重賞レースは難しいか?

▼本日は、重賞やG1が当たらない原因について、当研究所の見解を書いてみたいと思います。



▼競馬には、平場レースから特別戦、そして重賞レースと、バラエティー溢れるレースが行われています。

その中でも、最も馬券の売り上げが多いのが、重賞レース。

競馬新聞やメディアでも、重賞レースを中心に特集が組まれます。



▼なので、これを読んでいるあなたも、馬券の中心は重賞レースになっていると思います。

私の個人的な見解では、重賞レースより、平場や特別戦の方が勝ちやすいわけですが、これは別の記事で解説しています。

参考記事
 ↓
競馬 レースの選び方



▼本日のテーマは、「重賞レースが難しい原因

これを考えてみたいと思います。



▼重賞レースって、なかなか当たらない気がしませんか?

重賞レースは、平場や特別戦より的中率が低い気がする?

それは気のせいではありません。



実際、同じ買い方で買う場合、平場の方が的中率が高くなりやすいです。

なぜ重賞レースは、的中率が低くなりやすいのか?

重賞レースが当たらない原因を列挙してみます↓


・重賞レースは、頭数が多くなりやすいから

・重賞レースは、ハイレベルなメンバーになることが多く、各馬に力差があまりないから

・重賞レースに出てくる馬は、仕上がり状態が良く、大穴馬の激走が多いから

・重賞レースは、競馬初心者さんの参戦が多く、オッズが歪むから



はい。
私が見たところ、重賞レースが当たらない原因は、このあたりにあると思われます。



▼まず、「重賞レースは頭数が多くなりやすい

重賞レースというのは、賞金が高額であるため、各陣営、どうしても勝ちたいレースになります。

そのため、必然的に多頭数のレースになりやすくなる。

競馬というのは、多頭数になればなるほど的中率が下がります。



▼次に、「重賞レースは、各馬の能力が接近している

重賞レースに出てくるような馬は、そのほとんどがエリートであり、頂上決戦です。

現代競馬では、調教によって各馬の能力はしっかり高められており、重賞レースに出てくるような馬は、どの馬も強いわけです。



▼どの馬も強い。能力に差がない。

そうなってくると、必然的にレースは荒れやすくなり、馬券も当たりにくくなるわけです。



▼それに対して、平場のレースでは、玉石混交。

つまり、弱い馬も強い馬も、ごちゃまぜになっている。

だから、決着傾向を読みやすいわけです。

重賞レースより、平場の方が的中率が高くなりやすいのは、出走馬の能力に差があるからなんですね。


競馬の年間収支をプラスにするサイトを公開

▼競馬ファンの最終目標である「年間プラス収支」

これを達成するためには、馬券知識を身につけるしかない。

私が、年間プラス収支を達成できたのは、

やっぱり⇒『このユニークなサイト』で学んだからです。




重賞レースで勝てない理由

▼重賞・G1レースが当たらない原因についての考察を続けます。

先ほどの続き。

重賞レースが当たらない原因、その3。

重賞レースに出てくるような馬は、各馬みんな調教状態が良い

上述した通り、重賞レースというのは非常に賞金が高額です。

なので各陣営、しっかりと仕上げてくるわけです。



▼平場だと、明らかに調教が適当な馬がいたりするわけですが、重賞レースに出てくる馬は、その多くがしっかり仕上げられています。

これにより、大穴馬でも激走のチャンスが広がる。

その結果、波乱の決着になりやすくなり、馬券は当たりにくくなるわけです。



▼次に、「重賞レースは、競馬初心者さんの参戦が多く、オッズが歪みやすい

中央競馬のオッズというのは、競馬ファンの投票によって決まります。

なので、競馬ファンが間違った方向に投票を進めると、後から投票する人も、そのオッズを見て、間違った投票をしてしまうケースが多々あります。



▼例えば、「弱いのに1番人気になっている馬」

重賞レースでは、たまにこのような1番人気馬が出現します。

なぜ弱いのに1番人気になるかというと、競馬新聞に印がたくさんついているからです。



▼競馬のオッズは、競馬新聞の印に左右される面が非常に大きい。

特に重賞レースの場合、競馬初心者さんが、競馬新聞の印で馬券購入することが多いので、オッズが間違っているケースがよくあるわけです。



▼弱い1番人気馬を見て、あとから馬券を購入する人も、その1番人気を信頼して馬券購入してしまう。

その結果、オッズとパワーバランスが崩れてしまい、オッズを見て馬券購入した人は、当たらなくなってしまうわけです。



▼このように、重賞レースには当たらない要素がたくさんあります。

私があまり重賞レースを推奨しないのも、このような理由によります。

重賞レースにこだわらなければ、あなたの馬券的中率は、もっと上がりやすくなる可能性を秘めているわけです。



▼重賞レースには、有名な馬がたくさん出てくるし、新聞やテレビのメディアでも、重賞レースを中心に報道します。

そのため、何も考えずにいると、ついつい重賞レースばかり購入することになってしまいます。

でも、上述した通り、重賞レースは的中率が低いので、重賞レースばかり購入していると、馬券成績は散々なものになってしまう可能性があるわけですね。



