夏競馬の特徴と馬券の買い方

▼本日は、夏競馬について、当研究所の見解を書いてみたいと思います。



夏競馬とは、7月・8月のローカル開催の季節のことです。

まず競馬は、基本的には中央開催を中心に行われます。

中央開催というのは、東京、中山、京都、阪神。それぞれの競馬場での開催です。

ただ、1年の中で、2か月だけ中央開催が行われない時期があります。

それが、7~8月の夏競馬です。



▼この夏の競馬だけは、中央開催ではなく、ローカル開催での競馬となります。

ローカル競馬場とは、札幌競馬場、函館競馬場、福島競馬場、新潟競馬場、小倉競馬場、中京競馬場

この6つですね。



▼さて、この夏競馬、中央開催とは大きく違う、夏競馬の特徴があります。

例えば、「夏競馬では、牝馬が強い

過去10年ほどの7~8月の競馬開催でのデータを見てみると↓


・夏競馬の牝馬⇒単勝回収率76%(全体は72%)

通常は、牝馬の回収率は、牡馬より下になるわけですが、夏競馬では牝馬の回収率の方が高くなります。



▼「夏は牝馬」という競馬格言があるように、生物としての構造上、暑い夏競馬では、牝馬のコンディションが上がってくるケースが多いわけです。

この傾向は、重賞レースで特に顕著であり、夏の重賞レースでの牝馬の単勝回収率は80%になっています。

全体の回収率が68%なので、明らかに牝馬が活躍しているのが分かります。



▼このデータをさらに絞り込んでみます↓

・1~3番人気の牝馬(夏の重賞レース)⇒単勝回収率106%

はい。
なんとプラス回収になってしまいます。



▼要するに、夏の重賞レースで、牝馬が1~3番人気の時に、単勝を買えば、過去10年ではそれだけでプラス収支になってしまうということです。

中央開催ではあり得ないデータ状況になっています。

ちなみに、1~3番人気の牡馬は、単勝回収率86%です。



▼このことから、夏の重賞レースで馬券を購入するときは、「1~3番人気の牝馬」を軸馬にすれば良い。

もちろん、臨機応変に対応することが重要ですが、基本的な考え方としては、「人気の牝馬を軸にする」というのを頭に入れておくと、回収率が上がりやすくなると思います。


競馬の年間収支をプラスにするサイトを公開

▼競馬ファンの最終目標である「年間プラス収支」

これを達成するためには、馬券知識を身につけるしかない。

私が、年間プラス収支を達成できたのは、

やっぱり⇒『このユニークなサイト』で学んだからです。




夏競馬のデータと狙い目

▼夏競馬の特徴についての考察を続けます。

先程は、夏競馬における牝馬の優位性について書いてみました。

ここでは、牡馬も交えた夏競馬のデータを見てみたいと思います。



▼夏の重賞レースで、上位人気馬の単勝回収率を見てみます↓(過去10年データ)


・1番人気⇒単勝回収率74%
・2番人気⇒単勝回収率95%
・3番人気⇒単勝回収率104%



はい。
夏競馬では、1番人気が勝ちきれず、その代わりに、2番人気・3番人気の勝率が高くなっています。



▼夏競馬の場合、馬の調子が変わりやすく、1番人気が勝ち切れないケースが多いです。

その隙を突いて、2~3番人気が勝利をさらっていくケースが多々あります。



このことから、夏競馬の重賞レースでは、2~3番人気の馬を軸にすると、回収率を上げやすくなる。

先程の牝馬のデータとミックスすると、

「夏の重賞レースでは、2~3番人気の牝馬を軸馬にする」というのが、1つの有効な戦略になってきます。

ただ、ここまで絞り込んでしまうと、データがバッティングしてしまうことがあるので、牝馬なら1番人気でも十分に期待値は高くなるという感じで、広く認識しておくとよいかと思います。



