競馬で儲けるには。

▼本日は、競馬の儲け方について、当研究所の見解を書いてみたいと思います。



▼競馬は、ほとんどの人が負け組になります。

なぜかというと、ほとんどの人は競馬の勝ち方を知らないからです。

したがって、競馬の勝ち方を知っている一部の人だけが、勝ち組になるわけですね。



▼競馬で儲けるにはどうすればいいか?

負け組の人は、「万馬券を当てれば競馬で儲かる!」と思っています。

でもこれは大きな間違いです。



▼確かに、万馬券などの高配当を的中させれば、その瞬間は儲かります。

でも、同じ買い方で万馬券狙いをし続ける限り、必ずその利益は飲まれてしまいます。

経験がある人も多いのではないでしょうか。

せっかく勝っても、いつの間にかその利益を、すべて溶かしてしまうわけです。



▼なぜ万馬券を当てても、儲けることができないのか?

この答えは簡単で、「高期待値の馬券を購入していないから」です。



▼パチンコに詳しい人はわかると思いますが、パチンコで勝つ方法は、「期待値の高い台を打つ」

ただこれだけなんですね。

逆に言えば、期待値が低い台に座ってしまえば、後は何時間打ち続けても、お金は減る一方なんです。



▼競馬でもこれは同じです。

競馬には「オッズ」が必ず決められています。

そして、このオッズは、競馬ファンの投票によって決まるわけです。



▼なので、競馬ファンが間違える時もある。

つまり、「強いのに人気がない馬」とか「弱いのに人気がある馬」という、オッズの歪みが発生するわけですね。



▼競馬で儲けるには、このようなオッズの歪みを狙って馬券購入すればいいだけ。

逆に言えば、オッズの歪みを考慮しない馬券は、やればやるほど、お金が減っていくわけです。



▼万馬券などの高配当馬券でも同じことが言えます。

万馬券を当てれば、必ず儲かると思っている人が多いんですが、これは全然違う。

万馬券にも、「期待値が高い万馬券」と「期待値が低い万馬券」があるわけです。



▼馬券には、すべて期待値が付与されている。

あなたが購入した馬券が、もし的中したとしても、その馬券の期待値が低ければ、長期的な回収率は必ずマイナスになります。

あなたの長期回収率がマイナスなのは、あなたが購入した馬券の期待値が低いからなんですね。



▼「期待値が高い馬券だけをひたすら購入する」

これができれば、馬券が当たろうが外れようが、長期的には必ずお金が増えます。

だから、狙うオッズゾーンは、万馬券でも本命サイドでも、どっちでもいいわけです。

期待値が高い馬券なら、その馬券は必ず利益を生むからです。


競馬の年間収支をプラスにするサイトを公開

▼競馬ファンの最終目標である「年間プラス収支」

これを達成するためには、馬券知識を身につけるしかない。

私が、年間プラス収支を達成できたのは、

やっぱり⇒『このユニークなサイト』で学んだからです。




競馬が儲からない原因は?

