競馬初心者の女性の買い方

▼本日は、競馬初心者の女性の馬券について、当研究所の見解を書いてみたいと思います。



▼最近は、競馬もオシャレになってきて、女性でも普通に馬券を楽しめる時代になりました。

とても良いことですが、その一方で、馬券の買い方がわからない女性も多いようです。



女性は男性に比べて、データ分析などの数字的な処理が得意ではない人が多いですね。

この辺が、女性の馬券の弱点にもなっているような印象です。



▼馬券は知識の勝負なので、男性でも女性でも関係なく勝てます。

腕力勝負なら男性には勝てませんが、頭脳勝負なので、女性でも大丈夫です。



▼競馬初心者の女性が馬券を購入する場合、特徴として、


・複勝馬券を好む

・本命サイドを好む

・重賞レースを好む



このような傾向がある感じです。



▼まず、女性は複勝馬券を好む傾向にある気がします。

男性の場合は、三連単などの一発万馬券を狙っていける馬券種を好む傾向にあるんですが、女性の場合は逆に、的中率の高い複勝馬券を好む人が多い印象。



▼ただ、当サイトでいつも書いていますが、複勝馬券というのは利益を出すのに、あまり向かないんですね。

複勝は、的中率が高い代わりに、オッズがとにかく低い。

オッズが低すぎて、期待値が高い馬を狙っても、なかなか控除率の20%を超えることが難しかったりするわけです。



▼なので、女性の方で複勝馬券をよく購入するけど、なかなか利益が出ない人。

このようなタイプの人は、購入する馬券種を、複勝以外にシフトさせることで利益が出やすくなるわけです。



▼例えば、女性におすすめの馬券種としては、「ワイド」があります。

ワイドというのは、1~3着以内に入る馬を2頭当てる馬券。

馬連の場合は、1-2着しか的中にならないのに対し、ワイドの場合は3着まで的中範囲が広がります。



▼2頭同時に当てる必要があるので、複勝馬券より難しくなりますが、オッズも高くなるので、複勝より利益を出しやすい馬券種と言えます。

ワイド馬券の買い方としては、「1~4番人気のうち、2頭を選んで、ワイド1点買い」というものがあります。

ワイドの場合、複勝よりはオッズが高いとは言え、それでもオッズは低めになるので、買い目点数は絞り込む必要があります。



▼そこで、ターゲットを1~4番人気に絞り、そこから2頭選んで、1点勝負にします。

本命サイドの馬券は的中率が高く、ワイドの本命サイドは、回収率も上がりやすくなりますので、なかなかオススメの買い方になります。

競馬の年間収支をプラスにするサイトを公開

▼競馬ファンの最終目標である「年間プラス収支」

これを達成するためには、馬券知識を身につけるしかない。

私が、年間プラス収支を達成できたのは、

やっぱり⇒『このユニークなサイト』で学んだからです。




女性でも、レースはしっかり選ぶこと

▼競馬初心者の女性の馬券購入についての考察を続けます。

先程は、本命サイドのワイド馬券について書いてみました。

ここでは、レースの選び方について考えてみたいと思います。



ワイド馬券で本命サイドを狙う場合、「本命サイドが強いレース」を選んでいくことで、的中率と回収率が上がります。

女性の場合、G1レースや重賞レースばかり購入する傾向にありますが、馬券で勝つことを考えるなら、自分でレースを選んだ方が絶対に良いです。



▼中央競馬には、朝の第1レースから、夕方の最終第12レースまで、12種類のレースが用意されています。

さらに、関東と関西と裏開催。

競馬場が3つ同時に開催されることが多いので、1日36レースも行われることになります。



▼競馬初心者の女性の場合、まずこれだけのレースが行われていることを知らない人が多い。

重賞レースしか見えていないわけです。

でも、中央競馬のレースには、いろいろな種類のレースがあり、当てやすいレースもあれば、当てにくいレースもあるわけです。