▼それから、夏の重賞レースで面白い傾向として、

高齢馬の成績が良い」というものがあります。

例えば、このようなデータ↓


・夏の重賞レースで7歳馬⇒単勝回収率103%

はい。
サラブレッドは、普通は4~5歳が一番強く、7歳にもなると成績が悪くなってくるんですが、夏競馬ではなぜか高齢馬の回収率が高くなるケースが多いです。

ただ、8歳以上になると、さすがに回収率が暴落するので、「夏競馬の7歳馬狙い」というのは、少し頭に入れておくと良いかと思います。



▼では、私が夏競馬で馬券を当てた、具体的なレースデータについても見てみましょう。

まず、2018年のキーンランドカップ。

ここは、1番人気がモレイラ騎手のナックビーナス。牝馬です。

2番人気がレッツゴードンキで、こちらも牝馬なので軸に迷うところですが、ここはシンプルに、「人気の牝馬を軸」

ナックビーナスから、馬連5点買い。

軸を1番人気にしたので、ヒモは2~3番人気を外し、中穴狙い。



▼結果、1番人気-4番人気で決まり、馬連1250円。

配当はイマイチでしたが、夏競馬の法則に従い、簡単に馬券を当てたレースでした。

夏の重賞レースでは、人気の牝馬はかなり信頼できます。

ちなみにこのレースは、3着のペイシャフェリシタが9番人気で穴になったんですが、これも牝馬でした。

夏の牝馬は、人気薄でも激走することがあるので、要注意ですね。



▼▼では次の夏競馬の特徴として、「夏は、人気馬の単勝期待値が高い」ということについて。

これも夏の重賞レースのデータですが、過去10年の夏の重賞レースで、1~3番人気の単勝回収率は91%もあります。

これはどういうことかというと、夏の重賞レースでは、1~3番人気の馬が勝つ確率が高いということです。



▼夏競馬以外の通常の開催では、1~3番人気の単勝回収率は80%前後です。

これが夏競馬になると、10%も上乗せされるわけですね。

この傾向をうまく活用すれば、夏競馬で回収率をアップさせることが可能です。



▼まず、1~3番人気の単勝回収率が91%という事は、単勝馬券でもプラス収支を狙えるゾーンになります。

もちろん、すべての単勝馬券を購入すると、回収率は91%になってしまうので、プラス収支まで届きません。

そこで、ここからフィルタリングしていきます。


【1~3番人気データ】
※7~8月の重賞レース(2010~2019年)

2歳馬⇒単勝回収率122%
3歳馬⇒単勝回収率97%
4歳馬⇒単勝回収率111%



はい。
年齢だけでフィルタリングしたわけですが、回収率が高い年齢というのが明らかにわかります。



▼夏の重賞レースでは、2~4歳の若い馬の単勝は、非常に回収率が高くなりやすいわけです。

夏の2歳戦・3歳戦は固い決着が多いため、1~3番人気の単勝回収率が高くなっています。

一方、4歳馬は、馬の年齢で最も強い年代になります。

そのため、4歳馬が1~3番人気の場合は、信頼度が高まり、回収率が上がるわけです。

では次のデータを見てみます。


【1~3番人気データ】
※7~8月の重賞レース(2010~2019年)

6枠⇒単勝回収率119%
7枠⇒単勝回収率108%



はい。
夏の重賞レースでは、小回りコースが多いため、あまり極端な内枠は回収率が高くならない。

通常の中央開催では、内枠が有利になるケースが多いんですが、夏競馬の場合は、「少し外目の枠」が高い回収率になっています。



▼夏の重賞レースで、1~3番人気が6~7枠なら、単勝回収率は100%を超えています。

つまり、この条件の時に単勝馬券を購入すれば、長期的にはプラス収支になる可能性が高いということになります。

もちろん、過去10年の結果なので、この先どうなるかはわからない部分もありますが、期待値の高さは証明できていると思います。

夏競馬では、極端な内枠より、6~7枠の人気馬を意識していくと、回収率も上げやすくなると思います。

競馬で年間プラス収支を達成するために

競馬で勝ちたい人は、必ず見ておくべき。
 ↓↓
この馬券学校。