馬券はどのクラスを買う?

▼本日は、競馬ではどのクラスが勝てるか?について、当研究所の見解を書いてみたいと思います。



▼競走馬は、獲得賞金ごとに「クラス」が決まっています。

500万下(1勝クラス)・1000万下(2勝クラス)・1600万下(3勝クラス)

という感じですね。

ただ、2019年の6月1日から、獲得賞金ごとではなく、「勝った回数」でクラス分けされるようになりました。

それが、上述したような、1勝クラス・2勝クラス・3勝クラスです。



▼まあ名称は変わりましたが、賞金制度自体は、以前と中身は同じなので、条件戦は3つのクラスに分かれているという認識で良いかと思います。

さてそれでは、この3つのクラス。どれを馬券購入すれば勝ちやすいのか?



▼競走馬のクラス分けは、厳密に言うと、3種類ではありません。

このような感じ↓


・新馬/未勝利
・1勝クラス
・2勝クラス
・3勝クラス
・オープン(重賞)



はい。

大きく分けると、この5種類になります。



▼では、この5種類の中で、どのクラスを買うべきか?

これについては、それぞれの馬券購入スタイルによって変わってくるわけですが、予想のしやすさで言えば、

1000万下(2勝クラス)

が良いかと思います。私の感覚ですが。



▼1勝クラスは、1回勝っただけの馬なので、各馬の能力が玉石混交なわけです。

新馬/未勝利でも、レベルの高いレースもあれば、レベルの低いレースもある。

なので、1勝クラスは意外と難しく、競馬初心者さんには向かない部分もあります。



また、1勝クラスは下級条件のレースなので、競馬新聞等でも情報が少ないです。

情報が多ければ勝てるというものでもありませんが、予想のしやすさで言えば、やはり情報が揃っている方が良い。

そういう面でも、1勝クラスはちょっと予想がしにくい印象です。



▼それに対して、上級クラスである「3勝クラス」

こちらは、メインレースや準メインレースに組まれることが多く、競馬新聞等でも情報が多いです。

なので、1勝クラスと比べると、予想自体はしやすいですね。



ただ、3勝クラスは的中率が低くなりやすい印象です。

なぜかというと、3勝クラスの場合、各馬の能力が接近しており、大混戦のレースになりやすいからです。

つまり荒れやすい。



▼1勝クラスだと、先ほども書いたとおり、玉石混交なので、強い馬と弱い馬がはっきり分かれていることが多い。

なので、取捨選択が簡単で、的中率は上げやすいわけです。

それに対して、3勝クラスは、1000万条件とオープンのスキマで、非常に中途半端なクラスになります。

そのため、中途半端に能力が高い馬が集まっているケースが多く、非常に難解です。

このことから、私がよく購入するクラスは、「1000万下(2勝クラス)」という事になります。


競馬の年間収支をプラスにするサイトを公開

▼競馬ファンの最終目標である「年間プラス収支」

これを達成するためには、馬券知識を身につけるしかない。

私が、年間プラス収支を達成できたのは、

やっぱり⇒『このユニークなサイト』で学んだからです。




競馬では、どのクラスを選ぶか?

▼競馬は、どのクラスが勝てるか?についての考察を続けます。

先ほどの続き。

年間プラス収支をキープしている私がよく購入するクラスは、1000万下(2勝クラス)です。

2勝クラスは、500万下からの勝ち上がりと、現級馬を比較することになるわけですが、1勝クラスや3勝クラスと比べると、非常に能力比較がしやすい印象です。



▼1勝クラスを強い競馬で勝ち上がってきた馬は、2勝クラスでも即通用する。

なので、純粋にその馬の能力を見極めていけば、昇級馬でも積極的に狙っていけるわけです。



▼それに対して、3勝クラスを勝って、オープンに挑戦する馬。

この場合は、能力が高い馬であっても、オープンの壁にはね返されるケースが多いです。

1600万下とオープンの間には、1階級以上の差があるように思うわけです。



▼かと思えば、3勝クラスを勝って、すぐにオープンでも通用する馬がいたりする。

この現象の要因は、能力だけではないように思います。

自分より格上と走っても、怖じ気づかずに、しっかりと能力を出せる馬がいる。

性格的なものなのか?血統的なものなのか?

