流し馬券の買い方

▼本日は、流し馬券のコツについて、当研究所の見解を書いてみたいと思います。



馬券の買い方には、大きく分けて「流し」と「ボックス」があります。

1点づつ購入することもありますが、ほとんどの場合では、流しかボックスを利用すると思います。



▼box馬券については、前回の記事で解説しました。

参考記事
 ↓
ボックス馬券の買い方

ここでは、流し馬券について考えてみます。



▼流し馬券は、最初に「軸馬」を決めて、その馬から複数の相手ヒモ馬に流すスタイルになります。

なので、流し馬券においては、軸馬が最も重要になる。



▼ぶっちゃけた話、流し馬券では、軸馬の期待値さえ高ければ、簡単にプラス収支になるわけです。

極端に言えば、軸馬の期待値が明らかに高い場合は、その馬からの「総流し」でも利益は出ます。



▼例えば、「馬単の1着固定総流し」というのは、「単勝」と同じなわけです。

なので、単勝馬券でプラス回収になるような、期待値の高い馬がいる場合は、馬単の総流しでも利益が出るということになります。



▼まあ、これはあくまでも長期目線での話です。

単発では、馬単の総流しは、相手馬の入り方によって、利益が出たり出なかったりします。

そのトータルで考えると、プラスになるという意味ですね。



▼ということなので、流し馬券で勝負する場合は、とにかく軸馬をがっつり検討することが重要になるわけ。

流し馬券では、レース選びと軸馬選び。

この2つだけでOKと言っても過言ではありません。私の考えですが。



▼さて、先ほど少し書きましたが、「馬単の1着固定総流し」は、あくまでも例になります。

基本的には、馬単の1着固定総流しにするくらいなら、単勝を購入した方が良いケースが多い。

これは、基本還元率の違いによるものです。



▼なので、流し馬券で勝負するなら、総流しではなく、ヒモはある程度絞っていくことになる。

基本的なヒモ馬の数については、


・馬連流しなら、相手は4点流し(4点買い)

・三連複軸1頭流しなら、相手は6頭流し(15点買い)

・三連複軸2頭流しなら、相手は8頭流し(8点買い)

・三連単1着固定流しなら、相手は6頭流し(30点買い)



はい。
おおよその目安で言えば、これくらいになるかと思います。

私の場合は、大体これくらいの頭数への流しで、年間プラス収支になっています。



▼相手ヒモ馬の数は、少なければ少ないほど良いと考えている人が多いんですが、これがそうでもない。

最適な頭数への流しにしないと、ヒモを絞りすぎることで、的中率が大きく下がってしまうケースがあるからです。


競馬の年間収支をプラスにするサイトを公開

▼競馬ファンの最終目標である「年間プラス収支」

これを達成するためには、馬券知識を身につけるしかない。

私が、年間プラス収支を達成できたのは、

やっぱり⇒『このユニークなサイト』で学んだからです。




流し馬券における軸馬の選び方

▼流し馬券の買い方についての考察を続けます。

先ほどは、相手ヒモ馬の頭数について書いてみました。

あれはあくまでも目安であり、それほど気にしなくても大丈夫です。



▼というのも、前述の通り、流し馬券の生命線は「軸馬」だからです。

軸馬の期待値が高ければ、何点に流しても、長期的には利益が出ることになる。



▼それでは、肝心の軸馬の選び方ですが、これはどのようにして選んだらいいのか?

