ボックス馬券の買い方

▼本日は、ボックス馬券について、当研究所の見解を書いてみたいと思います。



ボックス馬券とは、軸馬を決めず、複数頭を選んだ馬の組み合わせを、すべて買う買い方です。

軸馬がコケても的中するので、初心者さんにも人気の買い方になります。



▼ボックス馬券の買い方としては、特に難しい事はなく、組み入れる馬の数だけを決めれば良い。

通常は、「馬連なら5頭ボックス」「ワイドなら3頭ボックス」「三連複なら6頭ボックス」「三連単なら5頭ボックス」

これくらいの頭数になるでしょうか。私の感覚ですが。



▼box馬券は自由度が高いので、レースによって臨機応変に買い方を変えることができます。

例えば、「このレースは比較的絞り込めるので、4頭ボックス」とか「ここは大混戦だから、7頭ボックス」など。



このような臨機応変の戦略も悪くは無いんですが、かなり上級者向けになります。

初心者さんでも、レースによって、ついついボックスに組み入れる頭数を変えたくなりますが、できればボックス馬券の頭数は、固定したほうが良いかと。



▼なぜかというと、あまり買い方がバラバラだと、敗因分析が難しくなるからです。

競馬の場合、そのレースが当たっても外れても、馬券を反省してメモしておくことが重要です。

この積み重ねで、どんどん馬券は上達していくわけですが、あまり買い方がバラバラだと、反省のしようがないわけです。



▼臨機応変に対応するのはいいんですが、馬券戦略に一貫性がないと、馬券を外した時に次に繋がらなくなる。

3頭ボックスと6頭ボックスでは、意味合いが全く違うわけです。

なのでこの場合、それぞれ別々に敗因分析、もしくは勝因分析する必要があるわけ。



▼それに対して、ある程度、買い方を一貫している人の場合、後から振り返って反省がしやすいわけです。

例えば、常に5頭ボックスにしている人の場合は、外れた時に、1頭抜けたのか?2頭抜けたのか?これを振り返りやすい。

そして、そこでの反省を次につなげて、レベルアップしていけるわけです。



▼また、ボックス馬券に組み入れる頭数が一貫していると、レース選びも上達していきます。

「5頭ボックスで的中しやすいレースは、大体このようなレースだろう」というのが、わかってくるわけです。

これに対して、いつもバラバラの頭数でボックス馬券を購入している人は、目の前のレースに右往左往するだけで、自分でレースを選んでいく技術が身につかないわけですね。

そういう意味でも、ボックス馬券では、「自分の得意な頭数」を固定していくのが有効だと思います。


競馬の年間収支をプラスにするサイトを公開

▼競馬ファンの最終目標である「年間プラス収支」

これを達成するためには、馬券知識を身につけるしかない。

私が、年間プラス収支を達成できたのは、

やっぱり⇒『このユニークなサイト』で学んだからです。




何頭ボックスがいいのか?

