単勝馬券で稼ぐ方法

▼本日は、単勝で稼ぐ方法について、当研究所の見解を書いてみたいと思います。



▼馬券でお金を稼ぐ事を考えた場合、まず重要なポイントは、「控除率」になります。

控除率というのは、馬券の売り上げから、JRAが天引きしていく割合。

競馬の控除率の平均は、25%になります。



▼昔は、すべての馬券種が、控除率25%だったわけですが、 2014年からは、馬券種ごとに控除率が設定されることになりました。

結論から言えば、単勝馬券というのは、最も控除率が低い馬券です。

単勝馬券の控除率は20%で、三連単の27.5%と比べると、なんと7.5%も違います。



▼なので、三連単で年間回収率が95%くらいある人は、単勝馬券に切り替えることで、年間プラス収支になる可能性があるわけです。

年間単位で見ると、賭け金の合計額は結構大きな額になるので、7.5%の差は、金額にするとなかなかの額になります。



▼このような事を勘案すると、馬券で稼ぐためには、単勝馬券が1つの答えになりそうです。

私が勝負する馬券は、三連複が多いわけですが、単勝馬券でも勝負するケースが多々あります。

三連複も単勝も、どちらも年間収支はプラスになっています。



▼では、単勝馬券で稼ぐ方法はあるのか?

これはもちろんあります。

最もシンプルな方法としては、「単勝回収率が高い条件をデータ分析し、その単勝馬券だけを狙う」というやり方になります。



▼パソコンの競馬ソフトでデータ分析するか、すでに分析されたデータ情報を購入するか、どちらかになります。

自力で競馬新聞で単勝馬券を購入する方法もありますが、この場合は、すでに自分の頭の中に、勝つためのロジックが入っている必要があります。



▼例えば、「東京競馬場。芝2400メートル。1~3番人気馬が先行馬で内枠の時、単勝勝負!」

こんな感じで。

これはあくまでも例ですが、「単勝でプラスになる条件」が頭の中に入っていれば、パソコンでデータ分析する必要はなく、競馬新聞だけで勝てます。



▼でもほとんどの人は、まだ頭の中に、単勝回収率のプラス条件が入っていないと思うので、地道にデータ分析するか、データ情報を購入することになるわけです。

やってしまいがちなミスは、「頭の中に何もない状態で、競馬新聞の中に答えを探そうとしている」

これをやると、確実に負けます。

競馬新聞の中に、単勝回収率がプラスになる条件は書いていません。

この点にだけ気をつけて、期待値の高い馬を探していけば、単勝で稼ぐことは比較的簡単なんですね。


競馬の年間収支をプラスにするサイトを公開

▼競馬ファンの最終目標である「年間プラス収支」

これを達成するためには、馬券知識を身につけるしかない。

私が、年間プラス収支を達成できたのは、

やっぱり⇒『このユニークなサイト』で学んだからです。




儲かる単勝馬券の買い方の例

▼単勝で儲かる買い方についての考察を続けます。

先程の続き。

ここでは、具体的な単勝馬券の儲かる買い方について、考えてみたいと思います。



▼アプローチ方法は無限にありますが、例えば、前回のハンデ戦のデータを見てみましょう。

参考記事
 ↓
ハンデ戦の買い方



▼ハンデ戦の単勝馬券で勝負する場合、例えば、期待値が高いのはこんな条件↓


・ハンデ戦。5~10番人気。斤量49.5キロ~53キロの軽量馬⇒単勝回収率130%~151%

はい。
ハンデ戦の中穴狙い。

中穴馬でハンデが軽い馬の単勝を狙うと、過去4年のデータでは、単勝回収率がプラスになっています。



▼ハンデ戦で軽量馬の単勝馬券を狙う場合は、中穴くらいの人気の馬を狙うと、単勝回収率が高くなるわけです。

ハンデ戦では、基本的には軽量馬の単勝回収率は低めになるんですが、5~10番人気に絞り込めば、簡単にプラスになる条件が見つかるわけ。



▼それに対して、「ハンデ戦で、重いハンデの中穴馬」は、単勝回収率がプラスになっていません。

前回のハンデ戦の記事では、「ハンデ58キロの1~3番人気馬は、単勝回収率が高い」と書きました。

これらを総合的に考えると、このような感じになります↓


・ハンデ戦では、人気馬は重いハンデ。中穴馬は軽いハンデの馬を狙っていくと、単勝馬券でプラスになる確率が高くなる

という感じになります。



▼単勝馬券で稼ぐためには、「単勝1点勝負」にこだわる必要はありません。

上述した例のように、1つのレースで、単勝馬券の多点買いをしてもいいわけです。

結局の所、期待値が高い単勝馬券を購入すればいいわけで、それが1点勝負でも、多点買いでも、期待値さえ高ければプラス回収になるわけです。



▼単勝馬券で稼ぐためには、このような期待値からのアプローチ手法が、最もシンプルで分かりやすいと思います。

多くの競馬ファンは、競馬新聞を眺めて、「うーん…どの馬が勝つだろうか…?」と熟考します。

しかしながら、そのような古典的なアプローチ手法では、単勝馬券で長期回収率をプラスにすることは難しいわけです。

現代競馬は、科学的なデータ分析によって回収率を高めていく手法が主流であり、客観的に競馬を見ていくことによって、単勝馬券で利益を出すことが可能になってくるわけです。

競馬で年間プラス収支を達成するために

競馬で勝ちたい人は、必ず見ておくべき。
 ↓↓
この馬券学校。