逃げ馬と追い込み馬はどっちが儲かる?

▼本日は、逃げ馬と追い込み馬について、当研究所の見解を書いてみたいと思います。



▼競走馬にはそれぞれ、「脚質」というものがあります。

脚質とは、それぞれの馬の性格や特性に合わせた位置取りのことです。



▼脚質には、厳密な定義は無いんですが、主な種類としてはこんな感じ↓


逃げ馬⇒最初から先頭を走る馬。スピードのある馬や臆病な馬に多い

先行馬⇒2~3番手を追走する馬

差し馬⇒中団から差してくる馬

追い込み馬⇒後方から追い込んでくる馬



はい。
脚質をざっくり解説すれば、この4種類になります。



▼これらの脚質は、競馬新聞にも記載されています。

その馬の過去のポジショニングから、大体の脚質が決められているわけです。



▼それでは、この4種類の脚質の中で、儲かる脚質はどれなのか?

私の考えで言えば、

「一番儲かるのは、逃げ馬」と考えます。



▼逃げ馬は、バテたらそこで終わりだし、負けるときは大敗するので、あまり強そうに見えません。

でも、データを分析してみると、明らかに逃げ馬は儲けやすい、回収率を上げやすいことがわかります。



▼例えば、過去3年程度の重賞レースを見てみましょう↓


逃げ馬⇒単勝回収率113%

先行馬⇒単勝回収率83%

差し馬⇒単勝回収率57%

追い込み馬⇒単勝回収率28%



はい。
このような数字になります。

単勝回収率というのは、その馬の単勝を買い続けた場合の回収率です。



▼このデータを見てもわかる通り、前のほうに位置取りする馬ほど、回収率が高くなることがわかります。

つまり重賞レースでは、逃げ馬や先行馬など、前に行ける馬の単勝を買う方が、差し馬や追い込み馬を買うより儲かるということになります。私の考えですが。



▼これは単勝のデータですが、基本的にはどの馬券種で勝負する場合でも、傾向は同じになります。

競馬では、常に先行できる馬が有利。

後方から行く馬は不利。



▼重賞レースでは、派手に追い込みを決める馬が、多く見られます。

なので、先行馬よりも追い込み馬の方が強そうに見えるわけですが、長期的なデータを取ってみると、先行馬の方が強いわけです。



▼なので、軸馬を決める時など、先行馬と差し馬で迷ったら、先行馬の方を選択していく。

そのほうが、長期回収率は高くなりやすいわけです。

もちろん、その選択が裏目に出ることもありますが、平均的な期待値を考えると、先行馬を選んでいく方が利益は出しやすくなるんですね。


競馬の年間収支をプラスにするサイトを公開

▼競馬ファンの最終目標である「年間プラス収支」

これを達成するためには、馬券知識を身につけるしかない。

私が、年間プラス収支を達成できたのは、

やっぱり⇒『このユニークなサイト』で学んだからです。




逃げ馬は、人気でも人気薄でも儲かるのか?

▼逃げ馬と追い込み馬はどっちが儲かるか?についての考察を続けます。

先ほどは、過去3年間の重賞レースでの脚質データを見てみました。

その結果、明らかに先行できる馬の方が、回収率が高いことが分かった。

でもそれは、弱い馬が後方に置かれるからでは?