これについては、馬券種によって違ってきます。



例えば、「三連単の1着固定」と「三連複ながし」では、軸馬に求められる要素が全く違ってくるわけです。

前者は、とにかく単勝回収率が高い馬。

三連単の1着固定ですから、単勝期待値が高くないとお話にならないわけです。



▼逆に後者は、とにかく複勝回収率が高い馬。

三連複の軸馬は、1~3着に入れば的中なので、複勝期待値が高い馬が求められるわけです。



▼簡単な言葉で言えば、三連単の1着固定なら、「勝ち切れる馬」を軸馬にする。

三連複の軸にするなら、「安定している馬」を軸馬にする。



▼当たり前の話ですが、意外とおろそかになりがちなので注意が必要です。

単勝期待値と複勝期待値が両方とも高い馬も存在しますが、多くのケースでは、どちらかに偏っていることが多いです。



脚質から軸馬を考えてみると、三連単の1着固定なら、逃げ馬・先行馬が良い。

逆に、三連複の軸なら、差し馬・追い込み馬が良い。



▼これは、前に行ける馬の方が勝ち切りやすく、差してくる馬の方が安定しやすいという性質を考えたものです。

逃げ馬で考えると分かりやすいんですが、逃げ馬というのは、強いときはめっぽう強い勝ち方をする。

その一方で、負けるときは惨敗してしまうわけです。



▼このようなタイプの馬は、三連単の1着固定軸馬に向く。

1着か惨敗となるケースが多いので、安定感が求められる三連複の軸馬などには向かないわけです。



▼もちろん、逃げ馬が2~3着になることもありますが、長期的な統計データを取れば、逃げ馬の惨敗が多いのは明白。

このような脚質的な特徴から軸馬を考えることも、非常に重要なポイント・コツになります。



▼▼では次に、流し馬券で軸馬に向く条件を、さらに考えてみましょう。

次は、「リーディング上位の騎手

これについては、当ブログでは何度か書いていますね。



▼騎手は、数え切れないほどいるように感じますが、リーディング上位という観点から見ると、かなり限られてきます。

リーディングというのは、騎手の勝ち星による順位ですね。

その年に、最も勝ち星が多かった騎手が、リーディングジョッキーとなります。



▼で、このリーディングですが、リーディングの順位が上の騎手ほど、軸馬としての信頼度が高くなります。

競馬ファンの中には、「リーディング上位なんて強い馬に乗ってるだけ。騎手の腕とは関係ない!」と言っている人もいますが、これは正しいようで、間違っている部分も多々あります。



▼確かに、リーディング上位になるということは、強い馬に数多く乗っているということです。

ではなぜ、強い馬に乗ることができるのか?

それは、騎乗成績が良いからなんです。



▼今の時代は、パソコンのソフトで分析すれば、その騎手の勝率も連対率も回収率も、簡単に調べることができます。

例えば、「1~3番人気に騎乗した時の回収率」なんていうデータも、簡単に調査できるわけです。



▼現代競馬は、エージェントと呼ばれる、仲介業者が騎手の騎乗馬を斡旋します。

エージェントも仕事なので、騎乗依頼したからには、結果を出してもらわないと困るわけです。

そこで、成績の良い騎手に依頼することになる。

つまり、強い馬に乗れるという事は、腕があるということなんですね。



▼有力なエージェントは、調子の良い馬を斡旋することができる。

そして、ルメール騎手や川田将雅騎手など、トップジョッキーに依頼することができるわけです。

その結果、強い馬は1部の騎手に集中し、1部の騎手は、好成績を残すことになります。



▼このようなエージェント制度の是非については、今回は割愛しますが、とにかく言える事は、リーディング順位が上位の騎手は、勝率や連対率が高くなるということです。

同じくらいの人気の馬に騎乗しても、リーディング上位の騎手と、リーディング下位の騎手とでは、勝率も連対率も回収率も的中率も、差が出てしまうわけですね。



▼したがって、私たちが馬券購入する場合、特に軸馬を決定する場合は、リーディング上位の騎手から選んでいくと、的中率と回収率が上がりやすくなるわけです。

例えば、ルメール騎手は、重賞レースでの的中率と回収率が素晴らしい成績になっていますが、彼もリーディング上位の騎手です。

よって、軸馬に迷ったら、勝ち星が多い騎手を見ていくと、馬券成績も良くなりやすいと思います。


競馬で年間プラス収支を達成するために

競馬で勝ちたい人は、必ず見ておくべき。
 ↓↓
この馬券学校。