阪神競馬場の馬券の買い方

▼本日は、阪神競馬場の特徴について、当研究所の見解を書いてみたいと思います。



阪神競馬場は、右回りで直線が長く、最後に坂があるのが特徴のコースです。

2006年にコース改修されてから、外枠の不利が改善され、不公平な条件が少ない競馬場になりました。



▼では、具体的なデータを見てみましょう。

阪神競馬場の芝コース。過去10年の脚質データです(2010~2019年)


逃げ馬⇒単勝回収率217%
先行馬⇒単勝回収率84%
差し馬⇒単勝回収率69%
追い込み馬⇒単勝回収率30%



はい。
阪神競馬場は、他の競馬場と比べると、差し・追い込みが決まりやすい競馬場ですが、全体のデータを見ると、逃げ馬・先行馬の回収率が高くなります。



▼阪神競馬場は、広いコースですが、意外と直線で馬群が密集し、前が詰まりやすいコースでもあります。

そのため、スムーズに進路を確保できる逃げ馬・先行馬の回収率が高くなっていると思われます。

それでも、中山競馬場や東京競馬場と比べると、差し馬の単勝回収率が70%近くあるので、やはり差しが決まりやすい競馬場と言えます。

参考記事
 ↓
東京競馬場の馬券の買い方



▼では次に、軸馬として重要な「連対率」を見てみます。


逃げ馬⇒連対率25%
先行馬⇒連対率22%
差し馬⇒連対率15%
追い込み馬⇒連対率5%



はい。
回収率で見ると、逃げ馬と先行馬が圧勝でしたが、連対率で見ると、差し馬も互角の戦いになります。

阪神競馬場では、よほど後方に置かれる形にでもならなければ、どの位置取りからでも勝負になると言えます。



▼では次に、「勝ち馬の平均オッズ」を見てみます。


逃げ馬⇒単勝平均1396
先行馬⇒単勝平均788
差し馬⇒単勝平均979
追い込み馬⇒単勝平均1295



はい。
これも大体、他の競馬場と同じような傾向です。

逃げ馬は、人気薄でこそ能力を発揮できるというデータになっています。

先行馬は、人気でしっかり勝っているので、軸馬にするなら、先行馬がベストですね。



▼ここまで見てきたとおり、阪神競馬場で儲かる脚質は、逃げ馬です。

これは阪神競馬場だけの特徴ではないんですが、逃げ馬は常に警戒しておく事が重要ですね。



▼一方で、追い込み馬は、やはり阪神コースでも、回収率・連対率ともに低いです。

単純に、弱い馬が後方から行くので、このようなデータになりやすいんですが、阪神競馬場の1番人気に絞り込んでも、追い込み馬は、単勝回収率43%しかありません。

なので、阪神コースでも、軸馬にするなら逃げ馬・先行馬を中心に考えた方が、回収率は上がりやすくなります。


競馬の年間収支をプラスにするサイトを公開

▼競馬ファンの最終目標である「年間プラス収支」

これを達成するためには、馬券知識を身につけるしかない。

私が、年間プラス収支を達成できたのは、

やっぱり⇒『このユニークなサイト』で学んだからです。




阪神競馬場で有利な枠順は?

