中山競馬場の馬券の買い方

▼本日は、中山競馬場について、当研究所の見解を書いてみたいと思います。



中山競馬場は、関東の競馬場で、ゴール前の急坂が特徴の小回りコースです。

直線が短いので、基本的には先行有利の競馬場になります。



▼芝コースは、1200m/1600/2000m/2200m/2500m/3600mという、6種類の距離で行われます。

有名どころは、皐月賞の2000mや、有馬記念の2500mですね。



▼具体的なデータも見てみましょう。

まず、中山競馬場の芝コース。過去10年(2010~2019年)の「脚質」データです↓


逃げ馬⇒単勝回収率154%
先行馬⇒単勝回収率116%
差し馬⇒単勝回収率57%
追い込み馬⇒単勝回収率25%



はい。
中山コースの芝のレースでの脚質別データは、このような感じになります。



▼中山競馬場に限った話ではないんですが、中山は小回りコースなので、やはり逃げ馬・先行馬の回収率が高くなっています。

前に行ける馬を狙うのが基本戦略になりますね。



▼では次に、軸馬として重要な「連対率」を見てみます。


逃げ馬⇒連対率25%
先行馬⇒連対率24%
差し馬⇒連対率12%
追い込み馬⇒連対率4%



はい。
これも当然ですが、先行できる馬が、連対率も高くなります。

注目できるポイントは、逃げ馬と先行馬の連対率が同じくらいという部分です。



▼先程の回収率では、明らかに逃げ馬の単勝回収率が上回っていました。

でも、連対率では逃げ馬と先行馬に差はない。

これはどういうことか?



▼これはつまり、「人気薄の逃げ馬が活躍している」ということです。

中山競馬場では、逃げた馬の回収率が高くなるので、逃げ馬は人気がなくても警戒しておいた方が良いということになります。



▼ただ、ここでもう一つのポイントがあるんですが↓


逃げ馬⇒複勝率33%
先行馬⇒複勝率34%



はい。
複勝率、つまり3着内率で見ると、先行馬の方が上回っているわけです。



▼という事は、逃げ馬は、人気薄でも勝ち切れるケースが多いが、安定感で言えば、先行馬の方が安定していると言える。

三連複の軸馬を選ぶ場合などは、逃げ馬より先行馬を選んだ方が、惨敗リスクが少なく、収支が安定すると思われます。



▼それに対して、後方から行く「追い込み馬」は、回収率も連対率もどちらも低くなっています。

小回りコースで、直線に坂がある中山コースでは、後方一気の作戦だと、どうしても馬券圏内に入ってくる確率が低くなってしまいます。

やはり中山コースでは、先行できる馬を軸馬として考えた方が、利益は出しやすくなると思います。


競馬の年間収支をプラスにするサイトを公開

▼競馬ファンの最終目標である「年間プラス収支」

これを達成するためには、馬券知識を身につけるしかない。

私が、年間プラス収支を達成できたのは、

やっぱり⇒『このユニークなサイト』で学んだからです。




中山競馬場で有利な枠順は?

▼中山競馬場の馬券の買い方についての考察を続けます。

先ほどは、脚質について解説しました。

ここでは、枠順について考えてみたいと思います。



▼中山競馬場の芝コースでは、それほど枠順による有利不利はありません。

特別に内枠有利ということはなく、若干だけ内枠の方が連対率は高いかなという感じです。



▼ただ、極端な外枠は、連対率が下がります。

内枠から真ん中枠くらいまでは、平均連対率14%くらいですが、14番枠~18番枠は、平均連対率10%くらいしかありません。



▼では、中山の芝コースでは、内枠を購入しておけば儲かるのか?

