馬券はいつ買うのが良いか?

▼本日は、馬券を買う時期について、当研究所の見解を書いてみたいと思います。



馬券の便利な所として、馬券購入のタイミングが自由である、という点が挙げられます。

パチンコであれば、ずっと台の前に座っていなければならないけれど、馬券はある程度自分のタイミングで購入することができるわけです。



▼これはこれで非常に便利なんですが、それと同時に、1つの疑問が湧いてきます。

「馬券はいつ買えばいいのか?どのタイミングで買うのが良いのか?」

という部分ですね。



▼ちなみに私は、「できるだけ発走時間に近いタイミングで馬券購入する」というタイプです。

というか、多くのプロ馬券師やセミプロは、発走時間ギリギリに馬券購入する人が多い印象です。



▼ではなぜ、発送時間ギリギリに購入する方が良いのか?

それは、「馬券というゲームは、確定オッズに近いオッズを見て、そこから自分の手を決めていくのが基本だから」です。



▼多くの競馬ファンは、馬券というのは、的中させる事を目的とするゲームだと思っている。

これはこれで間違いでは無いんですが、馬券購入する目的は、馬券を的中させる事ではなく、利益を出す事なんですね。



▼馬券を的中させる事と、利益を出す事。

これは似ているんですが、実は全然違います。

「的中するであろう馬券」と「儲かる馬券」は、別なんですね。



▼ここは初心者さんには難しいかもしれませんが、この部分をクリアしないと、馬券で利益を出すことはできません。

簡単に言えば、「馬券で利益を出すためには、オッズを見て、期待値が高いと判断した時のみ勝負する

という作業が必要になるわけです。



▼そう考えると、重賞レースなどで、「前日発売」で馬券購入するのは、できればやめた方が良いということになる。

なぜなら、オッズがめちゃくちゃだからです。



▼前日発売のオッズは、確定オッズと違うわけです。

オッズは、常に変動して行くので、できるだけ発走直前のオッズの方が、正確なオッズということになる。

正確なオッズでなければ、その馬券の期待値が高いか低いかを判断することができないわけです。



▼馬券で勝てない人は、この部分を理解できていないケースが多い。

「競馬新聞に答えが書いてあり、レースはその答え合わせ」だと思ってしまっているわけです。

これは大きな間違い。



▼結局、競馬というのは、確率のゲームなので、オッズと好走確率を比較して、「お買い得」なら買う。

ただそれだけなんですね。

たとえば、推定勝率が50%の馬がいたとして、その馬の単勝オッズが2.3倍なら、お買い得なので「買い」ということになるわけです。

これをひたすら繰り返していけば、馬券で利益を出すことが可能になるわけですね。


競馬の年間収支をプラスにするサイトを公開

▼競馬ファンの最終目標である「年間プラス収支」

これを達成するためには、馬券知識を身につけるしかない。

私が、年間プラス収支を達成できたのは、

やっぱり⇒『このユニークなサイト』で学んだからです。




馬券を買うタイミングと勝つ方法

▼馬券を買う時期とタイミングについての考察を続けます。

先ほどの続き。

「馬券は、できるだけ発送時間に近いタイミングで購入する方が良い」というところまでは、ご理解いただけたかと思います。



▼重賞レースでは、馬券購入総額が大きな金額になるので、比較的、早い時間でも正確なオッズが取れます。

ただ、平場のレースなど、売り上げが少ないマニアックなレースでは、できるだけ直前のオッズを見ないと、オッズが大きく変わってしまうケースも多々あります。



▼例えば、14時発走のレースがあったとする。

これを、10時のオッズを見て、「お買い得」と判断して、馬券購入したとする。

推定勝率38%で単勝オッズ3倍。

これはおいしい。

そして、14時のレースを見て、見事的中!