▼阪神競馬場の馬券の買い方についての考察を続けます。

先ほどは、脚質について解説しました。

ここでは、枠順について考えてみたいと思います。



▼阪神競馬場は、すべての競馬場の中でも、最も「外枠有利」になりやすい競馬場という印象です。

直線が長く、坂があり、4コーナーも不利のない作りになっているので、外枠の馬が追い込んでくるケースが多々あります。



▼阪神競馬場以外の競馬場では、基本的には内枠をスムーズに回ってきた馬が上位に来やすい。

これは当然で、競馬というのは円形のコースを周回するレースですから、インコースを走った方が距離ロスが少なく、有利なんですね。



▼そういう意味では、阪神コースも通常の右回りコースなので、インコースを走った方が最短距離を走れるため、有利です。

阪神コースの、枠順別連対率のデータを見てみましょう↓


1番枠⇒連対率16%
4番枠⇒連対率18%
8番枠⇒連対率14%
15番枠⇒連対率11%
17番枠⇒連対率10%



はい。
外枠が不利になりにくい阪神コースとは言え、これくらいの差が出てしまうわけです。

明らかに最短距離を走れる内枠の方が、連対率が高くなっています。



▼ただ、だからといって阪神競馬場で内枠を狙っても利益は出ません。

なぜかというと、内枠の馬は馬券が売れるからです。

単勝の平均オッズを見てみると、内枠の馬は単勝平均700円くらい。

それに対して、外枠の馬は、単勝平均1500円くらいも、配当オッズがつくわけです。



▼好走確率はそれほど違わないのに、オッズは倍ほども違う。

という事は、阪神競馬場では、内枠の馬より外枠の馬の方が、回収率が高くなりやすいということになります。



▼阪神競馬場の芝コースでは、11番枠より外の馬で、単勝回収率が100%を超えている馬が、ゴロゴロいます。

それに対して、内枠の馬は、単勝回収率が60%くらいしかない。



▼そう考えると、「的中率では内枠」「回収率では外枠」ということになるわけです。

この傾向は、中山競馬場と似ていますね。

ちなみに、阪神競馬場の「大外枠」の単勝回収率は88%と、やはり高めになっています。

これも、中山競馬場と同じ傾向になります。



▼▼では次に、「阪神競馬場の重賞レース」のデータを見てみましょう。

※2010~2019年


逃げ馬⇒単勝回収率173%
先行馬⇒単勝回収率67%
差し馬⇒単勝回収率62%
追い込み馬⇒単勝回収率30%



はい。
重賞レースに限定しても、逃げ馬の単勝回収率が高いのは変わりません。

この理由は、逃げ馬は人気になりにくい上に、勝率は最も高くなるからです。



▼単勝回収率のデータを見ると、逃げ馬は別格として、先行馬と差し馬は、ほぼ互角の成績になっています。

これは他の競馬場では見られない傾向で、やはり阪神コースは、差し馬が台頭できるコースと考えることができます。



▼では次に、「複勝回収率」のデータも見てみましょう。


逃げ馬⇒複勝回収率136%
先行馬⇒複勝回収率77%
差し馬⇒複勝回収率77%
追い込み馬⇒複勝回収率51%



はい。
複勝回収率で見ていくと、全体の数値がなめらかに平均化されているのがわかります。



▼複勝回収率では、3着以内に来ることが要件になってくるので、単勝回収率よりも差が出にくいデータになります。

それでも、逃げ馬はやはり強く、「そのレースで逃げる馬」を予想することは、回収率を上げるために重要なポイントになります。



▼複勝回収率で見ても、先行馬と差し馬は互角ですね。

通常は、馬券の軸馬は、先行馬にするのが基本になりますが、阪神の重賞レースでは、差し馬でも軸として有効になります。



▼では次に、「阪神の重賞レースでの枠順データ」を見てみましょう。


1枠⇒単勝回収率70%
2枠⇒単勝回収率54%
3枠⇒単勝回収率53%
4枠⇒単勝回収率57%
5枠⇒単勝回収率69%
6枠⇒単勝回収率38%
7枠⇒単勝回収率55%
8枠⇒単勝回収率92%



はい。
阪神の重賞レースでは、大外の8枠の単勝回収率がダントツで高くなっています。

勝率で比較すると、1枠が9%で、8枠が10%とほとんど変わりません。

ではなぜ回収率に大きな差が出るかというと、「8枠の馬は、馬券が売れないから」です。



▼競馬では、内枠有利は定説であり、基本的には内枠の馬ほど馬券が売れることになります。

これは阪神コースでも例外ではなく、阪神の重賞レースで最も馬券が売れやすいのは、1枠の馬なんですね。



▼しかし上述した通り、阪神コースは改修されてから外枠の不利がなくなっており、外枠でも活躍できるコースになっています。

外枠というのは、距離ロスさえなければ、不利を受けるリスクが低く、走りやすい枠なんですね。

なので阪神コースでは、外枠は人気にならない上に走りやすいので、8枠の単勝回収率が最も高くなっているわけです。

競馬で年間プラス収支を達成するために

競馬で勝ちたい人は、必ず見ておくべき。
 ↓↓
この馬券学校。