競馬で負ける原因

▼本日は、競馬で勝てない理由について、当研究所の見解を書いてみたいと思います。



競馬というゲームは、きちんと仕組みを理解してルールを守れば、長期的にはプラス収支にできるゲームです。

私も、最初の頃はずっとマイナス収支でしたが、今では何年も年間プラス収支が続いています。



▼では、競馬で負ける原因は何なのか?

これは人それぞれ、いろいろな理由が考えられます。

まず第一に考えられる敗因は、「大儲けしようとし過ぎている



▼競馬はパチンコと違って、賭け方が自分の自由にカスタマイズできます。

パチンコの場合は、大当たりの時の利益はみんな同じですが、競馬の場合は、買い方によって利益が全く違ってくるわけです。



▼この部分が競馬の面白いところなんですが、ここが負ける原因でもある。

つまり、一攫千金を狙えるが故に、欲望に支配されて、無謀な馬券を購入してしまう人が多いということです。



▼代表的な失敗例としては、「少点数で好配当を狙う

これは、やり方を間違えると本当に負けます。

一発高配当の魅力は確かにあるんですが、合成オッズが高すぎて、確率が収束しないんですね。



▼競馬場やwinsで、見るからに負け組の、床に座ったオジサン。

捨てた馬券を見てみると、100円で万馬券を狙う買い目がたくさん・・・。

確かに、資金力が少ないと、万馬券狙いしか大儲けする方法はありません。



ですが、このような戦略性のない万馬券狙いは、ほぼ確実に長期回収率がマイナスになってしまいます。

大穴狙いというのは、しっかりと期待値分析しないと、回収率がなかなか上がらないものです。

明確にレースを選んで、根拠のある穴馬を狙っていく。

この場合にのみ、万馬券狙いは、回収率を引き上げることに貢献します。



▼次の失敗例としては、「少点数で、本命サイドに突っ込む

これは先ほどと真逆です。

本命サイド狙いですね。

たとえば、2頭の強い馬がいて、その2頭の馬連に1万円とか突っ込むスタイル。

これも、明確な期待値的な根拠がない限り、長期的には、まずマイナスになります。



▼本命サイドの馬券というのは、過剰人気になりやすく、的中確率の割にオッズがつかない。

馬連オッズ2倍の的中率は、ほとんどの場合、50%未満になります。

つまり、マイナス収支になるわけ。



▼本命サイド狙いが悪いわけではないです。

本命サイドでも、事前にしっかり期待値を分析して、ピンポイントで狙っていくなら、長期回収率はプラスになります。

でも、「なんかこの2頭で固そうだから、行ったれ!」というギャンブル的な思考では、まず負けることになるわけです。

競馬の年間収支をプラスにするサイトを公開

▼競馬ファンの最終目標である「年間プラス収支」

これを達成するためには、馬券知識を身につけるしかない。

私が、年間プラス収支を達成できたのは、

やっぱり⇒『このユニークなサイト』で学んだからです。




競馬で負ける具体例

▼競馬で負ける理由についての考察を続けます。

次の失敗例としては、「競馬新聞で予想する

これは非常に多いですね。



▼競馬新聞で予想することが悪いのではなく、競馬新聞しか武器がない事が悪い。

競馬新聞なんて、誰でも持っているわけです。

競馬場に行けば、競馬新聞を持ったオジサンばかりです。



▼みんなが持っているものは、武器にならない。

もちろん、競馬新聞の「材料」を加工する知識があなたにあるなら、競馬新聞だけでも勝てます。

でも、競馬新聞をなんとなく見て、なんとなく「本紙の◎」を買っているようでは、それは競馬で負ける原因になってしまうわけです。



▼競馬新聞だけで勝てる人というのは、すでになんらかの知識が頭にある人だけ。

例えば、パドックを見ることができるとか、馬体を見ることができるとか、血統に詳しいとか。

このような武器をあらかじめ持っている人は、最終確認として競馬新聞を使い、利益を出すことができます。



▼でも、武器がない人が、競馬新聞だけで予想しても、これは無理。

競馬新聞だけで予想すると、どうしても◎がたくさんついている馬を購入したくなるし、本命サイドに寄りすぎると、回収率が下がってしまうわけです。



▼あるいは逆に、印が全くついていない馬。

このような馬も目立つので、無謀な大穴狙いをしやすくなるわけです。

高配当の魔力に引き寄せられ、なんとなく大穴馬券を購入して負けている人が、世の中には山ほどいます。



今の時代、馬券で年間収支がプラスになっている人は、必ず何かしらの武器を持っています。

今はパソコンで、いくらでもデータ分析ができます。

データは有料ですが、お金をかけてでもデータを集めようとする人が、たくさんいるわけです。



▼そんなデジタル武装している人と、戦うわけなんですよ。

お金をかけてデータを収集している人と、アナログ競馬新聞でなんとなく予想している人。

どっちが勝つと思いますか?



▼競馬というのは、他の馬券購入者との戦いです。

馬券を的中させる事は、それほど重要なことでは無い。

他の馬券参加者に勝つことができれば、あなたは勝ち組になれるわけです。



▼▼では次の失敗例として、「すべての重賞レースを購入する

これも負けやすいです。

そしてこの失敗は、多くの競馬ファンが犯してしまっているところなのです。



▼競馬ファンの多くは、「今週の重賞レースは何かな?」という感じで、競馬に接しています。

重賞レースというのは、トップクラスの馬が集まるレースなので、レースとしては一番面白いレースになります。

なので、重賞レースを心待ちにして、毎週の馬券予算をそこに集中させる人が多いんですね。



ですが、これは言い換えると、「すべてのレースを購入しているのと同じ」意味になるわけです。

もちろん、36レース全て購入しているわけではありませんが、すべての重賞レースを購入するということは、36レース全て購入するのと同じ意味合いなんですね。

重賞レースは、すべてのレースの縮図、と言うこともできます。



▼重賞レースには、芝からダートまで、短距離戦から長距離戦まで、別定戦からハンデ戦まで、様々なレース条件が混在しています。

なので、すべての重賞レースを購入してプラス収支にするためには、個々のレースに応じた買い方を選択していく必要があるわけです。

レースごとに買い方を変える。

これは簡単そうに見えて、めちゃくちゃ難しいです。



▼すべての重賞レースに対応させて、買い方を変えていくためには、かなりの数の買い目バリエーションを用意しなければならない。

最低でも10種類以上の買い方を用意して、それぞれの重賞レースに合った買い方を選んでいく。

すべての重賞レースを購入して勝つためには、このような気が遠くなる作業が必要なわけです。



▼多くの競馬ファンは、重賞レースだけを購入しますが、買い方は適当です。

すべての重賞レースに、同じ買い方を当てはめていく人も多いです。

例えば、「馬連5点流し」でいつも馬券購入する人。

馬連5点流し自体は別に悪くないんですが、馬連5点流しが有効なレースと、そうではないレースがある。

なので、すべての重賞レースで馬連5点流しをしていては、まず勝てないわけです。



▼重賞レースの条件は千差万別なため、馬連5点流しが有効なレースもあれば、単勝1点勝負が有効なレースもある。

これを全て見極めていくのは、至難の業です。

だから私は、すべての重賞レースに参加することをお勧めしないわけです。

それよりも、「自分の得意な型」を決めて、それに合致するレースを選んで行った方が勝てる可能性は高い。

重賞レースだけにこだわる必要は全くないわけです。

競馬で年間プラス収支を達成するために

競馬で勝ちたい人は、必ず見ておくべき。
 ↓↓
この馬券学校。