だけど役立つ競馬サイトランキング