そうではないです。

なぜかというと、中山競馬場の内枠有利は、すでに多くの競馬ファンが知っているからです。



▼確かに、内枠の馬の方が馬券圏内に入ってくる確率は高くなる。

でも、好走確率と回収率は、まったく別物なんですね。



▼どんなに連対率や複勝率が高くても、それがすでにオッズに反映されていたら、回収率は上がらないわけです。

中山競馬場のデータで言えば、内枠の馬の方が好走確率は高いけれど、回収率で見ると、逆に外枠の馬の方が高かったりする。



▼例えばこんなデータ↓

・中山競馬場の芝コース。大外枠の回収率⇒103%

はい。
中山の芝のレースで、大外枠の馬の単勝を買い続ければ、プラス収支になってしまうというデータです。



▼大外枠というのは、最も外枠の馬ですから、競馬ファンに嫌われます。

だから馬券が売れないわけです。

その結果、過小評価となり、逆に儲かるのは大外枠ということにもなるわけです。



▼しかも大外枠というのは、悪いことばかりではなく、「ゲートに入るのが一番最後」なんですね。

という事は、ゲートの中で待たされることがなく、出遅れるリスクが少し下がるわけです。

これは大外枠のメリットと言える。



▼このように考えると、中山の芝コースでは、「大外枠の馬を1着固定」の三連単や馬単が面白かったりします。

大外なので信頼度は低いですが、上述した通り、馬券が売れないので高配当になりやすい。

その結果、回収率も上がりやすくなり、利益が出るということになるわけです。



▼▼では次に、「中山競馬場の重賞レース」のデータを見てみましょう。
(2010~2019年)


1番人気⇒単勝回収率77%
2番人気⇒単勝回収率80%
3番人気⇒単勝回収率98%



はい。
中山競馬場の重賞レースにおいて、上位人気馬の単勝回収率は上記の通りです。

1番人気の信頼度がやや低く、その分、3番人気の単勝回収率がかなり高くなっています。

中山競馬場はトリッキーなコースなので、強い馬が取りこぼすことも多いわけですね。

そして、2番人気や3番人気の馬が、1番人気馬をマークして差すケースも多いわけです。

その結果、上記のような回収率の差が生まれていると思われます。



▼では次に、もう少し下位人気も見てみましょう。


4~9番人気⇒単勝回収率72%
10~12番人気⇒単勝回収率97%
13番人気以下⇒単勝回収率14%



はい。
中穴である、4~9番人気に関しては、特に回収率が高いということもなく、どちらかと言うとやや低い回収率になっています。

その一方で、大穴である10~12番人気の回収率は97%もあります。

上述した通り、中山競馬場はトリッキーなコースなので、力のない馬でも乗り方一つで上位に進出することが可能です。



▼ただし、13番人気以下になってしまうと、単勝回収率は14%しかありません。

中山競馬場の重賞レースでは、13番人気以下の馬は、ほとんど勝つ事は無い。

複勝回収率も41%しかないので、馬券圏内に入ってくることが、ほとんどないと言えます。



▼このことから、中山競馬場の重賞レースでは、「軸は1~3番人気ー相手ヒモ馬は10~12番人気の大穴」という戦略も面白い形になります。

例えばこの形が決まったのは、2019年のスプリングステークス。

このレースの1番人気は、武豊騎乗のファンタジストで、軸はシンプルにこの馬。

ここから、10~12番人気に流すと、馬連3点買いで、10290円をゲットできたことになります。



▼中山競馬場の重賞レースでは、3番人気馬の期待値も高いので、1番人気と3番人気から、2頭軸で馬連流しにしたとしても、6点で万馬券が取れることになります。

馬連の万馬券は、出現率が低く、的中するのが難しい馬券になりますが、中山競馬場の特徴を押さえて馬券購入すると、定期的に高配当がゲットできるわけです。



▼この戦略で難しいのは、1~3番人気のうち、どれを軸馬にするかですね。

ヒモを大穴にするなら、軸は人気馬2頭でも余裕で回収できます。

なので、ヒモで大穴を狙う場合は、「そのレース自体が荒れるか?」をしっかり判断することが重要になります。

軸馬選びは、ある程度適当でも大丈夫です。


競馬で年間プラス収支を達成するために

競馬で勝ちたい人は、必ず見ておくべき。
 ↓↓
この馬券学校。