競馬で負けない買い方

▼本日は、負けない買い方について、当研究所の見解を書いてみたいと思います。



▼競馬は、ほとんどの人が負けるゲームです。

控除率が25%あることと、勝ち組が存在していることが主な理由でしょう。



▼でも、競馬は楽しいので、できれば負けない競馬をしたい。

負けない競馬の定義は人それぞれだと思いますが、私は考える負けない競馬は、「回収率95~105%」くらいかな。



▼これくらいの回収率なら、ほとんどお金を減らすことなく、競馬を楽しむことが可能になります。

競馬ファンの平均回収率は、60~70%だと思うので、30%くらい上乗せする必要があります。



▼負けない競馬を考える場合、重要なポイントは、「的中率を求めないこと」かなと。

馬券では、高い的中率を求めれば求めるほど、本命サイドに寄ってしまい、回収率が低めに安定してしまいます。

本命サイドだと、大負けはしないんですが、回収率はやはり70%前後で安定することが多いです。



▼回収率70%では、「負けない競馬」にはならない。

ここから30%上乗せするためには、「馬券期待値」を考えていく必要があるわけです。



つまり、オッズに対して、的中確率が上回っている馬券を狙う。

この場合、的中率はどうでもいいです。

オッズ100倍なら、的中率は1%前後しかありませんが、1%あれば回収率100%なので、負けない競馬が実践できることになります。



▼期待値が高い馬券を狙うためには、自分なりの「武器」が必要になります。

当ブログでよく書いている、「血統・パドック・データ」が、武器の代表ですね。



このような武器とオッズをすり合わせしながら、期待値が高い馬券を探していくわけです。

これができれば、もうそれだけで、回収率は100%付近まで行くと思います。



▼もう一つ重要なポイントとして、合成オッズがあります。

これは要するに、馬券が的中したときに、しっかり利益が出るようにオッズを見て買う、ということです。



▼例えば、複勝馬券でオッズが1.2倍の馬。

このような馬の的中率は、60~70%になると思います。

オッズと的中率を見比べてみると、この買い方では、回収率は最大でも84%くらいまでしか行かないことがわかります。



▼このように、競馬ではオッズがあらかじめ公表されているので、そこから推定回収率を導き出すことが可能になるわけです。

この数字が、95~105%になるように調整していけば、その時点で負けない競馬が可能になるわけですね。

競馬の年間収支をプラスにするサイトを公開

▼競馬ファンの最終目標である「年間プラス収支」

これを達成するためには、馬券知識を身につけるしかない。

私が、年間プラス収支を達成できたのは、

やっぱり⇒『このユニークなサイト』で学んだからです。




的中率を求めると負ける

▼競馬で負けない買い方についての考察を続けます。

「負けない競馬」というと、多点買いで的中率を高めて、なるべくお金を減らさないというイメージがあるかと思います。

でもこれは、実は真逆だったりします。



▼多点買いで的中率を高めると、先ほど少し書いたような、合成オッズが下がってしまうわけです。

合成オッズが下がると、オッズの歪みが出現しにくくなり、平均還元率の75%に近づいてしまうわけです。



「負けたくない!当てたい!」と思えば思うほど、回収率が下がってしまい、負けてしまうわけですね。

逆に、「的中率は低くても、しっかり回収できる馬券だけを購入しよう」

この考え方の人は、長期回収率が高くなり、長い目で見て負けない競馬が出来るようになります。



▼とは言え、本命サイドが必ずしも悪いわけではない。

本命サイドの馬券は、的中率が圧倒的に高いので、うまく活用すれば、的中率と回収率を同時に上げて楽しむことが可能です。



▼この場合、本命サイドは合成オッズが低くなりやすいので、できるだけ買い目点数は絞り込むことが望ましい。

それと同時に、「レースを絞り込むこと

これが最重要になります。



▼例えば、1番人気の単勝で負けない競馬を実践したい。

この場合、片っ端から1番人気の単勝を購入していくと、平均回収率は75~77%くらいで停滞します。



▼なので、片っ端から購入するのではなく、「期待値が高い1番人気」だけを購入する。

つまり、レースを選んでいくわけです。



▼1番人気が強い条件は、競馬ソフトなどでデータ分析すればわかるし、パドックを見ることができる人は、パドックで1番人気のコンディションをチェックすることもできる。

とにかく、なんとなく1番人気の単勝を購入するのではなく、根拠を持って購入することが重要になるわけです。



▼これができれば、本命サイドの馬券でも負けない競馬ができる。

ただ、本命サイドの場合、勝負できるレースが少なくなります。

本命サイドで期待値が高い馬は、それほど多くないからですね。

なので、本命サイドで勝負する場合は、しっかりレースを選んで、余計なレースを購入しないことが重要です。



▼▼競馬で負けない買い方を実践するためには、発想を逆転させることが重要です。

例えば、「三連複8頭ボックス(56点)」

この買い方は、非常に的中率が高くなります。

万馬券も簡単に当たるようになります。

ですが、この買い方で負けない競馬を実行するのは、かなり難しいわけです。



▼なぜかというと、三連複8頭ボックスでは、期待値の低い馬券まで大量に購入することになるからです。

負けない競馬、すなわち、回収率100%前後にするためには、期待値の高い馬券だけを狙っていかなければなりません。

期待値の高い馬券というのは、想定回収率が100%を見込める馬券です。



▼馬券には、控除率が設定されているので、期待値を考えずに購入していくと、最低でも控除率の分だけマイナスすることになります。つまり負けるわけ。

控除率は平均で25%。

ただし、馬券種によって控除率は違います。

基本的には、難しい馬券ほど控除率は高くなっていくことになるわけです。



▼例えば、単勝馬券の控除率は20%ですが、三連単の控除率は27.5%です。

つまり、馬券種を選んだ時点で、回収率が7.5%も違うわけです。



▼たった7.5%と思いますか?

これが意外と大きい。

回収率93%と、回収率100.5%では、長期的にはかなりの金額が違ってくるわけです。

馬券購入を繰り返せば繰り返すほど、わずかな回収率の差が、大きな金額の差になってくるわけです。



そう考えると、負けない競馬を実践するための馬券種は、できるだけ控除率が低い馬券種を選ぶのが得策だったりする。

控除率が低い馬券種は、単勝馬券と複勝馬券が代表的です。

この2つの控除率は、どちらも20%。

プロ馬券師でも、単勝馬券と複勝馬券を使っている人は多いので、この控除率の低さは魅力です。



▼ただ、複勝馬券の場合は、回収率の上限がブレイクしにくいという欠点があります。

つまり、複勝馬券は大きく負けない代わりに、勝つことも難しい。

回収率で言えば、複勝馬券の場合、回収率75%前後で停滞するケースが多いわけです。



▼これはなぜかというと、複勝馬券はオッズが低すぎて、オッズの歪みがほとんど生まれないからです。

馬券において、平均還元率の75%を上回るためには、オッズが歪んでいる部分を狙うしかない。

そのためには、ある程度のオッズ幅が必要なんですね。

しかしながら、複勝馬券はオッズ幅が小さいので、なかなか利益を出すポイントを探すのが難しいわけです。



▼競馬初心者さんが、大きく負けないために、最初に複勝馬券で練習するのは良いと思います。

でも、最終的に回収率100%超えを狙うのであれば、複勝馬券より、単勝馬券の方が良いと思いますね。


競馬で年間プラス収支を達成するために

競馬で勝ちたい人は、必ず見ておくべき。
 ↓↓
この馬券学校。