注目の確定オッズは・・・「2倍!下がった!」

ということもよくあるわけです。



▼これは的中したので、結果オーライと思ってしまいがちですが、戦前の推定勝率は38%

それで配当が2倍ですから、この馬券は「買ってはいけない馬券」だったわけです。

長期的には、明らかにマイナスになってしまうからです。



▼今回はたまたま的中したものの、同じような戦略で馬券購入を繰り返せば、必ずマイナス収支になります。

なので、この場合は、できるだけ発走直前のオッズを見て、

「推定勝率38%、単勝オッズ2倍」⇒見送り

という判断が正しいということになります。



▼競馬で儲けたいとか、競馬で利益を出したいと考えるなら、基本的にはこの作業の繰り返しになります。

①推定勝率を出す
②オッズをチェックする
③買うか買わないかの判断をする


このサイクルですね。



▼競馬で勝てない人というのは、このサイクルを無視している。

例えば、

①競馬新聞で適当に予想する
②馬券購入する
③レースを見て興奮する
④当たって喜ぶか、外れて悲しむ


はい。
競馬で勝てない人は、このようなサイクルになってしまっているわけです。

このサイクルでは、どこにも期待値判断が入っておらず、利益を出すための作業が完全に抜けてしまっていることがわかると思います。



▼▼競馬で勝てない人のサイクルは、「楽しさと興奮だけを追求している」わけです。

競馬の楽しさだけを追求するなら、このような勝てない人のサイクルで馬券購入した方が良い。

なぜなら、期待値を考えて利益を求めると、競馬の楽しさが損なわれるからです。



▼ここは、競馬をやる人の葛藤になります。

楽しさを求めるのか?利益を求めるのか?

究極の選択ですね。



▼私の場合は、競馬で利益を出すことが楽しいので、そこで楽しさを補填している感じです。

ただ、やはり期待値を考えて馬券購入すると、純粋な競馬の興奮というのは失われますね。



▼例えば、「自分の好きな馬を応援したい!」という楽しみ方。

これは競馬でも、最も楽しい買い方の一つでしょう。

自分が好きな馬を購入するだけなら、オッズなんか見なくてもいいし、期待値なんか考えなくてもいいんです。



▼したがって、好きな馬を買うだけなら、前日投票でもいいわけです。

ただ純粋に、自分の好きな馬を追い求める。

結果的に、馬券が当たれば、さらに嬉しい。

あなたがこのようなタイプなら、投票のタイミングは、いつでもOKということになります。



▼ただ、好きな馬を買うだけというスタンスは、期待値判断が一切入っていない。

あなたが好きな馬は、そのレースによって、期待値が高い時もあるし、期待値が低い時もあるわけです。

もし、あなたの好きな馬が、明らかに過剰人気だったら?

これは購入しても利益にはならないということになります。



▼なので、この場合は、見送りが常套手段。

しかし、「好きな馬を購入する」というスタイルの場合は、見送るという手がないわけです。

その馬が出てきたら買う、というルールが決まってしまっているからです。



▼ですから、好きな馬を追い求めるのは良いと思うんですが、馬券は別に考えた方が良いかと思います。

好きな馬はひたすら追いかけても良い。

しかし、馬券購入するのは、その馬の期待値が高いと判断した時だけです。



▼そして、期待値判断をするためには、できるだけ直前のオッズをチェックしたい。

そう考えると、馬券はいつ買うのが良いか?

正解は、「締め切り直前」ということになるわけです。



▼好きな馬を追いかけるのは良いと思います。

なぜなら、ずっと見てきた馬なら、その馬がどういう時に好走するかが、よくわかっているからです。

これは、1頭の馬を追いかける最大のメリットですね。

好きな馬を毎回購入するのではなく、「走る条件」に一致した時だけ購入するようにすれば、好きな馬で利益を出すことができるようになります。


競馬で年間プラス収支を達成するために

競馬で勝ちたい人は、必ず見ておくべき。
 ↓↓
この馬券学校。