馬券必勝法を検証

▼本日は、馬券必勝法について、当研究所の見解を書いてみたいと思います。



▼競馬においては、大多数の人は負けます。

これは競馬に限らずですが、パチンコでも株でも、その多くは負け組であり、勝ち組は一握りです。



▼一握りとは言え、勝ち組が存在しているのが競馬。

ただ、競馬の勝ち組は数が非常に少ないし、なかなか表舞台に出てくる人も少ないので、「競馬はみんな負け組になるんだ!」と思っている人も多いかと思います。



でも、競馬には確実に勝ち組が存在しています。

いつも書いていますが、競馬の勝ち組の定義というのは、「年間プラス収支を続ける人」です。

単発で大きな万馬券を取っても、それは偶然の勝利であり、勝ち組ではありません。



▼逆に言えば、単発で大きな万馬券を取るというのは、完全に運に左右される部分であり、狙いすまして万馬券を的中させる事は出来ません。

ここを勘違いしている人が多い。

「競馬の勝ち組は、自由自在に的中馬券を購入できるのか!」と思っている人も多いわけです。

でもそんなワケないですね。



▼競馬は、短期で見ると、ただの運です。

でも、長期で見ると馬券の実力差が少しずつ出てくる。

なので、「秋のG1、10番勝負!」とかいう短期決戦だと、実力の差は出ず、ほぼ運で決まるわけです。



▼でも、100レース、1,000レースと購入レースが増えれば増えるほど、実力の差がはっきり出てくる。

競馬は短期的には運に左右されますが、長期的には馬券力がある人が勝つ。そういう世界。



▼そう考えると、「馬券必勝法」は、短期的には「ない」ということになります。

でも、長期的な馬券必勝法ならある。

これは、年間プラス収支を続けている人が存在していることが証明しています。

私自身も、近年は年間プラス収支が続いています。



▼では、どうすれば馬券必勝法というものに近づけるのか?