いずれにしても、オープン特別などでは、この部分の見極めが非常に難しいわけです。



▼これが、1勝クラスを勝って、2勝クラスに出てきた馬は、見極めが比較的簡単だということ。

シンプルに、1勝クラスで強さを見せて勝ってきた馬は、2勝クラスでも素直に馬券に入れておいてよいかと思います。



▼また、1勝クラスをギリギリで勝ってきた馬。

このようなタイプは、2勝クラスでは通用しないケースが多い。

「前走1着」というのは、常に過剰人気になりやすく、馬券がよく売れるわけですが、1勝クラスをギリギリで勝ってきた馬は、期待値が低くなりやすいので、評価を下げる形にした方が無難です。

この場合は、現級馬内でオーソドックスに馬券構成することで、的中率が上がりやすくなります。

このように、2勝クラスは、昇級馬と現級馬の比較が容易であり、予想がしやすいことから、私がよく購入するクラスになっているわけです。



▼▼では次に、多くの競馬ファンが馬券を購入するであろう、「オープン(重賞)」について考えてみましょう。

他の記事でも書きましたが、重賞レースというのは、競馬初心者さんには難しいクラスになります。

なぜかというと、重賞は賞金が高く、各陣営みんな勝ちたいレースだからです。

そのため、各馬の仕上がり状態が良く、馬券圏内に入ってくるであろう馬の数が多いわけです。



▼例えば、2勝クラスであれば、馬券圏内に入ってくるであろう馬は、10頭前後に絞り込むことが可能です。

2勝クラスでは、「全く勝負にならない馬」が何頭かいるので、それらの馬をカットしていくと、7~10頭くらいに絞り込めるわけです。



それに対して、重賞レースの場合は、人気薄でも調教状態が良く、「絶対に来ない」と言い切れる馬が少ないんですね。

重賞レースでは、大体13頭前後の馬に、馬券圏内の可能性があります。

つまり、なかなか絞り込みが難しいわけです。



▼競馬初心者さんの場合、最初の絞り込みがうまくいかないと、買い目点数が多くなりすぎてしまい、馬券構成に迷ってしまいます。

競馬初心者さんの多くは重賞レースを購入するんですが、勝てていない人がほとんどです。



また、重賞レース以外のオープンレース、「オープン特別」と「リステッド競走(L)」については、重賞レースよりもさらに難解になります。

私の個人的な見解では、「オープン特別」と「リステッド競走」が、競馬のクラスで1番難しいと感じるわけです。



▼なぜオープン特別が難しいかというと、中途半端に能力の高い馬が揃っているからです。

一方、重賞レースの場合、クラス分けの頂点なので、めちゃくちゃ強い馬がいるわけです。

なので、その強い馬から流し馬券を構成すれば、的中させるのはそれほど難しくない。

ただ、上述したように、重賞レースでは、馬券対象馬の数が多くなるので、ヒモは手広く流した方が良いですね。



▼それに対し、オープン特別のレースでは、めちゃくちゃ強い馬がほとんどおらず、中途半端に強い馬が勢揃いしています。

その結果、荒れやすい傾向になり、なかなか馬券を当てるのが難しくなってしまうわけです。



私の個人的な見解では、「オープン特別」と「3勝クラス」は、初心者さんのうちはあまり手を出さない方が良いかと思います。

勝てるクラスとしては、「2勝クラス」と「少頭数の重賞レース」ですね。

この2つは、競馬初心者さんでも比較的、簡単に的中させることができるクラスになります。

競馬で年間プラス収支を達成するために

競馬で勝ちたい人は、必ず見ておくべき。
 ↓↓
この馬券学校。