G1レース・重賞レースで強い騎手

▼本日は、大舞台に強い騎手について、当研究所の見解を書いてみたいと思います。



騎手も人間なので、人それぞれ特徴があります。

平場に強い騎手もいれば、G1レース・重賞レースで活躍する騎手もいる。

私たちが馬券を購入するときは、このような騎手の特徴を考えて購入すると、利益を出しやすくなります。



▼では早速、具体的なデータを見てみましょう。

まずは、「重賞レースに強い騎手(2015年~2019年)」です↓


・ルメール騎手⇒単勝回収率123%

・Mデムーロ騎手⇒単勝回収率125%

・田辺騎手⇒単勝回収率126%

・浜中騎手騎手⇒単勝回収率114%

・ムーア騎手⇒単勝回収率91%

・池添騎手⇒単勝回収率92%



はい。
まずは、過去5年程度の単勝回収率で抽出してみました。



▼このデータ期間では、JRA所属の外国人騎手2人の成績が飛び抜けています。

ルメール騎手と、Mデムーロ騎手ですね。

重賞レースでは、やはりこの2人が中心になってきます。



まず、なんと言っても、重賞レースで最強の騎手は、ルメール騎手。

単勝回収率123%・複勝回収率93%という、文句のつけようのない成績になっています。



▼ルメール騎手のさらに詳細なデータはこちら↓

・勝率22%
・連対率39%
・複勝率49%


はい。
例えば、重賞レースで三連複を購入する場合、ルメール騎手を軸馬にしておけば、半分くらいのレースで軸馬が馬券圏内に来るということになります。

あとは、相手ヒモ馬を適当に選ぶだけで、コンスタントに三連複が的中することになります。



▼連対率の39%もかなり驚異的です。

池添騎手などは、単勝回収率が92%と優秀ですが、連対率は13%しかありません。

これはつまり、池添騎手は勝負強く、重賞レースで1着になることが多いけれど、惨敗も多く、安定しないということを表しています。



▼それに対して、ルメール騎手は、重賞レースの勝利数も多く、安定的に2~3着にも持ってくるというデータ傾向になっています。

なので、現時点では、重賞レースを購入するときは、ルメール騎手から購入しておけば、どの馬券種を選んだ場合でも、回収率が高くなりやすいということになります。



▼ルメール騎手は、単勝回収率が高いので、単勝だけでなく、三連単・馬単の1着固定でも、利益を出すことができる。

また、複勝回収率も高いので、三連複や馬連・ワイドでも、儲かる騎手と言えます。


競馬の年間収支をプラスにするサイトを公開

▼競馬ファンの最終目標である「年間プラス収支」

これを達成するためには、馬券知識を身につけるしかない。

私が、年間プラス収支を達成できたのは、

やっぱり⇒『このユニークなサイト』で学んだからです。




Mデムーロ騎手の狙い目

▼G1レース・重賞レースで儲かる騎手についての考察を続けます。

先程の続き。

前半では、ルメール騎手の優秀さについて書いてみました。

ここでは他の騎手について考えてみます。



ルメール騎手の次に優秀なのが、Mデムーロ騎手。

単勝回収率は125%と、ルメール騎手を上回る成績になっています。



▼Mデムーロ騎手の、さらに具体的な、重賞レースデータはこちら↓

・勝率21%
・連対率34%
・複勝率45%


はい。
ルメール騎手ほどではありませんが、かなり優秀な数字になっています。



▼この数字だけ見ると、Mデムーロ騎手で大儲けできそうな感じがしてきますが、注意点もあります。

それは、Mデムーロ騎手は、調子にムラがある。

調子が良い時には、ものすごい勢いで重賞レースを勝ちますが、調子が悪いときは、強い馬に乗ってもミス騎乗が目立ちます。

参考記事
 ↓
Mデムーロ騎手の買い方・狙い方



▼Mデムーロ騎手の、年度別の重賞レースの回収率を見てみましょう↓

・2015年。227%
・2016年。107%
・2017年。140%
・2018年。94%
・2019年。31%(前半まで)



