馬券種のオススメは?

▼本日は、儲かる馬券種について、当研究所の見解を書いてみたいと思います。



▼中央競馬では、9種類の馬券種が発売されています。

まず、すべての馬券の種類を確認してみましょう。


単勝 80%
複勝 80%
枠連 77.5%
馬連 77.5%
ワイド 77.5%
馬単 75%
三連複 75%
三連単 72.5%
WIN5 70%


(※%は還元率)


はい。
この9種類ですね。



▼ではこの中で、最も勝ちやすい馬券種はどれなのか?

まず、年間プラス収支を維持している私が、個人的によく購入するのは、「三連複・ワイド」です。

私は、単系馬券より、複系馬券の方が相性がいいので、三連複とワイドを多用しています。



▼馬券種を選択する場合、人それぞれ相性というものがあります。

結局のところ、馬券というのは、他の競馬ファンとの戦いですから、「この馬券種は絶対儲かる!」というものは存在しないわけです。

言い換えれば、との馬券種でも、勝ち組と負け組に分かれることになります。



▼なので、馬券種を選ぶ場合は、自分が得意な馬券種を選んでいくのが良い。

自分が、他の競馬ファンに勝てるような馬券種ですね。

これが考え方の基本になります。



▼競馬の負け組は、これと真逆の考えを持っています。

つまり、「馬券種には勝てる馬券種と、負ける馬券種があるに違いない!」と思ってしまっているわけです。

でもこれは大きな間違いで、上述した通り、馬券というのは他の競馬ファンとの戦いですから、との馬券種でも勝てる可能性はあるし、どの馬券種でも負ける可能性はあるわけです。



ただ、「勝ちやすい馬券種」とか「プラスにしやすい馬券種」というものはあります。

馬券にはそれぞれ特徴があり、例えば、


・複勝馬券は、極端な勝ち組と負け組は少なく、みんな同じくらいの成績になりやすい

・三連単は、極端に勝ち組と負け組の差が開き、大きく勝つ人と、大きく負ける人が生じる



はい。
複勝馬券と三連単は、対照的な特徴を持っている。

複勝馬券は、大きく負ける事は無いけれど、大きく勝つこともない。

三連単は、大きく勝つこともできるけれど、大きく負ける可能性もある。



▼これは、合成オッズの多寡によるものです。

つまり、複勝馬券というのは、平均的にオッズが低いので、的中率が安定する代わりに、回収率も上下にあまり変動しないわけです。

なので、複勝馬券では、みんなが同じくらいの成績になりやすい。

複勝の回収率で言えば、70~80%くらいになる人が多くなるわけです。



▼それに対して、三連単はオッズ幅が大きい。

平均オッズが大きい馬券種というのは、腕の差が出やすいわけです。

複勝馬券は、みんなが同じくらいの成績になることが多いわけですが、三連単は勝ち組と負け組の差がかなり大きくなります。

まずは、このような馬券種の特徴を、しっかり理解しておくことが重要です。


競馬の年間収支をプラスにするサイトを公開

▼競馬ファンの最終目標である「年間プラス収支」

これを達成するためには、馬券知識を身につけるしかない。

私が、年間プラス収支を達成できたのは、

やっぱり⇒『このユニークなサイト』で学んだからです。




儲かる馬券種の選び方

▼オススメの馬券種についての考察を続けます。

先程は、複勝馬券と三連単の違いについて解説しました。

ここでは、他の馬券種についても考えてみたいと思います。



▼では次に、「三連複

三連複は、私が最も多く購入する馬券種です。

特徴としては、三連単の次に難しい。勝ち組と負け組の差が開やすい。という感じになります。



▼ただ、三連複は三連単より、買い目点数が大幅に少なくなります。

三連単の総買い目点数と比べると、6分の1の買い目点数になる。

その分だけ、的中率が高くなり、収支は安定します。



馬券種を選ぶ場合、ある程度難しい馬券種を選んでいかないと、勝ち組にも負け組にもなれないという状況に陥ります。

先ほど解説したような複勝馬券は、その代表的な馬券種ですね。



▼結局のところ、馬券を購入する意味は、利益を出してお金を儲ける事です。

なので、ある程度難しい馬券種で、他の競馬ファンよりも優秀な成績を出して、利益を上げる。

ここを目標にしなければなりません。



▼複勝馬券であれば、ある程度の的中率は確保できるんですが、複勝馬券はオッズが低すぎて、なかなか回収率が100%を超えない。

複勝馬券を買い続ければ、多くの人が、回収率70~80%くらいになるわけです。

これでは利益を出す事はできない。



▼逆に、三連単では、回収率20%の人もいれば、回収率130%の人もいる。

大きく勝つ人もいれば、大きく負ける人もいる。

その点では、勝ち組を生みやすいのが三連単なんですが、あまりにもボラティリティが大きすぎるため、収支が安定しないのが欠点です。



▼そこで私が考えたのは、三連複。

三連複は、三連単の次に難しい馬券種であり、これも勝ち組を生み出しやすい馬券種と言えます。

しかも買い目点数は、三連単の6分の1しかなく、その分の的中率が底上げされるため、収支が安定しやすいわけです。

なので、コンスタントにプラス収支を出して年間プラスを狙うためには、私は三連複は使いやすいと思うわけです。

競馬で年間プラス収支を達成するために

競馬で勝ちたい人は、必ず見ておくべき。
 ↓↓
この馬券学校。