追い上げで勝てるか?

▼本日は、追い上げ・増額について、当研究所の見解を書いてみたいと思います。



▼馬券のオーソドックスな買い方は、1レースに均等額づつ賭けていく手法です。

例えば、「1レース3000円」などと決めて、その金額の範囲内で馬券を構成していくやり方ですね。



▼このようなオーソドックスな買い方に対して、「追い上げ」という買い方もあります。

追い上げとは、馬券が外れた時に、次のレースへの賭け金を増額し、負け分を一気に取り戻す手法です。



▼例えば、

・1レース目⇒1,000円
・2レース目⇒2,000円
・3レース目⇒4,000円

このように、倍賭けしていくのが、ベタな追い上げスタイルの特徴です。



追い上げのメリットは、馬券が外れても、次のレースで当たれば、前回の負け分まで取り戻せることです。

通常、馬券収支を見る場合は、好調期と不調期を合算して、そのトータルの回収率をプラスにすることを目標にします。

それに対して、追い上げの場合は、不調期が来ても、1回の的中で全てをチャラにできるメリットがあるわけです。



▼では、このような追い上げという投資法で、利益を出すことは出来るのか?

私の見解としては、「リスクはあるが、追い上げでも勝てる」と思います。

ただし、かなり厳密なルール設定が必要です。



追い上げで勝つための基本ルールは以下の通り↓


・何回まで追い上げを実行するかを最初に決めておく

・最初に決めた回数を超えて連敗したら、必ずそこで損切りする

・追い上げでも、参加するレースはしっかり選ぶ

・的中したら、賭け金は元に戻す



はい。
追い上げで勝負する場合は、これらの要素をしっかり意識して、厳守することが重要です。



▼まず、「何回まで追い上げを実行するかを最初に決めておく

これは、自分が狙うオッズによって違ってきます。

高配当狙いなら、増額する割合も低く抑えることができるので、長めのスパンで勝負しても大丈夫です。

それに対して、2~3倍の合成オッズを追い上げで狙う場合は、賭け金の増加額が大きくなるので、2~3回までの追い上げにしておかないと、賭け金が危険な領域まで膨れ上がってしまいます。



▼目安としては、「合成オッズ3倍で、3回まで追い上げ」という感じが基本ラインになるかと思います。

追い上げと言うと、「当たるまで増額する!」と思っている人が多いですが、これは絶対にやめたほうがいいです。

馬券というのは、簡単に長期連敗するものであり、5回も10回も追い上げしてしまうと、本当に賭け金が大きくなりすぎてしまうわけです。

なので、追い上げで勝負する場合は、最初に必ず試行回数を決めておくことをおすすめします。


競馬の年間収支をプラスにするサイトを公開

▼競馬ファンの最終目標である「年間プラス収支」

これを達成するためには、馬券知識を身につけるしかない。

私が、年間プラス収支を達成できたのは、

やっぱり⇒『このユニークなサイト』で学んだからです。




追い上げで勝つ方法

▼馬券の倍賭けについての考察を続けます。

では次に、「最初に決めた回数を超えて連敗したら、必ずそこで損切りする

ということについて考えてみましょう。



▼追い上げでは、最初に何回まで増額するかを決めておくことが重要です。

そして、それと同時に、その決めた回数まで連敗したら、そこで損切りすることが非常に重要になってきます。



▼ギャンブルというものは、引き際を間違えると、大怪我してしまいます。

追い上げというのは、特に精神的に熱くなりやすいので、損切りラインをしっかりと決めておかないと、大損害を被る可能性があります。



▼「合成オッズ4倍で、4回まで増額する」と決めたら、4連敗した時点で、そのサイクルは一旦終了。

また賭け金を元に戻して、最初からやり直します。

この場合、4回外した分の損失は取り戻せません。

でも、それはあきらめて損切りするわけです。



▼「ここでやめたら、今まで増額した分がすべて無駄になる!」と思ってしまうでしょう。

ほとんどの人は、そのような心理状態になると思います。

でも、そこでやめないと、本当に大変なことになってしまいます。



▼倍賭けの賭け金というのは、あっという間に膨れ上がってしまうわけです。

例えばこのように↓


1,000円
2,000円
4,000円
8,000円
1万6,000円
3万2,000円
6万4,000円



はい。
最初は、1,000円で楽しく遊んでいたのに、7回目には、6万4,000円という狂気の金額に膨れ上がっています。



▼そして、この6万4,000円で的中したとしても、利益はたったの1,000円にしかならないわけです。

もし6万4,000円を外してしまったら、損失は10万円を超えてしまいます。



▼これが、「追い上げは3回まで」と決めておいたなら、最初の3回分の7,000円で済むわけです。

7,000円を取り戻すのには、またしばらく時間がかかりますが、熱くなって増額を繰り返すよりは、はるかに傷は浅く済むわけです。

なので、追い上げで勝負する場合は、決めた回数で必ず損切りすることを徹底してください。

このルールを破ってしまうと、馬券市場から撤退しなければならなくなります。



▼▼追い上げをする競馬ファンの多くは、最初に決めた損切りラインではなく、途中でお金がなくなって諦めます。

「追い上げなら、確実に損失を取り戻せる!これは最強の馬券攻略法だ!」と思って、意気揚々と参戦する。

しかし、先ほど私が書いたような、賭け金の増加を計算に入れていないので、途中で怖じ気づいてしまうわけです。



▼ただこの場合、怖じ気づいた方が良いとも言えます。

怖いもの知らずの競馬ファンは、それが最強の競馬攻略法だと「錯覚」すると、借金をしてでも馬券を購入しようとします。

これが最悪のケース。

これを読んでいるあなたは、借金をして馬券を購入することだけは避けなければなりません。



▼話が大げさだと思いますか?

でもこれは、誰にでも起こり得ることなんです。

特に、本日のテーマである、追い上げ。

追い上げは、本当に人の精神を蝕みます。

実際にやってみればわかりますが、心にかかる負担というものが、桁はずれなわけです。



▼そして、上述した通り、「ここまで増額して来たのに、ここでやめたら全てが水の泡だ!」と思ってしまう。

これは、サンクコスト(埋没原価)と呼ばれる心理状態です。

「ここまでやり続けたんだから、もう後には引けない!」
「借金してでもお金をかき集めて、追い上げ・増額を続けなければならない!」

その結果、手を出してはいけないお金に手を出したり、借りてはいけないところからお金を借りてしまったりするわけです。



競馬はギャンブルなので、あらかじめリスクマネジメントをしっかりしておかないと、人生が破滅します。

「自分だけは大丈夫だ!自分はそんなにバカじゃない!」と、みんな思っているわけです。

でも、追い詰められると、人は正常な判断力を失ってしまう。

追い上げは、人の精神を追い詰めます。



▼だからこそ私は、追い上げするなら、最初にルールをきっちり決めておかなければならないと言っているわけです。

なんとなく必勝法に近そうだから追い上げする。これは絶対にやめたほうがいいです。

少しずつ精神が崩壊していきますよ。



▼ここまで、恐怖心を煽ることばかり書いてきましたが、ルールをしっかり決めておけば、追い上げでもリスクを下げて楽しむことができます。

私はほとんど追い上げは使いませんが、昔は「追い上げ・倍賭け・増額法」で利益を出していた時期もあります。

その時期は、本日私が書いてきたようなルールを、自分でもしっかり守って、淡々と進めていました。

ルールさえ守れば、追い上げは有効な馬券戦略だと思いますよ。

競馬で年間プラス収支を達成するために

競馬で勝ちたい人は、必ず見ておくべき。
 ↓↓
この馬券学校。