私が思うポイントは2つ。


①長期目線で考える

②期待値が高い馬券だけを買う


これが馬券必勝法です。



▼非常にシンプル。

人それぞれ考え方はあると思いますが、私に言わせれば、馬券必勝法はこの2つがポイントになると思うわけ。



▼結局のところ、長期回収率をプラスにして、馬券で儲けるためには、「期待値が高い馬」を購入しなければならない。

競馬には、期待値が高い馬と、期待値が低い馬が存在しています。

なぜこのような差が出るかというと、オッズは競馬ファンが作るものだからです。



▼もし、オッズが馬の能力を正確に指し示すものであるならば、競馬で利益を出すことはできません。

なぜなら、「オッズ=能力」になってしまうと、控除率の分だけ確実に負けるからです。

でも、そうはならない。

競馬のオッズは競馬ファンが作るものであり、そこには必ず「オッズの歪み」が存在しているからです。


競馬の年間収支をプラスにするサイトを公開

▼競馬ファンの最終目標である「年間プラス収支」

これを達成するためには、馬券知識を身につけるしかない。

私が、年間プラス収支を達成できたのは、

やっぱり⇒『このユニークなサイト』で学んだからです。




競馬で儲ける必勝法

▼競馬必勝法はあるか?についての考察を続けます。

先ほどの続き。

競馬においては、「オッズ=能力」ではなく「オッズ≒能力」である。

なぜかというと、オッズは競馬ファンが作るから。

競馬ファンが作るオッズは、完璧ではないからです。



▼例えば、「単勝2倍」の馬がいたとする。

競馬では、年間でたくさんの「単勝2倍」がいるわけですが、同じ単勝2倍でも、みんな同じ好走確率という訳では無い。

「強い単勝2倍」もいれば「弱い単勝2倍」もいる。

これが、オッズの歪みですね。



▼このようなオッズの間違いがあるからこそ、私たちは、馬券で利益を出すことができるわけです。

つまり、競馬必勝法というのは、オッズの間違いを探して、儲かるオッズだけを購入すること。

これが先ほど私が言った、期待値が高い馬です。



▼ここで問題があります。

それは「オッズの間違いを、どのようにして探すのか?」という部分です。



▼オッズははっきりと目に見えますが、馬の能力や好走確率は、全く目に見えない。

だから競馬は、パチンコのようにはっきり期待値が高い馬を見極めることができないわけです。

ここが競馬のデメリットであり、面白いところでもある。



競馬歴が長いと勝ち組になりやすいのは、「好走確率」と「オッズ」を頭の中で比較することができるようになるからです。

データ分析する場合でも、結局「データとオッズ」を見比べて、お買い得なら勝負!という形になる。

なので、データだけ見ていても勝てません。

必ずデータ分析は、オッズとセットになります。



▼例えば、多くの勝ち組は、「超人気薄の単勝」を購入しません。

なぜかというと、超人気薄の単勝は、オッズと好走確率を見比べたときに、お買い得ではないからです。

つまり、超人気薄の単勝は、売れすぎる。

夢を求めて、単勝万馬券を狙う人が多いため、ほとんど勝つ見込みがない馬でも、そこそこ馬券は売れてしまうわけです。

このゾーンを狙っても回収率は上がらず、勝ち組になる事はできないため、現時点では、ここは期待値が低いゾーンと言えます。



▼▼なので、単勝馬券を狙うなら、1番人気~10番人気くらいの範囲で狙っていくのが良いかと。

11番人気以下の単勝馬券になると、回収率が大きく下がってしまうからです。



▼この理由は、上述したように、過剰投票の影響と、控除率の影響ということになります。

JRAに控除される金額は、穴サイドになればなるほど、多くなりやすい。

つまり、大穴狙いは、長期的な回収率があまり高くならないということになります。



▼もちろん、大穴狙いが成功すれば、その瞬間は大儲けできます。

しかしながら、同じ戦略で大穴狙いを続ける限り、最初の利益は全て飲まれ、マイナスが積もっていくことになるでしょう。



▼なので、大穴狙いをするなら、単勝馬券ではなく、軸馬を人気馬にして、ヒモで大穴を狙っていくのが良いかと思います。

本線は、「人気馬ー中穴馬」という組み合わせにしておき、ヒモで少しだけ大穴狙いを楽しむ。

このようなスタンスなら、大穴馬が回収率を引き下げることなく、高い回収率を維持できると思います。



▼ちなみに、11番人気以下の単勝馬券は、的中率が1%くらいしかないので、ほぼ全て外れることになります。

的中率1%でも、オッズが100倍以上の万馬券になるなら、長期間収率はプラスになります。

しかし、ここまで低い的中率になってしまうと、確率の偏りが強く出すぎてしまい、連敗期間が途方もなく長いものになってしまいます。

的中率1%なら、300連敗くらいは、あり得ますね。

これだと、全く利益を計算できないので、勝ち組から遠ざかりやすいと言えます。



▼したがって、馬券必勝法があるとすれば、「期待値の高い軸馬から、中穴馬への流し馬券」というのが、最も近いものなのかなと。

実際、私の馬券収支は年間プラス収支が続いていますが、上述したような買い方で馬券を構成することが多いです。



▼尚、単勝馬券で馬券必勝法を作るとしたら、「単勝馬券と複勝馬券を、1:2で購入」というのが、勝ち組に近い戦略になるかと思います。

これは、プロ馬券師でもよくやる買い方で、複勝馬券でリスクヘッジすることによって、単勝馬券の連敗期間を緩和するわけです。



▼この場合は当然、単勝期待値の高い馬を、単勝と複勝で狙うことになります。

単勝期待値が高い馬は、主にデータ分析で探しますが、パドックを見ることができる人は、パドックも強力な武器になります。

あとは、血統ですね。

この3つのいずれかを利用して、単勝期待値が高い馬を探し、単勝馬券で勝負するということになります。

競馬で年間プラス収支を達成するために

競馬で勝ちたい人は、必ず見ておくべき。
 ↓↓
この馬券学校。