競馬で勝つ方法

▼本日は、競馬で勝つ買い方について、当研究所の見解を書いてみたいと思います。



▼競馬では、無数のアプローチ手法があり、いろいろな楽しみ方があります。

人それぞれ、自分が最も楽しめる買い方で良いと思いますが、その中には、勝てる買い方と、負ける買い方があります。



競馬で勝つ方法は、すでにある程度、体系化されています。

「こうやって買えば勝ちやすい」「こうやって買えば負けやすい」

というルールが、もう大体出てしまっているんですね。



▼そもそも、「競馬で勝つ」というのはどういうことか?

万馬券を当てる事?有馬記念やダービーを当てる事?

違います。

競馬で勝つというのは、「年間収支がプラスになる事」だと、私は考えるわけです。



▼単発の万馬券は、大穴を狙えば、いつか誰でも当たります。

万馬券というのは、荒れそうなレースを選んで、万馬券になるオッズの馬券を購入する。

ただこれを繰り返すだけで、定期的に当たるものなんですね。



▼でも、そのような単純な万馬券狙いだと、なかなか回収率がプラスにならないわけです。

大穴サイドの馬券というのは、あまり期待値が高くなく、射幸心を煽る部分はありますが、利益を出しやすいというわけではない印象。



▼まぁ大穴狙いでも、利益を出すことは可能です。

競馬では、どのような買い方をしても利益は出せるわけです。

その条件としては、「レースを選ぶこと」になります。



▼万馬券狙いで勝ちにいくなら、万馬券が出やすいレースを選択する必要がある。

競馬で勝つためには、ここが最大のポイントになると私は考えます。



▼多くの人は、「その週の重賞レースを、何も考えずに購入する」わけです。

しかも買い方はバラバラ。その日の気分で右往左往。

これでは勝てるわけがないんですね。



以前にも別の記事で書きましたが、競馬予想のポイントは、最初に自分が狙うオッズゾーンを決めることにあります。

参考記事
 ↓
競馬予想のポイントとコツ


大穴狙いは、私はお勧めしませんが、大穴狙いで利益を出している人ももちろんいるわけです。

そして、大穴狙いで勝っている人は、大穴が出そうなレースを選んでいる。



▼ここが、「何も考えずに毎週の重賞レースを購入する」という人との違いです。

重賞レースは、レース条件が多岐にわたり、堅く収まりそうなレースもあれば、大荒れになりそうなレースもある。

なので、毎週押し寄せる重賞レースに全て対応していくのは、非常に難解なわけです。



▼重賞レースを購入するのが悪いのではなく、「自分に合った重賞レースだけ勝負する」というのが、競馬で勝つためのコツになります。

まずはここが、競馬で勝ち組になるための、最初の1歩目になりますね。

競馬の年間収支をプラスにするサイトを公開

▼競馬ファンの最終目標である「年間プラス収支」

これを達成するためには、馬券知識を身につけるしかない。

私が、年間プラス収支を達成できたのは、

やっぱり⇒『このユニークなサイト』で学んだからです。




重賞レースをすべて買うのは非推奨

▼競馬で勝つ方法についての考察を続けます。

先程は、レース選びについて書いてみました。

レースを選ぶという作業は、競馬で利益を出すために非常に重要になるので、時間をかけてじっくり選んで下さい。



ぶっちゃけた話、レース選びさえしっかりできれば、あとの予想はそんなに時間をかけなくても勝てるわけです。

「自分が狙う配当を決める⇒ その配当が出そうなレースを選ぶ」

ただこれだけですね。



▼ほとんどの人は、これが出来ていない印象です。

多くの人の場合、

「その日の重賞レースをチェックする⇒ 競馬新聞でなんとなく予想する」

このパターンですね。

これは負けやすいです。私も昔このパターンでしたが、ずっとマイナス収支でした。



▼もちろん、すべての重賞レースを購入してプラス収支にしている人もいる。

そういう人は、なぜプラスになるかというと、「レースに応じて、臨機応変に戦略を変えている」わけですね。



▼短距離戦なら短距離戦の戦略。長距離戦なら長距離戦の戦略。

荒れそうなレースでは、荒れる買い方。固そうなレースでは、固い買い方。

このように、ケースバイケースで自分の買い方を変えていく。

これができる人は、すべての重賞レースを購入しても利益を出すことができます。



▼でもこれは、競馬初心者さんにはかなり厳しい。というか無理。

なので、私たちのような凡人は、「自分のルール」をしっかり決めて、そのルールに合致したレースを選んでいくことで、利益を出す方が良いと思うわけです。



自分が狙う配当は、「本命サイド」「中穴」「大穴」の3つから選んでいくと良いかと。

右に行くほど、的中率は低くなります。

注意点としては、この3つを「混ぜない方が良い」という部分です。



▼つまり、本命サイドを狙いながら、大穴馬券も同時に購入するという混合スタイル。

これはちょっとルールが一貫していないので、なかなか長期回収率がプラスになりにくい印象です。

基本的には、自分が狙うオッズゾーンは、明確にした方が勝ちやすくなります。



▼ちなみに、この3つはどれを選んでも勝てます。

上述した通り、その配当が出そうなレースを選べれば、狙うオッズはどこでもいんですね。



▼▼「本命サイドの狙い方

本命馬券で利益を出すためには、人気サイドの期待値が高いレースを選ぶことになります。

人気サイドは、すべてのレースタイプにおいて、常に高い的中率を誇りますが、その中からさらに条件を絞り込んでいくことで、より的中率と回収率を上げることができます。



▼例えば、「少頭数のレース」

頭数が少なくなると、人気サイドの期待値が上昇します。

これはなぜかというと、頭数が少なくなると、人気馬が不利を受けたり、展開が向かずに負けたりするケースが減るので、本命サイドの期待値が上がるわけです。



▼具体的には、頭数9~13頭立てくらいですね。

頭数8頭以下になると、確かに本命サイドの好走確率はさらに高くなるんですが、トータルの買い目点数が少なすぎて、オッズに歪みが生まれず、回収率がプラスになりにくいです。

なので、あまり極端な少頭数のレースは、私自身、あまり参戦することはありません。



9~13頭立てのレースでは、1番人気が予想の中心になります。

少頭数のレースでは、無理に1番人気を切ってしまうと、大幅に的中率と回収率が上がってしまいます。

1番人気を切って穴を狙いたいなら、少頭数のレースより、多頭数のレースの方が向いているわけです。



▼なので、少頭数のレースでは、基本的には1番人気を軸として、相手は9番人気くらいまでを見ておく。

1~3番人気くらいで、絞り込んで本命サイドを狙う人もいますが、あまり極端な本命買いは、これも回収率が上がりにくくなります。

1~3番人気で馬券構成しても、利益を出すことはできるんですが、かなり厳密にレースを選んでいかなければなりません。

これだと勝負するレースが少なくなりすぎてしまい、レースを見送ってばかりで、なかなか競馬を楽しめなくなります。



▼なので、軸は1~2番人気として、ヒモは9番人気くらいまで。

馬券種は、私の場合は三連複かワイドですね。

三連複なら、買い方の例としては、

軸1番人気
相手4.5.6.8番人気(6点買い)


というような感じになります。

少頭数で1番人気馬を軸にしても、相手を4頭くらいに絞っていけば、回収率をプラスにすることが可能になります。

この場合、相手ヒモ馬に2~3番人気を入れたくなりますが、合成オッズが下がってしまうので、私は入れないことが多いですね。


競馬で年間プラス収支を達成するために

競馬で勝ちたい人は、必ず見ておくべき。
 ↓↓
この馬券学校。