東京競馬場の馬券の買い方

▼本日は、東京競馬場の特徴について、当研究所の見解を書いてみたいと思います。



東京競馬場は、中央4場で唯一の左回りで、長い直線と広いコースが特徴です。

芝コースは、1400m 1600m 1800m 2000m 2400m 3400m の6種類の距離があります。



▼コースが広々としており、走りやすいので、比較的どんな脚質でも活躍できる競馬場になります。

過去10年の脚質データを見てみましょう↓(2010~2019年)東京芝のレース


逃げ馬⇒単勝回収率178%
先行馬⇒単勝回収率78%
差し馬⇒単勝回収率66%
追い込み馬⇒単勝回収率31%



はい。
中山競馬場では、逃げ馬と先行馬の回収率が突出していましたが、東京競馬場では、差し馬も悪くありません。



▼東京競馬場で逃げ馬の単勝回収率が高いのは、人気薄の逃げ馬が勝つことが多いからです。

これは東京競馬場に限った話ではなく、前回の中山競馬場でも同じ傾向でした。

参考記事
 ↓
中山競馬場の馬券の買い方



▼では次に、軸馬として重要な「連対率」を見てみます。


逃げ馬⇒連対率22%
先行馬⇒連対率19%
差し馬⇒連対率15%
追い込み馬⇒連対率6%



はい。
逃げ馬と先行馬の連対率が高いのは当然として、東京競馬場では、差し馬の連対率も高くなっています。

やはり左回りの広いコースということで、ある程度、後ろからでも届くコースになっています。



▼東京競馬場で誤解されやすい部分として、「東京競馬場は直線が長いから、逃げ馬には不利」と考えてしまいがちな所があります。

しかしながら、ここまで見てきたとおり、東京競馬場で最も活躍する脚質は「逃げ」

直線が長くても、やはり逃げ馬は、期待値的に最強なわけです。



▼では次に、「勝ち馬の平均オッズ」を見てみましょう↓


逃げ馬⇒単勝平均1527
先行馬⇒単勝平均774
差し馬⇒単勝平均901
追い込み馬⇒単勝平均1145



はい。
これは、勝った馬の単勝オッズの平均値です。

これを見ると、逃げ馬の単勝オッズが飛び抜けて高いことが分かります。



▼これはどういうことかというと、「東京競馬場の逃げ馬は、人気薄で怖い」ということ。

逆に、「先行馬は人気でしっかり勝つ」という傾向になっています。



▼このことから、単勝や1着固定といった単系馬券では、逃げ馬を狙うと回収率が上げやすい。

その一方で、馬連や三連複の軸馬にするなら、先行馬や差し馬が良い。

このように考えることができます。

東京競馬場では、先行馬と差し馬が安定して走る傾向にあるので、軸馬には最適ですね。


競馬の年間収支をプラスにするサイトを公開

▼競馬ファンの最終目標である「年間プラス収支」

これを達成するためには、馬券知識を身につけるしかない。

私が、年間プラス収支を達成できたのは、

やっぱり⇒『このユニークなサイト』で学んだからです。




東京競馬場で有利な枠順

▼東京競馬場の馬券の買い方についての考察を続けます。

先ほどは、脚質について解説しました。

ここでは、枠順について考えてみたいと思います。



▼東京競馬場の芝コースは、広いコースなので、あまり枠順は関係ないと考えてしまいがちです。

しかしながら、意外と東京競馬場の芝コースでは、内枠有利になりやすい傾向です。



▼前回の中山競馬場では、「内枠の方が好走確率は高いけれど、回収率は外枠の方が高い」と書きました。

しかし東京競馬場では、「内枠の方が好走確率も回収率も高い」という感じになりやすいわけです。



▼東京競馬場で内枠の連対率は、15%前後。

それに対して、東京競馬場の外枠の連対率は、9%前後になっています。



▼確かに、東京競馬場は広いコースなので、前が詰まったりする不利は少ないんですが、広いコースだけに、大外を回してしまうとかなりの距離ロスになってしまうわけです。

広いコースで馬群が横に広がった場合、4コーナーで内々を回った馬の方が、圧倒的に距離ロスが少なくなるわけです。