▼なので、私たちは「当てやすいレース」を探して、そこで勝負すればよい。

例えば、先程のワイド1点勝負で言えば、「少頭数のレース」は、当てやすいレースに入ります。



▼中央競馬のレースは、最大で18頭立てまで、頭数が増えることになります。

でも、競馬初心者さんに、いきなり18頭立てのレースを予想しろと言っても、これはなかなか難しいわけです。

馬券対象馬が多すぎるので、馬を絞りきれないんですね。



▼しかも、先ほどの「ワイド1点勝負」であれば、18頭もいると、大きく的中率が下がってしまい、途中で飽きてしまいます。

なので、初心者の女性は、最初は「頭数10~12頭」くらいのレースで、ワイド馬券を購入してみると良いかと思います。

これくらいの頭数であれば、ワイド1点勝負でも、30%くらいの的中率になり、競馬を楽しめると思います。



▼あとは、「ハンデ戦」は、できるだけ避けた方が良いです。

ハンデ戦というのは、強い馬にハンデを与えるレース。

強い馬は、斤量が重くなるんですね。

このハンデ戦は、狙った通りの決着にならないことが多く、初心者の女性には難しいので、最初のうちは避けた方が無難ですね。



▼▼競馬初心者の女性が馬券を購入する場合、ハンデ戦以外にも避けた方が良いレースがいくつかあります。

少し列挙してみましょう↓


×ハンデ戦
×牝馬限定戦
×多頭数のレース
×裏開催・ローカル開催



はい。
これらのレース条件は、予想通りに決着しないケースが多く、女性や初心者さんには向かないと思われます。

要するに、このような条件のレースは難しいわけです。

荒れやすいとも言います。

荒れやすいレースは、馬券対象になる馬の数が多く、多点買いの必要があるので、女性や競馬初心者さんはあまり手を出さない方が良いかと思います。



▼「ハンデ戦」というのは、先ほども解説した通り、強い馬には重いハンデを与え、弱い馬には軽いハンデを与える。

こうすることによって、すべての馬の能力が、できるだけ均等になるようにするわけです。

なぜそのようなことをするかというと、レースを荒れやすくするためです。

中央競馬は興行なので、いつも堅いレースばかりだと、お客さんが離れてしまうんですね。



▼「牝馬限定戦」というのは、その名の通り、牝馬だけが集まったレースです。

競馬では、基本的に牡馬と牝馬が一緒に走ります。

そのため、牝馬の斤量は、牡馬より2キロ軽くなっています。

これは、牝馬の方が弱いので、2キロサービスしているわけですね。



▼ただ、2キロの恩恵(セックスアローワンス)があっても、やっぱり平均的に見ると、牝馬は牡馬より弱いケースが多いわけです。

そこで、牝馬限定戦を設定することで、牝馬にも活躍のチャンスを与えるわけです。



▼ただ、この牝馬限定戦も、荒れやすくなります。

牝馬というのは、女の子なので、繊細で気性が荒くなりやすい。

そのため、強い馬がちょっとした拍子に負けてしまったり、弱い馬が激走したりするわけです。

なので、牝馬限定戦も競馬初心者の女性は避けた方が良いレースになります。



▼桜花賞やオークスなど、牝馬限定戦でも比較的予想しやすいレースはあるんですが、牝馬限定戦全体を見ると、やはり難しいレースが多い印象です。

女性ユーザーは、牝馬を好むところがありますが、牝馬は基本的に回収率が低いので、あまりこだわりを持たない方が良いかもしれません。



▼ジェンティルドンナやアーモンドアイなど、女傑と言われる牝馬もいますが、これは例外的な存在です。

過去のデータ分析をしても、牝馬はやはり牡馬より回収率が低くなります。

ですから、競馬予想するときは、牡馬を中心に考えていく方が、利益を出しやすくなるわけです。

競馬で年間プラス収支を達成するために

競馬で勝ちたい人は、必ず見ておくべき。
 ↓↓
この馬券学校。