内枠と外枠どっちが儲かる?

▼本日は、内枠と外枠の回収率について、当研究所の見解を書いてみたいと思います。



▼競馬では、そのコースによって、枠順による有利不利があります。

以前にも特集したので、そちらも併せてご覧ください。

参考記事
 ↓
競馬 何枠が有利?



以前にも書いた通り、「芝のレースでは内枠有利」「ダートは外枠有利」という感じになりやすいです。

これは、勝率・連対率・複勝率のデータから判定しています。



▼では、「回収率」はどうなのか?

内枠と外枠どっちが儲かるのか?

ここからデータ分析してみたいと思います↓


芝の重賞レース(2010年~2019年)

1番枠⇒平均単勝回収率91%
3番枠⇒平均単勝回収率89%
5番枠⇒平均単勝回収率63%
6番枠⇒平均単勝回収率105%
11番枠⇒平均単勝回収率81%
15番枠⇒平均単勝回収率74%
18番枠⇒平均単勝回収率85%



はい。
大穴馬の高配当は除外して、全馬の平均的な回収率を抽出すると、大体このようになります。



▼まず大前提として、芝の重賞レースでは、内枠になればなるほど好走確率が上がります。

つまり、芝の重賞レースでは、1番枠の馬が勝率・連対率・複勝率いずれもトップクラスになる。

そして、大外18番枠が、最も好走確率が低いということになります。



連対率で見ると明らかで、1番枠は連対率16%、18番枠は連対率8%と、ダブルスコアになっています。

このことからも、芝の重賞レースでは、完全に内枠有利の傾向にあると言えます。



▼しかしながら、内枠が有利であることと、「内枠が儲かる」というのは、話が全く違います。

なぜかというと、競馬の利益というのは、オッズによって決まるからです。



▼要するに、芝の重賞レースでは、内枠の方が好走確率が高いんだけれども、それは競馬ファンがみんなわかっているので、内枠の馬は馬券が過剰に売れるわけです。

その結果、上述したような平均的な回収率になってしまうわけですね。



▼「内枠の馬は有利だが、過剰人気になるので、平均配当が低くなる」

「外枠の馬は不利だが、あまり馬券が売れないので、平均配当は高くなる」

その結果、どちらも回収率は平均化され、どっちが儲かるというわけでもなくなってしまうわけですね。



▼先程の、平均単勝回収率が高い枠順だけを抜き出してみると↓


1番枠⇒単勝回収率91%
3番枠⇒単勝回収率89%
6番枠⇒単勝回収率105%
13番枠⇒単勝回収率94%
17番枠⇒単勝回収率89%



このような感じになります。

内枠から外枠まで、まんべんなく散らばっているのが分かりますね。

これを踏まえて、次章ではさらに具体的なデータを見ていきましょう。


競馬の年間収支をプラスにするサイトを公開

▼競馬ファンの最終目標である「年間プラス収支」

これを達成するためには、馬券知識を身につけるしかない。

私が、年間プラス収支を達成できたのは、

やっぱり⇒『このユニークなサイト』で学んだからです。




ダートで儲かる枠順は?

▼内枠と外枠の回収率についての考察を続けます。

先ほどの続き。

芝の重賞レースでは、圧倒的に内枠が優勢になっているが、回収率にすると外枠とそれほど差がない。

なので、単純に内枠が儲かるわけでは無い。

ここまでは良いと思います。



▼では次に、「ダート重賞レース」ではどのような傾向になるか見てみましょう。

ダート重賞で、平均単勝回収率が高い枠順は↓


2番枠⇒単勝回収率99%
4番枠⇒単勝回収率127%
6番枠⇒単勝回収率99%
8番枠⇒単勝回収率90%
16番枠⇒単勝回収率131%
大外枠⇒単勝回収率104%