はい。
年ごとに、かなり波が大きいことがわかります。

なので、Mデムーロ騎手を狙う時は、調子が良い時期を狙っていくことで、回収率を上げやすくなります。

逆に、重賞レースで連敗している時など、調子が悪いときには狙わない方がよさそうです。



▼ちなみに、Mデムーロ騎手の記事でも書きましたが、彼は「ダート重賞」の回収率が非常に高いです。

上述した期間で見てみると、単勝回収率423%・複勝回収率168%と、素晴らしい成績になっています。

追えるタイプの騎手なので、パワーが必要なダート重賞レースは、合うのかもしれません。

Mデムーロ騎手のダートは、ひとつの狙い目ですね。



▼あと、Mデムーロ騎手は、重賞レースで8番人気以下だと、ほとんど来ていません。

人気薄の騎乗数が少ないというのもありますが、Mデムーロ騎手は基本1~7番人気で狙っていくと、効率よく的中を拾えると思います。



▼Mデムーロ騎手の重賞レース成績を、競馬場別に見ると↓

・京都競馬場。単勝回収率127%
・阪神競馬場。単勝回収率136%


はい。
関西の重賞レースで、非常に回収率が高くなっています。

Mデムーロ騎手を重賞レースで狙う時は、関西圏で狙っていくと、さらに回収率が上げやすくなると思います。



▼▼ちなみに、ルメール騎手の競馬場ごとの成績も見てみましょう(重賞レース。2015~2019年)

東京競馬場⇒単勝回収率165%
中山競馬場⇒単勝回収率67%
京都競馬場⇒単勝回収率99%
阪神競馬場⇒単勝回収率121%
札幌競馬場⇒単勝回収率212%



はい。
ルメール騎手の場合は、ほとんどすべての競馬場で回収率が高いわけですが、中山競馬場だけは回収率が低めになっています。

中山競馬場を苦手としているわけではないんですが、他の競馬場と比べると、穴馬での激走が少ないですね。

その分、回収率が低くなっている印象です。

連対率が特別低いわけではないので、中山競馬場でも、人気馬なら信頼できます。



▼ルメール騎手の重賞レースでの回収率を、競馬場ごとに見ていくと、東京競馬場がズバ抜けて高いことが分かります。

東京競馬場の重賞レースでは、ルメール騎手から馬券を購入するだけで、簡単にプラス収支になってしまうという状況です。



▼次にルメール騎手の回収率が高いのは、阪神競馬場ですね。

ルメール騎手は、仕掛けをギリギリまで遅らせるタイプの騎手なので、直線が長く、差しが決まりやすい東京と阪神では、回収率が高くなりやすいわけです。

逆に、直線が短く、トリッキーな中山競馬場では、回収率が低くなっています。



▼ただ、同じ小回りコースでも、札幌競馬場では素晴らしい回収率になっています。

札幌は夏競馬限定ですが、札幌の重賞レースにルメール騎手が参戦してきたら、要注意ですね。



ルメール騎手の、重賞レースでのグレード別の成績も見てみましょう。

G3⇒単勝回収率83%
G2⇒単勝回収率177%
G1⇒単勝回収率110%



はい。
ルメール騎手は、同じ重賞レースでも、賞金が高くなればなるほど、回収率も上がっていきます。

大きなレースに強いということですね。



▼特にG1では、多くの競馬ファンが馬券を購入すると思いますので、ルメール騎手をチェックしておくことが重要です。

G1では、武豊騎手が有名なので、彼を狙う人も多いんですが、回収率ではルメール騎手の圧勝になっています。

G1レースや重賞レースで回収率を上げたければ、武豊騎手より、ルメール騎手ですね。



▼ちなみに、武豊騎手の同じ期間での重賞レースの回収率は、単勝回収率72%です。

ごく普通の成績になっています。

武豊騎手の場合、馬の能力以上に馬券が売れてしまうので、オッズが下がり、回収率も下がってしまうケースが多いです。

武豊騎手は、カリスマ性があり、随所にスーパープレーを見せる騎手ですが、儲かる騎手かと言われると、ちょっと微妙ですね。

競馬で年間プラス収支を達成するために

競馬で勝ちたい人は、必ず見ておくべき。
 ↓↓
この馬券学校。