▼ボックス馬券で勝つ方法についての考察を続けます。

ボックス買いで有効な戦略の1つとして、「三連複の4頭ボックス」があります。

この買い方の場合、買い目点数はわずか「4点買い

4点で三連複の好配当が狙えるので、非常に回収率が上げやすい買い方のひとつです。



▼三連単の4頭ボックスでも同じ意味ですが、こちらは24点買いになるので、資金力がない人には辛い。

三連複の4点買いなら、最低400円から、ボックス馬券を楽しめます。



三連複の4点買いで狙っていく場合、組み入れる馬の人気は、「人気馬1頭、中穴3頭」か「人気馬2頭、中穴2頭」という感じが良いかと思います。

大穴は、この場合はあまり狙わない方が良いかもしれない。

大穴狙いするなら、もうちょっと手を広げて狙わないと、なかなか的中率が上がってこないからです。



▼「人気馬1頭、中穴3頭」の三連複ボックスで狙う場合、人気馬の1頭は、信頼できる馬を選びたい。

この買い方の場合、人気馬の1頭が生命線になります。

もちろん、残りの中穴3頭で決まって三連複の万馬券、というケースもありますが、これは確率が低いので、あくまでもお楽しみ馬券とします。



中穴3頭のお楽しみ三連複を残しつつ、人気馬からの三連複で、コンスタントな的中を狙う。

それが、「三連複の4頭ボックス」の基本戦略になります。



▼この場合の人気馬は、勝ち切れる馬である必要は全くない。

人気馬は、とにかく複勝率が高い馬を選ぶ。

安定感のある馬ですね。2~3着に安定して入ってきそうなタイプを選んでいくと、うまく行きやすいです。



▼この場合、「騎手」はかなり重要になります。

ルメール騎手や福永騎手などのように、3着内率が優秀な騎手を選んでおくと、全体の的中率が引き上がりますね。

人気馬を選ぶ場合は、馬だけを見るより、騎手とセットで見た方が、的中率と回収率を引き上げやすくなります。



▼残り3頭の中穴馬は、人気で言えば、5~10番人気あたりから3頭を選ぶイメージ。

これ以上、人気薄になると、ほとんど馬券圏内に入ってこないので、回収効率が悪くなります。



▼▼ボックス馬券で購入する場合でも、考え方としては、流し馬券と同じになります。

例えば、5頭ボックスで購入する場合、そこに1~2頭の人気馬を入れて、その人気馬をボックス内での軸馬の役割にするわけです。

ちょっと言い回しが複雑になっていますが、本質はシンプルです。



▼具体的な人気順を書いてみましょう。

三連複5頭ボックスの場合↓

①1番人気
②2番人気
③5番人気
④7番人気
⑤9番人気


はい。
このようなイメージで、ボックス馬券を構成するわけです。



▼box馬券を構成する場合、人気薄ばかりで構成してしまう人が多いわけですが、これは私はあまりやりません。

なぜかというと、人気薄だけでボックスを組むと、的中率が極端に下がるからです。



▼例えば、5~9番人気の5頭ボックス。

これは、馬連でも三連複でも、当たれば高配当が望めます。

しかしながら、とにかく当たらないんですね。

5頭も選んでいるのに、なぜ当たらないのか?



▼それは、1~3番人気のいずれかが馬券圏内に入ってくる確率が、非常に高いからです。

例えば、1番人気の連対率をご存知でしょうか?

1番人気が、1~2着に来る確率は、約50%もあるわけです。

そして、1番人気の複勝率、つまり1番人気が1~3着に来る確率は、約60%もあるわけです。



▼という事は、1番人気を外した三連複を購入すれば、それが例えボックス馬券であったとしても、最大的中率は40%以下になってしまうということです。

これは最大的中率の話であり、現実的には、1番人気以外の全通り買いはしないので、かなり低い的中率になることがわかります。



▼1番人気だけでもこの状況なので、ここに2~3番人気も含めて考えると、非常に興味深い結果が出てきます。

つまり、1~3番人気を外した三連複をボックスで買っても、その馬券はほとんど的中しないということになるわけです。



▼ボックス馬券は、買い目点数が多いので、高配当狙いで一発回収を狙う人が多いです。

人気薄ばかりでボックス馬券を構成して、万馬券を狙う手法ですね。



▼この買い方は、レース選びさえ間違えなければ、長期回収率をプラスにすることも可能です。

しかし上述したように、1~3番人気を外した馬券は、その時点で、大幅に的中率が下がってしまうわけです。

なので、穴馬ばかりのボックス馬券は、かなり長期目線で考えないと、収支が安定してきません。

下手をすると、年単位で見ても、収支がバラつくこともあります。

ここまで不安定な収支になってしまうと、期待値や利益額の見込み額を計算することもできないので、私のオススメは、ボックスの中に人気馬を1~2頭入れるスタイルですね。


競馬で年間プラス収支を達成するために

競馬で勝ちたい人は、必ず見ておくべき。
 ↓↓
この馬券学校。