という疑問もあると思います。



▼そこで今回は、「人気馬の脚質データ」を見てみたいと思います。

過去3年間の重賞レース。1~3番人気の脚質データです。


逃げ馬⇒単勝回収率126%

先行馬⇒単勝回収率98%

差し馬⇒単勝回収率73%

追い込み馬⇒単勝回収率63%



はい。
人気馬に絞った脚質データです。

こう見てみると、先ほどよりも少し、差が緩和されていることがわかります。



▼という事は、人気馬であれば、差し馬でもそれなりの回収率になる。

人気馬なら、それほど脚質を気にしなくても良いということになりますが、人気馬のデータを見ても、やはり先行できる馬の方が、回収率が高いことが分かります



▼多くの人が購入する馬券の買い方、「流し馬券

流し馬券を購入する場合、最も重要なポイントは、「軸馬」です。

流し馬券の場合、軸馬さえしっかり選ぶことができていれば、長期回収率も上がりやすくなるわけです。



▼そして、流し馬券の軸馬は、多くの場合、「人気馬」を選ぶ人が多いと思います。

そう考えると、「流し馬券の軸馬を先行馬にする」だけで、あなたの回収率は今よりもアップする可能性が高いわけです。



▼軸馬としての信頼度をチェックするために、今度は「連対率」を見てみましょう↓


逃げ馬⇒連対率49%

先行馬⇒連対率44%

差し馬⇒連対率34%

追い込み馬⇒連対率26%



はい。
これも過去3年の重賞レースでの連対率ですが、明らかに先行できる馬の方が、連対確率が高くなっています。



▼どんなに強い馬でも、後方からの競馬を続けている限り、なかなか期待値は高くなってこないわけです。

もちろん、ハイペースの場合は後方から進めた方が有利なんですが、レース全体を見ると、ハイペースよりスローペースの方が、出現数が多い印象。

それが、先行優位のデータにつながっているわけです。



▼長く競馬を見ているとわかりますが、「行った行った」と言われる、前残り。これは多々あります。

でも、「追い込み馬、2頭の決着」というのは、あまり見かけないですね。

やはり確率的には、逃げ馬や先行馬などの、前につけることができる馬の方が、有利だと思うわけです。



▼▼では次に、「重賞レースでの追い込み馬のデータ」を見てみましょう。

ここまで、先行馬にデータで負けていた追い込み馬。

本当に、差し馬・追い込み馬は儲からないのか?

ちょっと検証してみましょう。


追い込み馬データ

※道中で後方にいた馬
※重賞レース(2015~2019年)

単勝回収率32%
複勝回収率40%



はい。
悲しい回収率になっています。

道中で後方にいた馬は、その時点でほとんど利益が出ない馬になってしまいます。



▼では次に、「追い込み馬の人気別データ」を見てみましょう。

1番人気の追い込み馬⇒単勝回収率71%

2番人気の追い込み馬⇒単勝回収率66%

3番人気の追い込み馬⇒単勝回収率50%

4~6番人気の追い込み馬⇒単勝回収率39%

7~9番人気の追い込み馬⇒単勝回収率57%

10~12番人気の追い込み馬⇒単勝回収率20%

13番人気以下の追い込み馬⇒単勝回収率8%



はい。
人気馬であれば、追い込み馬でもそれなりの回収率にはなっていますが、それでも1番人気の単勝回収率が71%というのは低いですね。

通常の1番人気の単勝回収率は、80%前後になるので、やはり追い込み馬は、1番人気であっても不利であることがわかります。



▼あとは、人気が下がれば下がるほど、追い込み馬は回収率が下がっていきます。

「人気薄の追い込み馬」というのは、競馬においては儲からない馬ということになってしまうわけです。



▼13番人気~18番人気の追い込み馬は、単勝回収率8%・複勝回収率20%ですからね。

ほぼ来ない。買っても儲からない馬ということになります。

「人気薄の追い込み馬が、3着に来るかもしれないから、複勝で狙おう!」という人も多いんですが、上述の通り、複勝回収率は20%しかないので、お金はどんどん減っていくことになります。



▼単勝や複勝ではなく、馬連や三連複で流す場合でも、軸馬を追い込み馬にしてしまうと、なかなか回収率が上がらないケースが多いです。

例えば、 1番人気の追い込み馬は、単勝回収率71%・複勝回収率77%です。

悪くは無いんですが、複勝回収率77%だと、ヒモ馬の期待値がよほど高くないと、長期回収率をプラスにするのは難しいということになります。

ちなみに、 1番人気の追い込み馬は、連対率42%・複勝率54%です。

これも一般的な1番人気よりは低い数字になっており、追い込み馬は苦戦しているのが分かります。


競馬で年間プラス収支を達成するために

競馬で勝ちたい人は、必ず見ておくべき。
 ↓↓
この馬券学校。