昇級戦の買い方

▼本日は、昇級戦の狙い方について、当研究所の見解を書いてみたいと思います。



▼競馬では、賞金順にクラス分けされているので、レースに勝つとクラスが上がります。

このクラスが上がったばかりの馬を、昇級馬といい、クラスが上がって初めてのレースを昇級戦と言います。



▼基本的には、クラスが1つ上がるわけですから、昇級戦は不利になります。

今までよりも戦う相手が強くなるからです。

なので、昇級戦は狙いどころをしっかり決めておかないと、回収率を下げる要因になってしまいます。



▼それでは、昇級戦のデータを見ていきましょう。

中央開催。芝のレース。2015~2019年の過去5年。5846頭のデータです。


昇級馬

勝率10%
連対率19%
複勝率27%
単勝回収率67%
複勝回収率71%



はい。
中央場所の昇級戦すべてのデータを集計すると、上記のようになります。



▼この数字だけを単品で見ていてもよくわからないので、「同クラス」のデータも同時に見ていきましょう。

現級馬

勝率7%
連対率14%
複勝率21%
単勝回収率68%
複勝回収率71%



はい。
昇級馬と現級馬を比較してみると、回収率はほぼ同じです。

ただ、勝率や連対率などの好走確率は、昇級馬の方が優秀な数字になっています。



▼昇級戦は、今までよりも相手が強くなるので、基本的には不利なんですが、前走で勝った馬というのは、勢いがあるので、昇級戦でも即通用するケースも多いです。

その結果、現級馬よりも好走確率が高いわけですが、回収率は同じくらいになってしまうのはなぜなのか?



▼これは、「前走1着馬」というのは、競馬新聞やスポーツ新聞で目立つので、過剰人気になりやすいことを表しています。

そのため、昇級馬には勢いはあるんですが、回収率で考えると、特に高いわけではないということになってしまうわけです。



▼両者の平均単勝オッズを見てみると、

現級馬⇒72倍
昇級馬⇒53倍


このように、大きな開きがあります。

昇級馬の馬券がよく売れているのが分かると思います。



▼スポーツ新聞などでは、前走1着馬にはカラフルな色がついたりして、非常に目立つようになっています。

競馬ファンは、このようなメディアの洗脳により、ついつい前走で好走した馬を買ってしまうわけですね。

昇級馬は、現級馬よりも勝率も連対率も高いことから、昇級馬を狙って行くこと自体は悪くない。

ですが、単純に前走1着馬を狙っても、上述した通り、過剰人気の影響により、なかなか回収率が上がらないわけです。


競馬の年間収支をプラスにするサイトを公開

▼競馬ファンの最終目標である「年間プラス収支」

これを達成するためには、馬券知識を身につけるしかない。

私が、年間プラス収支を達成できたのは、

やっぱり⇒『このユニークなサイト』で学んだからです。




昇級馬の儲かる狙い所とデータ傾向

▼昇級戦の狙い目についての考察を続けます。

ここまでをまとめると、

昇級馬は、勢いがあり好走確率が高いが、過剰人気になりやすいので、闇雲に狙っても回収率は平凡になる

という感じになります。



▼そこでここでは、具体的な昇級馬の儲かる狙い方について考えてみたいと思います。

昇級馬データ

1番人気⇒単勝回収率87%
2番人気⇒単勝回収率87%
10番人気以下⇒単勝回収率31%



はい。
昇級馬の特徴的なデータを挙げてみました。



▼まず、昇級馬の基本的な狙い方として、「昇級馬は、1~2番人気で狙う」というものがあります。

昇級馬というのは、今までよりも相手が強くなるので、基本的には不利です。

でも、昇級戦にもかかわらず、1番人気あるいは2番人気に支持される馬というのは、クラスが上がっても、すぐに活躍できるケースが多いです。



▼昇級馬が1~2番人気の時は、それほど過剰人気にもなりにくい印象です。

上述した通り、単勝回収率は87%にもなり、複勝回収率を見ても、1番人気は88%、2番人気は84%と、優秀な数字になっています。



▼なので、あなたが軸馬を決める場合は、

「1~2番人気の昇級馬」を軸馬にすると、回収率が上がりやすくなるということになります。

これは昇級馬の1つの狙い方ですね。



▼では次に、「10番人気以下の昇級馬」について。

1~2番人気の昇級馬は、非常に信頼できる人気馬になることが多いのに対し、10番人気以下の昇級馬は、かなり回収率が低くなっています。



▼10番人気以下の昇級馬ということは、「前走はなんとか勝ったけど、クラスが上がると通用しないだろう」と思われている馬です。

主に、競馬新聞の記者さんの判断になるわけですが、この判断は正しいケースが多いです。

10番人気以下の昇級馬の単勝回収率は、31%しかなく、ほとんど狙い目がありません。



▼また、複勝回収率も49%と低迷しており、人気薄の昇級馬は、ほとんど利益に繋がってこない印象です。

上述した通り、前走1着馬というのは、それだけで過剰人気になりやすいタイプであり、人気薄であっても、人気薄なりの過剰人気になりやすいということになります。

その結果、人気薄の昇級馬を狙っても、なかなか回収率が上がってこないということになるわけです。

競馬で年間プラス収支を達成するために

競馬で勝ちたい人は、必ず見ておくべき。
 ↓↓
この馬券学校。