▼回収率で考えてみても、東京競馬場の内枠の単勝回収率は80%程度なのに対し、外枠の単勝回収率は50%くらいしかありません。

ここまで差があると、東京競馬場の芝コースでは、極端な外枠を引いた場合は、減点材料と考えても良いかと思います。



▼中山競馬場では、「大外枠」の単勝回収率がプラスになっていました。

これは、枠入れが一番最後という優位性にも原因があったわけですが、東京競馬場の大外枠は↓

・単勝回収率60%

これしかないわけです。

東京競馬場では、最後の枠入りという優位性以上に、外枠の距離ロスという減点材料が上回ってしまっている印象です。



▼その他の要因としては、東京競馬場は「高速馬場」になりやすく、その点でも内枠有利になりやすい印象です。

馬場の内側が高速馬場になると、もう外枠の馬は、お手上げ状態になるわけです。

最短距離を走った馬が、馬場も良いということになると、内々を回った馬が伸びる。

外が伸びないと言うより、内が伸びることになるので、結果的に内枠の単勝回収率・複勝回収率が高くなるわけです。



▼▼では次に、東京競馬場の重賞レースのデータ(2010~2019年)を見てみたいと思います。

まず注目すべきは、「1番人気の単勝回収率90%・複勝回収率87%」という部分です。

東京競馬場の重賞レースでは、1番人気の期待値が高くなりやすい。

東京コースは広いので、強い馬が能力を発揮しやすく、その結果、1番人気の期待値が高くなりやすいわけです。



▼これが逆に、小回りコースの場合は、コースが狭いため、強い馬が不利を受けることが多く、1番人気の信頼度が下がります。

そう考えると、東京競馬場の重賞レースでは、まず1番人気を中心に馬券を組み立てることが基本になります。



▼では次に、この信頼できる1番人気のデータを詳細に分析してみます。

【東京競馬場の重賞レース。1番人気の脚質】
前走逃げ⇒複勝回収率110%
前走先行⇒複勝回収率102%
前走差し⇒複勝回収率74%
前走追い込み⇒複勝回収率76%



はい。
これは、軸馬を決める時に役立つデータです。

東京の重賞レースで1番人気を軸馬にする場合、逃げ馬と先行馬の複勝回収率が圧倒的に高くなっていますので、狙い目。

まあこれは当たり前なんですが、競馬では前に行ける馬が有利ということです。



▼「東京コースは広いから、後方から差す馬を軸にしよう!」と考える人が多いんですが、回収率をデータ分析した場合、先行馬を軸にした方が儲かることがわかります。

これはどこの競馬場でもそうなんですが、意外と東京競馬場では、先行有利になりやすいわけです。



▼理由としては、先ほども少し書きましたが、高速馬場になりやすいという点が影響していると思われます。

近年は特に、東京競馬場では高速馬場の影響でレコードタイムが連発しています。

このような馬場状態の場合、最後方から追い込むのは、かなり厳しい状況です。

なので、東京の重賞レースで1番人気を軸にするなら、逃げ馬か先行馬を選んでいくと、回収率が上がりやすくなります。



▼ちなみに、連対率も見てみましょう

前走逃げ⇒連対率60%
前走先行⇒連対率57%
前走差し⇒連対率44%
前走追い込み⇒連対率49%



はい。
1番人気の連対率はこのようになります。

1番人気の平均連対率は50%前後なので、逃げ馬と先行馬に明確な優位性があるのが分かります。



▼ただ、逃げ馬は数が少ないので、期待値は高いものの、勝負のチャンスが少ない。

そういう意味では、「1番人気の先行馬」を東京の重賞レースで狙っていくのが基本になります。

1番人気の先行馬は、複勝回収率が102%とプラスになっているので、このタイプの馬から三連複ながしを仕掛けるだけで、長期回収率はプラスになりやすくなると思います。

競馬で年間プラス収支を達成するために

競馬で勝ちたい人は、必ず見ておくべき。
 ↓↓
この馬券学校。