▼▼とは言え、重賞レースは、世の中に出回っている情報量が非常に多いので、予想材料には困りません。

なので、無数の情報を集めて、それを分析する能力が高い人にとっては、重賞レースは勝ちやすいレースになります。



自分が重賞レースを得意かどうかは、馬券収支をつけてみればすぐにわかると思います。

まず、競馬では馬券収支をつけている人が非常に少ない。

なんとなく馬券を購入して、当たった!外れた!と、一喜一憂して終わり。

これでは自分の馬券データがないので、反省ができないんですね。



▼なので、馬券収支は必ずつけた方が良いと思います。

最低でも、「購入したレース」「賭け金」「払戻金」

この3つは絶対につけておくべきでしょう。

これだけ付けておけば、とりあえず的中率と回収率は出すことができます。



▼それに加えて、「クラス」を記載しておくと、さらに発展的なデータ分析ができます。

自分が馬券購入したクラスがわかれば、自分自身が重賞レースが得意なのか、平場レースが得意なのかが分かるわけです。



▼もし自分の馬券収支が、どちらかに偏っていた場合は、自分の得意な条件の方で勝負していくと良いです。

極端に重賞レースの成績が悪い人は、重賞レース以外で勝負する。

逆に、重賞レースの回収率が良い人は、重賞レースで勝負する。

このような分析を行うことによって、レースを選べるようになるし、馬券戦略を大幅に改良しなくても、自然と回収率を上げることができるわけです。



▼今まで、重賞レースばかり購入して、全体の回収率がイマイチだった人は、重賞レース以外のレースも購入してみると良いです。

あるいは、実際に購入しなくても、シミュレーションでエア馬券をテストしてみると良いですね。

重賞レースの成績が悪い人でも、平場レースや特別戦では回収率が高くなるということは、よくあるからです。



▼ここまで書いてきたとおり、重賞レースは難しい部分があります。

重賞レースは競馬の華ですが、必ず購入しなければならないと言う訳では無い。

自分が平場レースが得意なら、馬券は平場で勝負して、重賞レースは「見て楽しむ」だけでもいいわけです。



▼競馬の負け組は、これができない人が非常に多い。

馬券を買いたくて仕方がないわけです。

でも、勝ち組になりたければ、「馬券を購入しないでレースを見る」ということができるようにならなければならない。

自分にとって勝ち目がないレースは、馬券購入せずに見送り。

これができるようになれば、勝ち組に一気に近づきます。



▼▼このように、馬券を購入せずにレースを見るだけ、というスタイルを「見(ケン)する」と言います。

ケンは、馬券の勝ち組になるために、必須のスキルになります。

スキルというと大げさに聞こえますが、競馬においてレースを見送るというのは非常に難しいです。

なぜなら、馬券には脳内麻薬のドーパミンが絡んでくるからです。



▼競馬はギャンブルなので、馬券を購入してレースを見ると、脳内麻薬のドーパミンが大量に放出されます。

そこで、とても強い刺激を得ることができるわけです。

強い刺激は、日頃の嫌な事を全て忘れることができる。

つまり、馬券を購入してレースを見ると、一瞬だけ気持ちよくなれてしまうわけです。



▼この快感があるため、人間はどうしても馬券を購入したくなります。

そこにレースがあったら、馬券を買いたくて、うずうずしてしまう。

「このレースは自信がないから、買わない方がいいんだろうなぁ」と思っても、買わずに見送ることができる人は少数派です。



▼競馬に勝ち組が少ないのは、このような「ケン」ができない人が多いからです。

競馬はとても奥が深く難しいゲームですが、「自信のないレースは全て見する」ということを徹底できれば、年間プラス収支にすることは、それほど難しくありません。

それくらい、ケンは重要なポイントなんですね。



▼このようなケンは特に、重賞レースとの関わりにおいて大切な要素になります。

上述した通り、重賞レースは難しいです。

重賞レースやG1レースは、頭数が多く、各馬の能力が接近しており、各馬の調教状態もいいので、波乱になる確率が高い。

なので的中率が下がる。

したがって、明らかに難しそうな重賞レースは、ケンすることが大切なわけです。



▼私自身も、主戦場は、第9レース~第11レースの特別戦ですが、重賞レースは見送ることも多いです。

特に、15頭以上の多頭数の重賞レースや、ハンデ戦の重賞レース、あるいはローカル開催の重賞レースは非常に難解なので、ケンすることが多いですね。

重賞レースは見送って、第9~10レースあたりから、1日0~2レース選んで勝負する。

このようなスタイルを多用することにしてから、私の馬券収支は、ずっとプラスになっています。

これはあくまでも私のやり方ですが、それくらい重賞レースは難易度が高く、重賞レースばかり購入していると、マイナス収支になりやすいと思うわけです。


競馬で年間プラス収支を達成するために

競馬で勝ちたい人は、必ず見ておくべきサイトを紹介。
年間プラス収支の私が、ずっと利用している競馬情報でもあります。
 ↓↓
この馬券学校。

その他、無料で使える競馬情報ランキングは、こちらにまとめました。
 ↓
無料だけど役立つ競馬サイトランキング