1番人気・2番人気からの流し

▼本日は、1~2番人気からの流し馬券データについて、当研究所の見解を書いてみたいと思います。



▼競馬の基本は、軸馬を決めて、そこから数頭のヒモ馬に流すことです。

これがいわゆる「流し馬券」

初心者さんからベテラン馬券師まで、幅広く活用している買い方になります。



▼そして、この流し馬券を構成する場合の軸馬の決め方ですが、基本は人気馬から選んでいくのが良いかと思います。

当ブログでは何度か書いていますが、軸馬を人気薄にしてしまうと、的中率が極端に下がってしまい、資金の回転効率が悪くなるからです。



▼私自身、軸馬を選ぶ時は、1~4番人気あたりの人気馬から選んでいくことが多いです。

人気馬の中で、期待値が高いであろう馬。

これはデータ分析から導き出すわけですが、期待値が高い軸馬さえ見つかれば、馬券は長期的にはほとんど勝ったようなものなのです。



▼そこで本日は、人気馬からの流し馬券について考えてみます。

まずは、最も基本となる「1番人気馬からの流し」

このデータを見てみましょう。


1番人気から馬連総流し。中央場所。芝ダート混在
9518レース分析(2015~2019年)

的中率52%
回収率71%
最高配当57030円
平均配当1801円



はい。
1番人気からの総流しを長期間に渡って仕掛けると、上記のような数字になります。



▼1番人気の連対率は、約50%なので、1番人気から総流しを仕掛けると、的中率は50%程度になります。

この的中率の高さは魅力ですね。

ただ、回収率が71%しかないので、かなり無駄な馬券を購入していることがわかります。

あるいは、期待値が低い1番人気を軸にしてしまっているレースも多くなっていると思われます。



▼では次に、クラス別の成績を見てみましょう。


クラス別に見ていくと、回収率に大きな違いがあるのが分かります。

まず、新馬戦の回収率が82%と、全体の71%を大きく上回っています。

これは、新馬戦の場合、1番人気の信頼度が高いのと、ヒモ荒れする確率が高いことに原因があります。



▼それに対して、未勝利戦の回収率は63%しかありません。

的中率自体は、新馬戦よりも未勝利戦の方が高いにもかかわらず、未勝利戦の回収率はかなり低い。

これは、ヒモが固く収まるレースが多いからです。

未勝利戦の場合、明らかに勝負になる馬と、全く勝負にならない馬がはっきり分かれているので、平均配当が低くなってしまうんですね。



▼未勝利戦の平均配当は、すべてのクラスの中で最低です。

なので、未勝利戦で1番人気からの流し馬券を仕掛ける場合は、必ず、相手ヒモ馬を絞り込む必要があるわけです。

未勝利戦で、1番人気からの総流しを仕掛けてしまうと、上述した通り、回収率は63%しかないので、大きくお金を減らしてしまうことになります。


競馬の年間収支をプラスにするサイトを公開

▼競馬ファンの最終目標である「年間プラス収支」

これを達成するためには、馬券知識を身につけるしかない。

私が、年間プラス収支を達成できたのは、

やっぱり⇒『このユニークなサイト』で学んだからです。




1番人気ながしと2番人気ながしで儲かる条件

▼1~2番人気からの流し馬券についての考察を続けます。

「1番人気からの馬連総流し」についての続き。



▼先程は、新馬戦の回収率と、未勝利戦の回収率の違いについて書いてみました。

では次に、500万条件(1勝クラス)と1000万条件(2勝クラス)について。

この2つのクラスは、それぞれの回収率が72%と69%で、未勝利戦ほどでは無いにせよ、低めになっています。



▼この原因は、1番人気の信頼度の低さです。

1番人気ながしの的中率について並べてみると、


新馬戦⇒54%
未勝利戦⇒56%
500万⇒49%
1000万⇒49%
1600万⇒50%
オープン特別OP⇒52%
重賞⇒53%



はい。