▼馬券で儲かる買い方についての考察を続けます。

先ほどの続き。

競馬で儲けるには、他の競馬ファンが評価していない馬で、強い馬を購入すればよい。

ここまではご理解いただけたかと思います。



この部分は非常に重要で、「競馬で儲けるには、馬券を当てなければならない!」という間違った考えから抜け出すことが大切なんです。

馬券なんか、そんなしょっちゅう当てなくてもいいんですよ。

自分が購入した馬券の期待値が高いなら、長期的には必ずプラス収支になるからです。



▼多くの人は、高い的中率を求めたり、高い回収率を求めたりします。

その結果、「的中率80%!回収率はなんと800%!!」みたいな、悪徳サイトに引っかかって、大金を奪われるわけです。

ちなみに私もその昔、悪徳サイトに引っかかって、大金を奪われています。



▼競馬の控除率は平均で25%

という事は、競馬ファンの回収率は、何も考えずに馬券購入すると、75%以下になるということです。

この回収率を100%以上に引き上げるのが、競馬予想の役割と言えます。



▼なので、目標回収率は、105~120%位が現実的かと思います。

年間で、この回収率を出すことができれば、あなたは競馬の勝ち組と言えます。



▼このように考えると、悪徳サイトの回収率800%が、いかにおかしな数字かがわかると思います。

ほとんどの悪徳サイトは、回収率を捏造しています。

実際は完全にマイナスなのに、回収率800%と誇大広告を打って、集客するわけですね。



▼あるいは、少しはマシなサイトになると、実際に回収率800%を出しているところもあります。

しかしその回収率は、年間回収率ではなく、「1レースの回収率」なんですね。

1レース的中して、回収率800%というのは、特に難しくはありません。

単勝8倍を当てれば、回収率800%になるんですから。



▼ここまで読み進めたあなたは、悪徳サイトに引っかかったりすることのないように。

競馬の回収率の現実的なラインは、良くても、回収率120%程度です。

そして、年間回収率で120%を出せる人は、おそらく競馬ファンの3%くらいしかいないでしょう。

でも、そんなに難しいことではないんです。

先ほどから私が書いているように、「期待値が高い馬券だけを買う」

これを意識すれば、年間回収率100%を超える事は、決して不可能ではありません。



▼▼では、競馬で儲けるには、具体的にはどのように馬券購入したらいいのか?

年間プラス収支にしている私が、いつも馬券購入している手順を書いてみます↓


①まず自分が狙う配当ゾーンを決める
②その配当が出そうなレースを探す
③レースが決まったら、そのレースの中で期待値が高い馬を探す
④期待値が高い馬がいたら、その馬に絡めて馬券を構成する(三連複・ワイド)



はい。
私がやっていることは、ほとんどこの繰り返しです。



▼「①まず自分が狙う配当ゾーンを決める

これに関しては、過去に別の記事でも書いていますが、最初に、自分が狙うオッズゾーンを決めておくことが重要です。

これを決めておかないと、目の前のレースによって、狙う配当がコロコロ変わるという買い方になってしまいます。

レースに応じて狙う配当を切り替えていくというのは、かなりの馬券上級者でないと難しいです。

これを競馬にそれほど詳しくない人がやろうとするから、負けるわけですね。



▼そうではなく、最初に自分が狙う配当を決めておく。

そして、その配当が出そうなレースを探すわけです。

この順番なら、自分のスタンスがぶれることがない。

買い方が固定されているので、馬券構成に迷ったりすることもなくなるわけです。



▼狙う配当は、そこまで具体的に決めなくても大丈夫です。

ざっくりと、「本命サイド」「中穴サイド」「大穴サイド」これのどれを狙うか?

本命サイドを狙うなら、堅い決着になりそうなレース条件を探していく。

例えば、

少頭数レース
信頼できる断然人気馬がいるレース
中央場所
別定戦
人気馬にリーディング上位の騎手が乗っている



などですね。



▼逆に、大穴サイドを狙うなら、荒れそうなレース条件を探すことになります。

それは例えば、

多頭数レース
ローカル開催・裏開催
1番人気馬に死角がある
短距離戦
ハンデ戦
牝馬限定戦



等々です。



▼このように、自分が狙う配当を決めている競馬ファンは、極めて少ないです。

多くの競馬ファンは、目の前のレースに合わせて、自分の買い方を変えてしまう。

「このレースは固そうだから、本命サイドを狙おう!」
「このレースは荒れそうだから、大穴狙いだ!」

このように、買い方を変えてしまうわけです。

臨機応変、と言えば聞こえはいいんですが、これをやると高確率で負け組になります。

上述した通り、臨機応変に狙う配当を切り替えていくやり方は、かなりの上級者でないと難しいからです。


競馬で年間プラス収支を達成するために

競馬で勝ちたい人は、必ず見ておくべき。
 ↓↓
この馬券学校。