はい。
ダート重賞レースでは、非常に分かりやすい傾向が見られます。



▼まず目立つのは、ダート重賞レースでは圧倒的に「偶数枠」の回収率が高いのが分かります。

偶数枠というのは、ゲートが後入れなので、ゲートの中でイレ込んで、出遅れるリスクが少ない。

ダート重賞では、出遅れは致命傷になるので、偶数枠は非常に回収率が高くなるわけです。



▼ちなみに、ダート重賞レースで、偶数枠の「連対率」が高いわけではないです。

ダート重賞レースでは、基本的には外枠有利なので、外枠の好走確率が高い。

でもそれは、競馬ファンもわかっているので、外枠は馬券が売れやすい。

これは、先ほど説明した、芝の重賞レースとは真逆の傾向ですね。



▼ちょっと脱線しましたが、ダート重賞レースでは、偶数枠の期待値が高くなりやすいわけです。

これを覚えておくと、軸馬を決める時や、単勝を狙うときに役に立つと思います。



ダートで、「偶数枠は1着が多い」「奇数枠は2~3着が多い」

これを頭に入れておくだけでも、馬単や三連単の馬券構成が楽になるし、回収率も上がりやすくなると思います。



▼それからもうひとつ。

ダート重賞では、「大外枠」の回収率が高いです。

ダートでは、外から被されるのを馬が嫌がるので、自分の外に馬がいない大外枠は、走りやすいわけです。

ダートの大外枠は、平均単勝回収率が103%と非常に優秀。

ダート重賞レースで大外枠の馬は、一応警戒しておくのが良いかと思います。



▼▼では次に、芝の重賞レースの話に戻りましょう。

先ほども書いたとおり、芝の重賞レースでは、内枠の馬の好走確率が高いです。

それはつまり、芝の重賞レースでは、内枠が有利と言うことです。



▼ただ、だからといって内枠の馬ばかり購入すれば儲かるかというと、そんなに簡単な話では無い。

なぜなら、内枠の馬は馬券がよく売れるので、オッズが低くなり、回収率も平均化されるからです。

ここまでは良いかと思います。



▼ただそれでも、芝の重賞レースにおいては、やや内枠の方が儲かると思います。

それほど決定的な差は無いにせよ、やはり外枠と比べると、内枠の方が儲けやすいわけです。



▼その原因の1つとして、「芝の重賞レースでは、内枠のほうが的中率が明らかに高くなる」という部分があります。

回収率に関しては、内枠の馬は馬券が売れるので、外枠とそれほどの差はないです。

しかし、的中率に関しては、明確な差があるわけですね。


先ほども少し書きましたが、芝の重賞レースで「1番枠」と「18番枠」では、連対率が倍ほども違うわけです。

という事は、芝の重賞レースでは内枠を狙った方が、的中率が倍近くなる可能性があるわけですね。



▼また、回収率に関しても、それなりに裁定されているとは言え、やはりわずかながら内枠の優位性が残されています。

内枠の単勝回収率を平均的に見ると、大体75%程度。

それに対して、外枠の単勝回収率を平均化すると、大体60%くらいしかありません。



▼このことから、芝の重賞レースでは内枠の方が、外枠よりも儲かると言えます。

特に、「軸馬」を決める場合には、内枠の馬を優先的に選んでいくと、的中率と回収率が上がりやすくなります。

もちろん、百発百中で内枠が有利になるわけでは無い。

内枠と外枠で迷って、内枠を選んだら、外枠が来た。

そんなことも、もちろんあります。



▼しかし、競馬というのは何百レース・何千レースと積み重なっていくもの。

試行回数が増えれば増えるほど、内枠の優位性は増し、的中率と回収率に影響を及ぼします。



▼近年の重賞レースでは、特に内枠有利の傾向が顕著です。

日本の芝の馬場状態が、いわゆる「高速馬場」になりやすくなっており、高速馬場では内枠が有利になりやすいわけです。

その結果、最近の芝の重賞レースでは、「内枠の馬が上位を独占」というレースが増えたように思います。

そう考えると、軸馬もヒモ馬も、集中的に内枠を狙っていくスタイルでも、長期的には回収率を上げることが可能かもしれません。

ただそれをやると、短期的な連敗期間が発生してしまうので、私の場合は、ヒモは外枠も含めて検討しています。


競馬で年間プラス収支を達成するために

競馬で勝ちたい人は、必ず見ておくべき。
 ↓↓
この馬券学校。