このように、500万と1000万(1勝クラス・2勝クラス)は、他のクラスと比べて的中率が低い、つまり1番人気の連対率が低いということになります。



▼1番人気の信頼度と、クラス別の回収率を見た上で、「1番人気からの馬連総流し」を仕掛けるなら、「新馬戦」と「オープンクラス」が良いということがわかります。

1600万の回収率も86%と優秀ですが、的中率が50%と微妙なので、ここはわかりやすく、新馬戦とオープンという感じで捉えておいて良いかと思います。



▼1600万条件(3勝クラス)の回収率が高い原因は、平均配当の高さです。

1600万条件では、1番人気の連対率はそれほど高くないんですが、相手ヒモ馬に人気薄が入るケースが多く、その結果、総流しの回収率が高くなっているわけです。



▼では次に、「馬場状態

1番人気からの馬連総流しを仕掛ける場合、「重馬場」「不良馬場」の時に仕掛けると、回収率が上がりやすくなります。

「1番人気ながしの回収率(芝レース)」のデータを見てみましょう。


良馬場⇒76%
稍重⇒68%
重馬場⇒93%
不良馬場⇒83%



はい。
このように、 1番人気馬からの流しは、重馬場になると、急に回収率が高くなります。

これは、馬場が悪化しても、1番人気の連対率は下がらないのに対して、相手ヒモ馬は人気薄が入ってくることが多くなるからですね。



▼▼馬場状態が悪くなると、力を発揮できない有力馬が増えてくるので、人気薄の馬が激走しやすくなります。

その結果、ヒモ荒れする事になり、配当と回収率が高くなるわけです。



▼なので、1番人気からの総流しを狙う場合は、重馬場と不良馬場で狙っていくと、回収率が高くなります。

注意点としては、この傾向は芝のレースに於いての傾向であり、ダートでは該当しないという部分です。



ダート戦での回収率(1番人気からの総流し)も見てみましょう。


ダート良馬場⇒69%
ダート稍重⇒69%
ダート重馬場⇒61%
ダート不良馬場⇒59%



はい。
このように、ダートでは、馬場状態が悪くなっても回収率は上がりません。むしろ下がっています。



▼これはなぜかというと、ダートでは、馬場状態が悪くなると、1番人気の連対率が下がるからです。

芝のレースとダートのレースで、1番人気からの馬連総流しの的中率(=1番人気の連対率)を比較してみましょう↓


芝良馬場⇒53%
芝稍重⇒51%
芝重馬場⇒55%
芝不良馬場⇒57%

ダート良馬場⇒52%
ダート稍重⇒54%
ダート重馬場⇒49%
ダート不良馬場⇒45%



はい。
芝のレースでは、重馬場と不良馬場では、1番人気の連対率がむしろ上がっています。

それに対して、ダートのレースでは、馬場の水分含有量が上がると、1番人気の連対率が下がっていくことがわかります。



▼では次に、上記条件での平均配当を見てみましょう↓


芝良馬場⇒1768円
芝稍重⇒1742円
芝重馬場⇒2262円
芝不良馬場⇒1983円

ダート良馬場⇒1837円
ダート稍重⇒1759円
ダート重馬場⇒1722円
ダート不良馬場⇒1796円



はい。
芝のレースでは、重馬場と不良馬場では、平均配当が大きく引き上がっているのが分かります。

これはつまり、芝の重馬場と不良馬場では、ヒモ荒れしやすいということです。

芝の重馬場と不良馬場では、「1番人気と人気薄の組み合わせ」で馬連が決着しやすいわけですね。



▼それに対して、ダートでは、重馬場と不良馬場で平均配当が引き上がっていません。

ダートでは、馬場が悪くなると、ヒモが固くなる傾向にあります。

なので、ダートで馬場が悪化しているときは、できるだけヒモを絞り込んで、ピンポイントで狙っていくことが重要です。

逆に、芝のレースでは、馬場が悪化したらヒモ荒れのチャンスなので、1番人気から手広く狙っていく戦略が有効になってくるわけです。


競馬で年間プラス収支を達成するために

競馬で勝ちたい人は、必ず見ておくべき。
 ↓↓
この馬券学校。