競馬の期待値とは?

▼本日は、馬券期待値について、当研究所の見解を書いてみたいと思います。



▼パチンコに「期待値」があるのは、多くの人がご存知かと思います。

パチンコの台には、それぞれの設定ごとの期待値があり、勝てる台と勝てない台があるわけです。



▼それと同じように、実は競馬にも期待値が存在しています。

競馬は、お馬さんが走るゲームなので、期待値を数値化できないと思っている人が多いです。

でも、競馬もパチンコと同じように、期待値分析が可能です。

つまり、儲かる馬と、儲からない馬がいる。



▼馬券における期待値というのは、主にデータ分析から導き出すことになります。

有料のパソコンソフトを使って、過去の無数のレースを分析する。

その中から、「期待値がプラスになる馬」と「期待値がマイナスになる馬」を分類していくわけです。



▼期待値というのは、言い換えれば、「回収理論値

100円の馬券を購入した時に、いくら戻ってくるか?

これを分析するのが、競馬における期待値分析となります。



▼競馬で勝つためには、この期待値を考えることが重要になります。

簡単に言えば、「100円の馬券を購入して、101円以上になる時だけ勝負」

これを徹底できれば、長期的には利益が積み上がっていくわけです。



▼これはあくまでも、長期的な話になります。

パチンコと同じですが、試行回数を何度も繰り返す中で、確率は収束していきます。

なので、「目の前のレースを購入して、今すぐ確実にプラスにする」という手法はありません。

そんなことができたら、みんな簡単に大金持ちになってしまいます。



▼「期待値が1を超える馬券」とは、言い換えれば、儲かる馬券。

「回収率が100%を超える馬券」とも言える。

もっと厳密に言うと、「同じ条件で馬券購入し続けた時に、おそらく長期的には、回収率が100%を超えるであろう馬券

というニュアンスになります。



▼パソコンソフトでデータ分析すれば、このような、長期回収率が100%を超える条件の馬というのを発見する事ができます。

ただそれは、あくまでも過去の結果にすぎない。

それが未来においても、回収率100%を超えるのか?

ここがデータ分析する人の、腕の見せ所になります。



同じ競馬分析ソフトを使っても、勝てる人と勝てない人がいる。

それは、「期待値が高い馬」を探す技術の違いです。

例えば、「過去の10レースを分析して、回収率150%だ!この条件で狙おう!」

これはダメ。

過去の10レースでは、試行回数が少なすぎて、データとしての有効性はほぼゼロです。

狙うオッズにもよりますが、最低でも300レースくらいは分析しないと、期待値は見えてこないわけです。


競馬の年間収支をプラスにするサイトを公開

▼競馬ファンの最終目標である「年間プラス収支」

これを達成するためには、馬券知識を身につけるしかない。

私が、年間プラス収支を達成できたのは、

やっぱり⇒『このユニークなサイト』で学んだからです。




期待値とオッズの歪みの関係

▼競馬の期待値についての考察を続けます。

先程の続き。

ここまでをまとめると、「競馬にもパチンコと同じように期待値がある。期待値が高い馬券だけを購入すれば、長期的には利益が出る

ということになります。



▼では、期待値が高い馬券というのは、なぜ発生するのか?

これは簡単で、「競馬ファンは、すべての馬の能力を正確に把握しているわけではないから」です。



▼中央競馬のオッズは、競馬ファンが購入した馬券の金額によって上下します。

多くの競馬ファンが購入した馬は、オッズが下がり、人気になります。

逆に、競馬ファンからあまり支持されなかった馬は、オッズが上がり、人気薄となる。



▼多くの場合、オッズは馬の能力を指し示しています。

オッズは、すべての競馬ファンの知識が総動員されたものなので、それなりに精度は高いわけです。



▼1番人気の馬は、長期的には1番強い。

シンガリ人気の馬は、長期的には1番弱い。

まずはここが前提になります。



▼長期的・平均的には、オッズは能力を指し示しているんですが、必ずそれが正しい訳では無い。

短期的には、オッズが間違っていることもあるわけです。

これが、「オッズの歪み」ですね。



▼例えば、「3番人気だけど、実は1番強い馬」

このような馬が、頻繁に登場します。

この場合、能力は1番なのに、オッズは3番人気。

ということは、過小評価されている馬であり、このようなタイプの馬の単勝を買い続ければ、長期的には、回収率がプラスになるわけです。

つまりこの馬は、期待値が高い馬と言える。



▼オッズと実力のミスマッチ。

つまり、オッズが歪んでいる。

このようなオッズの歪みは、プラス方向にも、マイナス方向にも発生します。



▼先ほどは、「強いのに、人気がない馬(馬券的妙味がある馬)」の例を出しました。

これは逆バージョンもあるわけです。

つまり、「弱いのに、人気になっている馬」ですね。



▼これはいわゆる、過剰人気という状態。

主にマスコミが過剰に持ち上げることで、能力以上に馬券が売れてしまっている状態です。

このようなタイプの馬を買い続けると、馬券収支は確実にマイナスになります。

これが、期待値の低い馬券の代表例ですね。

「馬券的妙味がない馬」と言えます。

競馬で年間プラス収支を達成するために

競馬で勝ちたい人は、必ず見ておくべき。
 ↓↓
この馬券学校。